低身長症の治療を受けるにあたって

ここでは「低身長症の治療を受ける」にあたって、実際どのような流れで治療が受けられるのかについて、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

mri.png
「低身長症の治療を受けるにあたって」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村

身長の伸びに悪影響を与える猫背について

ここでは身長の伸びに悪影響を与える「猫背」について簡単にまとめています。


猫背になると身長の伸びに悪影響を及ぼす事がある

お腹にある筋肉(腹直筋、腹斜筋など)や背中にある筋肉(広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋など)が衰えると、正しい姿勢を長時間維持する事ができなくなります。「猫背」とはそれが原因で、常に筋肉にとって楽な「背中が丸める」という姿勢が癖になってしまった状態の事を言います。

実は背骨を横から見ると元々「S字」のような形をしており、体重を分散する事ができるような構造になっています。背中やお腹の筋肉はその動きを制御する役割があるのです。つまり猫背になると体重を分散する機能が損なわれ、体重を上手く分散させる事ができなくなるのです。そうして体に伝わる衝撃が「体の一部分」に偏るようになり、腰、膝、足首、肩、股関節など様々な部位にストレスが集中します。その中でも腰痛や肩コリは多くの日本人が悩まされる持病としてよく知られています。これらが長引くとせっかく続けてきた運動習慣も休まざるを得なくなり、食習慣や睡眠習慣、更にはストレス状態にも悪影響を及ぼす事があります。それが成長期に起これば身長の伸びが悪くなるのは当然です。


猫背を改善するには長期間の計画が必要

その猫背を改善するためには背骨を支えている「背中とお腹の筋肉を鍛える」事が重要です。しかしただ単に筋肉を鍛えるだけでは猫背は治りませんし、そもそも簡単に治ったら苦労しません。何故このような事を言うのかというと、長期間猫背になっている人では、背中の筋肉が常に伸ばされた状態になっており、既に「筋肉の収縮がスムーズにできない状態」だからです。その状態で無理に筋肉を動かして鍛えようとしても、効率良く鍛えられないどころか、余計な怪我を招くだけです。

簡単に流れを説明すると、アイシング→冷却と温熱の反復→患部マッサージ+患部から遠い筋肉のトレーニング→患部のストレッチ+効率の良い体の使い方を覚える(それぞれの筋肉を連動させる)→チューブや軽いダンベルなどを用いた低負荷のトレーニング+患部に直接体重をかけない全身の有酸素運動→自分の体重を使った中程度の負荷のトレーニング→自分の体重を直接かけるようなトレーニング→高負荷のトレーニング・・・というようにケアをしながら段階的に負荷を増やしていく事が重要です。尚、この記事の続きはこちらからどうぞ→肩・肩甲骨周りのストレッチについて


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村

当ブログ全記事一覧

当ブログの全記事を一覧にしてまとめたものです。当ブログ内の全ての記事へのリンクが羅列されており、時間を取られる事なく、すぐにお求めの情報に辿り着く事ができます。左にある「検索」や「カテゴリ」などでは情報が探しにくいという方は下記「続きを読む」よりご利用下さい。

「当ブログ全記事一覧」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村

ノルアドレナリン・アドレナリン・コルチゾール・グルカゴン

この記事では特にストレスに関係するとされる「ノルアドレナリン」や「アドレナリン」というホルモンについて説明しています。尚、詳細については別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「豆知識集24」ドーパミンとノルアドレナリン』や『「豆知識集26」食事に関わる様々なホルモン』でもまとめているのでそちらをご覧下さい。また当ブログ内ではこちらの記事も合わせてご覧下さい→メラトニンというホルモンについてセロトニンというホルモンについて

ノルアドレナリンの役割

ノルアドレナリンはストレスと深く関わるホルモンです。人間はストレスを感じると、それに対して様々な「身を護るための反応」が起こります。その内の一つが「ノルアドレナリンを分泌させる事」です。ノルアドレナリンが分泌されると脳内の神経伝達がスムーズになり、咄嗟の判断力や集中力、五感などを研ぎ澄ます事ができると言われています。それによって対面したストレスに抗おうとする訳です。

そのためノルアドレナリンが過剰に分泌されると、緊張、不安、恐怖、怒りなどといった負の感情が強く現れるようになります。逆に分泌量が減ってしまうとそれらが現れず、無感情・無関心になると言われています。ちなみにノルアドレナリンは後述するアドレナリンを分泌させる作用もあり、心だけでなく体も活性化させる作用があります。


ノルアドレナリンの分泌をコントロールするには

ノルアドレナリンはドーパミン(別記事参照→ドーパミンについて)によって分泌が促され、セロトニンによって抑制されていると言われています。何故ストレスに関係するノルアドレナリンの分泌に、幸福感をもたらすドーパミンが必要なのかというと、単純にストレスを処理する最も効果的な方法が「幸福感を得る事」だからです。自分にとって「都合の良い事」と「都合の悪い事」は常に表裏一体であり、適度なストレスがあるからこそ幸せがあり、幸せがあるからこそ時にはストレスも必要なのです。ノルアドレナリンの分泌にはそのバランスが重要になります。

尚、セロトニンは昼間に分泌され、単純に心身の活性化や他のホルモンをコントロールする事による精神安定剤のような役割があります。またセロトニンは睡眠中に分泌されるメラトニンの材料になり、間接的に睡眠の質を高めてくれます。つまりノルアドレナリンのコントロールには、昼間の活動と夜の休息というメリハリのある規則的な生活習慣が必要になります。またストレスがあるような環境では、そのストレスの大きさを小さくする、あるいは頻度を減らすような努力も必要です。ストレスには外から与えられるものと、内側から自分で作ってしまうものがありますが、時には耐えるだけではなく逃げたり避けたり、または何か解消できる行動を取ったり、あるいは捉え方・考え方を変える事でもストレス状態が改善される場合があります。


アドレナリン(エピネフリン)の役割

アドレナリン(別名エピネフリン)は心身の興奮を司るホルモンで、実はこれもストレスを受ける事で分泌されます。このアドレナリンが分泌されると、例えば心拍数・血圧・体温が上がるなどの反応が起こると言われています。それによって身体機能を高め、ストレスに抗おうとしている訳です。尚、ノルアドレナリンはどちらかと言うと「冷静さ」を高め、脳内でストレスに対峙しようとするのに対し、アドレナリンは「闘争心」を高める事によって体でストレスに対峙しようとします。


アドレナリンのコントロール

アドレナリンの分泌量が増えすぎると、自分では抑える事ができないほど興奮状態になってしまう事もあります。あまりに興奮し過ぎると、例えば頭が真っ白になって何も考えられなくなったり、手の震えが止まらなくなったり、また心拍数・血圧・呼吸の急激な変化から心臓あるいは脳の血管への負担も増える事になり、人によっては脳卒中や心筋梗塞など命に関わるような症状に襲われる事もあります。

かと言って分泌量が減りすぎると今度はストレスに対して無反応・無関心になってしまい、いざという時に自分の身を守れない、あるいは大切な人を守れないという事が起こり得ます。またアドレナリンは単純に闘争心の源なので、自分を成長させる機会や意識が低下し、結果として記憶力や思考力の衰えの他、筋肉の衰えなどにも繋がる事があります。よってこのアドレナリンも適度な分泌が必要になるでしょう。

前述のようにアドレナリンはノルアドレナリンの刺激によって分泌されます。またセロトニンによる影響も受けており、セロトニンによって全体的なホルモンバランスが整えられると、アドレナリンの分泌も落ち着き、精神が安定化します。よってアドレナリンの分泌をコントロールするには、やはりストレスを適度に得られるような環境と、活動と休息というメリハリのある規則的な生活習慣が必要になります。


ストレスが身長の伸びに悪影響を及ぼす理由

過剰なストレスを感じると、アドレナリンと共に「コルチゾール」というホルモンも分泌されます。このコルチゾールは炭水化物、脂肪、タンパクの代謝をコントロールしたり、炎症反応を抑える働きなどがあり、それによってストレスによる心身の過剰な反応を抑える役割があると言われています。ただしこれが分泌されると成長ホルモンの分泌は抑制され、逆に性ホルモンの分泌は促されます。すなわち過剰なストレスは身長の伸びに悪影響を及ぼすという事です。この他、コルチゾールの過剰分泌では脳にある海馬の萎縮が起こると言われています。

ちなみにコルチゾールの刺激によっては「グルカゴン」という別のホルモンが分泌されます。このグルカゴンは主に血糖値を上げる作用があり、肝臓内にあるグリコーゲン(糖の一種)や、筋肉などにあるアミノ酸を分解して糖の代わりにエネルギーとして利用しようとします。これを「糖新生」と言います。この糖新生は本来は「血糖値が下がってエネルギー(糖)が枯渇した状態」の時に起こる緊急的なエネルギーサイクルなのですが、実は大きなストレスがあると糖が枯渇していなくてもそれが起こるようになります。そうして糖新生が起こると単純に血糖値が上がりやすくなるので、糖の多く含まれる食事をした際に血糖値の上下動が激しくなります。また食べているのに体が痩せ細っていくため、それがきっかけになる事で食事量を増やす→肥満にも繋がる事があります。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村