ヨーグルトやチーズを食べると身長が伸びる?

乳製品には全体として蛋白質、脂肪、カルシウムなどが豊富に含まれており、身長を伸ばすために必要な栄養素を補給する事ができます。ここではそんなヨーグルトやチーズの特徴について簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



ヨーグルトに含まれる乳酸菌について考える

publicdomainq-0020142.jpg

ヨーグルトは、牛乳など動物の乳を発酵させて作る乳製品の一つです。尚、ヨーグルトと聞くと、日本でよく目にするのは牛乳を原料にしたものが多いのですが、例えばヤギ、ラクダ、水牛など他の動物の乳を原料にして作る場合もあります。まぁ牛乳由来以外のヨーグルトを食べる機会はあまりないので、気にする必要はないかもしれませんが、元の成分によって栄養価は大きく異なる事があります。


そんなヨーグルトはそのように作る時に発酵させるため、様々な菌が増殖します。中でもヨーグルトには「乳酸菌」という菌が豊富に含まれています。特にこの乳酸菌には腸内環境を改善する作用があるとされており、俗に「便通に良い」などとして、一般的にも広く認知されています。日本人なら毎日食べる事を習慣にしている人も多い事でしょう。

ただし、一般的な乳酸菌は胃液や胆汁酸などによって分解され、殆どが失活してしまうと言われています。一説によれば失活した菌が腸内細菌のバランスを整える作用をもたらすなどと言われており、全く意味がないという訳ではないのですが、そもそも腸内で食物繊維などを分解する際に乳酸菌は増やす事ができ、ヨーグルトを食べる事で腸内に供給される量よりも、そうして腸内で増える量の方が多いのです。安価なヨーグルトでも毎日食べていれば出費は大きくなります。それを食べる必要があるのかどうか今一度考えましょう。「ヨーグルトだから効果がある」とは限りません。

一方、ビフィズス菌(ビフィズス菌も乳酸菌の一種)など、ヨーグルトに含まれる菌の中には、胃液や胆汁酸などで失活しにくい種類もあるとされています。そのような菌ならば、実際に腸まで届いて定着させる事もでき、腸内細菌の供給源になると言われています。特に乳酸菌は腸内を弱酸性にし、これによって他の有害な菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを整える役割があると言われています。これにより免疫機能においても一定の効果が得られると思われるため、「生きた状態で届く乳酸菌を含むヨーグルト」を選ぶ事が重要になるでしょう。

ちなみに乳酸菌には様々な種類があり、〇〇乳酸菌、乳酸菌〇〇株、ビフィズス菌〇〇、ガセリ菌、クレモリス菌、ラブレ菌、ロイテリ菌など、商品によって含まれる菌の種類は大きく異なります。菌の種類によって謳われている効果は微妙に違うのですが、「腸内まで届く」とすれば、基本的にはどの乳酸菌も腸内環境の改善作用が得られるものと思われます。



ヨーグルトの基本的な栄養価について考える

前述のようにヨーグルトは乳酸菌による様々なメリットが得られます。一方、糖・蛋白質・脂肪・ビタミン・ミネラルという基本的な栄養価については、他の食品と比べてもあまり高くはありません。

まずビタミンとミネラルが大きく欠けています。乳由来なのでカルシウムは豊富なのですが、それ以外の栄養素は含有量が少ないか、全く含まれていないものが多く、その点には十分な注意が必要だと思います。身長を伸ばそうとすると、どうしてもカルシウムに固執してしまいますが、それだけでは身長は伸びません。

一方、脂肪や蛋白質の量については商品によります。中には高蛋白を謳い、100g当たり10g以上の蛋白質が含まれているヨーグルトがあります。また低脂肪あるいは無脂肪を謳い、脂肪の量を極力抑えたヨーグルトもあります。脂肪に関してはエネルギー源として重要である上、脂肪が豊富に含まれるヨーグルトは舌触りが滑らかになります。まぁその辺は好みで選んでも良いでしょう。

ちなみに牛乳には乳糖という特有の糖が豊富に含まれています。特に乳糖はそれを分解するための酵素の能力差が大きく、人によっては分解が上手くできず、消化不良を起こす事があります。いわゆる「乳糖不耐症」です。一方、ヨーグルトは乳酸菌によってその乳糖が分解されているため、その心配はありません。そのため牛乳を飲んでお腹が緩くなるという人でも気にせず食べる事ができる事が多いです(乳糖が全く含まれていない訳ではないので人による)。



チーズの栄養価について考える

publicdomainq-0035524.jpg

ヨーグルト以外の乳製品の中では「チーズ」も有名です。チーズも牛乳など動物の乳を発酵させて作る乳製品の一つですが、製造過程で水分と固形物とを分離するため、ヨーグルトとは違って水分量が少なくなります。工程としては、乳酸菌で発酵→レンネットやレモン等の酵素・酸を加える→固形物が沈殿、水分と分離→固形物を熟成・・・といった感じです。特に分離の仕方や固形物(カード)の熟成の仕方によって、様々な種類のチーズができます。


チーズはそのように水分量が少ないため、実は牛乳よりも効率的にカルシウムや蛋白質を摂取できます。またそのように水分量が少ない事で、牛乳よりも胃に溜まりにくく、胃の容量を取られません。そのため他の食品の量を減らす事なく、手軽に量を食べる事ができます。牛乳をガブ飲みするなら、チーズを食べた方が良いでしょう。この他、チーズは蛋白質の代謝を補助するビタミンB12も豊富に含まれており、その補給も可能です。

ただしチーズのような乳製品は全体として「脂肪が多い」という特徴があります。またチーズは製造工程で塩を使用するため、チーズには塩分も豊富に含まれている事も多いです。そのためチーズだけで蛋白質やカルシウムを補おうとすると、塩分や脂肪の過剰摂取に繋がる可能性もあります。自分の消費量に合った摂取量を見極めましょう。

一方、運動量の多い人や基礎代謝の良い人では、逆に脂肪はメリットに働く事もあります。特に身長を伸ばすためには、エネルギーが十分に存在する状態を維持する事が重要であり、摂取エネルギーの不足は避けなければなりません。その意味で、チーズは「エネルギー調節をするための食品」として実は有用なものです。。

ちなみに低脂肪のチーズを食べたいのであれば「カッテージチーズ」になりますが、カッテージチーズは他のチーズと比べるとあまり栄養価は高くありません。特にチーズの中でも栄養価が高いのは脂肪が豊富に含まれる「パルミジャーノ・レッジャーノ」です(パルメザンチーズとは別物)。その他、「ゴーダチーズ(Amazon商品リンク)」、「エダムチーズ(Amazon商品リンク)」も栄養価が高く、カルシウムやビタミンB12の補給にオススメです。



乳製品などオススメ商品について

下記ではオススメの商品を紹介しています。参考までに。

ザバス ミルクプロテイン


これはプロテインで有名な「ザバス」の牛乳です。「プロテイン」という名の通り、一般的な牛乳よりも蛋白質が豊富に含まれています。ただしかなり甘みが強く、含まれている糖の量が多いです。個人的には牛乳で薄めた飲みやすいかも・・・ただそこまでするなら普通にプロテインを飲んだ方が良いと思います。
オイコス ギリシャヨーグルト


これは低脂肪・高蛋白で安価なヨーグルトです。ヨーグルトは乳糖の量が少ないので、牛乳が苦手な人でも食べる事ができるでしょう。
バルクスポーツ ホエイプロテイン アイソプロ


これは蛋白質を補給する事ができるホエイプロテインです。特にこのプロテインは「WPI(ホエイプロテインアイソレート)」という不純物を取り除く方法で精製されており、乳糖が殆ど含まれておらず、牛乳を飲んでお腹が緩くなるという人でも飲む事ができます。尚、蛋白質以外の栄養素及び糖が殆ど含まれていないため、別途補給する必要があります。
ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛


これはカルシウム、マグネシウム、亜鉛をまとめて摂取する事ができるサプリメントです。特にマグネシウムや亜鉛は乳製品には殆ど含まれていないので、このようなサプリメントを利用して補給すると良いでしょう。摂取方法としては毎食時に1粒ずつ摂取すると良いと思われます。尚、マグネシウムは元々の吸収率が悪いため、食品からも定期的に摂取、またカルシウムに関してもこれだけでは足りないので、やはり食品からも意識的に摂取しましょう。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

【関連する記事】
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

★オススメの商品一覧★

※ランダムに表示されています。