筋トレをし過ぎると身長は伸びなくなる?

筋力トレーニング(以下筋トレ)を行うと筋肉の繊維が僅かに傷つきますが、それが治る際には筋トレをする以前よりも上回るようにして修復・再生が行われます。それによって筋トレをすればするほど筋肉は太くなり、筋力を増やす事ができるのです。そして実はこの「筋肉の修復・再生」を行う際には成長ホルモンが分泌されています。

ですので本来、筋トレを行う事によっては成長ホルモンの分泌が促され、身長の伸びにも良い影響を与えるはずです。しかし世間的には「筋トレをすると身長の伸びが悪くなる」というイメージがあり、ここに矛盾が生じています。この記事では実際はどうなのか?について私なりに考えてみようと思います。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

筋肉4.jpg
「筋トレをし過ぎると身長は伸びなくなる?」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村

適度な運動を行って身長を伸ばそう

成長期の子どもの骨には「骨端線」と呼ばれる軟骨組織があります。その骨端線へ刺激が与えられた時、骨端線付近に存在する骨を作る細胞が活発に働きます。それによって新しい骨を作る事を促し、身長を効率良く伸ばす事ができるのです。ですので身長を伸ばすためには運動を行って骨へ刺激を与える事が重要になります。

ただしその骨への刺激は骨にとって常に「適度な刺激」である必要があります。この記事では何故「適度な刺激」でなければならないのか?について私なりに説明しています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

骨3.jpg
「適度な運動を行って身長を伸ばそう」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村