組み合わせると相乗効果をもたらす食品・栄養素等

この記事では組み合わせる事で、その効果や吸収率が高まるとされている食品や栄養素を簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

※尚、それぞれの栄養素に関する効果等については「健康に良いとされるマイナーな栄養素」「オススメのプロテイン&サプリメント」を御覧下さい。


●納豆等の大豆製品+唐辛子

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンにはホルモン分泌を促す作用があるとされているが、それと唐辛子に含まれるカプサイシンを組み合わせる事で、成長ホルモンの分泌量が増えると言われている。尚、成長ホルモンを更に増やすには亜鉛を含む食品・サプリメント、アルギニン系のサプリメントを別で補給するとより良い。もちろん最も成長ホルモンの分泌を促すのは規則正しい生活である。


●パイナップル+コラーゲンパウダー

コラーゲンはそのまま摂ってもアミノ酸の分解されてしまうが、パイナップルジュース(その他パパイヤやイジチクでも可)にコラーゲンパウダー等を溶かして少し時間を置くと、コラーゲンの分子がバラバラになり、その吸収率が高まるとされている。特に重要となるのがグリシンやプロリンなどのアミノ酸である。尚、アルギニン系のサプリメント、BCAA系のサプリメント、グルタミン系のサプリメント、HMB(必須アミノ酸のロイシンの代謝物)系のサプリメント、ビタミンCを含む食品・サプリメントを別で補給する事で、更にコラーゲン合成が促進される可能性がある。


●お酢+ミネラル類

体に良いとして有名なお酢だが、お酢に含まれる酢酸にはミネラルを水溶性にし、吸収率を高める作用があると言われている。尚、酢酸自体は腸内でも作る事ができる。体を柔らかくする効果はない。


●MBP(乳塩基性タンパク質)+ミネラル+アミノ酸

MBPは乳製品に含まれる蛋白質の内、極僅かにしか含まれていないが、骨芽細胞の働きを活性化、また破骨細胞の働きを上手く調節し、骨の形成を促すとされている。それと骨を作るに必要なミネラルやアミノ酸を一緒に摂る事で、骨を作る機能が効率化されるかもしれない。


●糖+アミノ酸

血糖値が上がるとインスリンが分泌されるが、細胞内へ糖を取り込む事によって血糖値を下げようとする。その際、実は糖と一緒にアミノ酸も一緒に取り込んでいるため、アミノ酸を効率良く吸収させるためには糖が必要である。別の言い方をするとある程度血糖値を上げた方がインスリンを分泌させる事ができるため、例えば激しい運動後の栄養補給においては血糖値の上がりやすい糖(ブドウ糖等の吸収の速い糖)とアミノ酸を一緒に摂る事が効果的である。一方、身長を伸ばすという点においては蛋白質が特に重要だが、それと一緒に炭水化物(米、麺、パン等)を摂る事で吸収率を高める事ができる。


●CPP(カゼインホスホペプチド)+ミネラル

カルシウムはリンと結び付きが強く、リンを摂り過ぎるとその吸収が阻害されてしまう。しかし乳製品由来のカゼインから抽出されるCPPはそのカルシウムとリンの結びつきを弱め、カルシウムの吸収を促す効果があると言われている。リンは加工食品及び食品添加物に多く含まれており、現代人は知らない内に摂りすぎている事が多い。


●ビタミンA+ビタミンC+ビタミンE+セレン

これらは全て抗酸化に関わる栄養素だが、3つ一緒に摂る事でお互いの抗酸化能力を安定化させる事ができると言われている。身長を伸ばすという点においては関係ないと思われがちだが、身長を伸ばすためには古く傷ついた細胞(紫外線や運動による細胞へのストレス、内面へのストレス等)が速やかに除去される必要があり、そのため抗酸化作用は重要である。


●カルシウム+マグネシウム

当ブログでは何度も言っているが、カルシウムだけでは骨を作る事はできない。カルシウムとマグネシウムは2:1ぐらいの割合になるように摂る事で吸収率が高まると言われている。よってカルシウムを必要とすればするほどマグネシウムの必要量も増える事になる。


●非ヘム鉄+ビタミンC

鉄分には動物性の食品に含まれるヘム鉄と植物性の食品に含まれる非ヘム鉄がある。体内ではヘム鉄の方を優先的に使うため、植物性の食品に含まれる非ヘム鉄はそのままでは吸収率が悪い。しかしビタミンCと一緒に摂る事で吸収率を高める事ができる。全身の細胞に酸素を送るため鉄分は身長を伸ばすためにも重要となる。


●カルシウム+ビタミンD+ビタミンK

これはよく知られているが、ビタミンDやビタミンKにはカルシウムの吸収を促す効果がある。尚、ビタミンDは太陽光を浴びる事で、ビタミンKは腸内で、どちらも体内で作る事ができる。よって日常的に外へ出て太陽の光を浴び、また睡眠や運動をし腸内環境を整える事が重要である。それが身長の伸びにも良い影響を与える。


●鉄+銅+ビタミンB12+葉酸

いずれも赤血球及びヘモグロビンを作るために必要である。身長を伸ばすためには全身の細胞へ血液を送る必要がある。


●糖+クエン酸+ビタミンB1

運動を行うと筋肉内にある糖が消費されるが、クエン酸やビタミンB1はその糖の回復を早める効果があり、一緒に摂る事で疲労を素早く回復させる事ができる。尚、運動直後においては吸収の速い糖(ブドウ糖)を一緒に摂るのが良い。


●脂溶性ビタミン+必須脂肪酸等の脂肪

脂溶性ビタミンであるビタミンA(レチノール)、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKは脂肪と一緒に摂る事でその吸収率を高める事ができる。ただし体に蓄積しやすいため過剰摂取には十分な注意が必要。


●ω-3脂肪酸+ω-6脂肪酸

特に現代人はω-3脂肪酸(青魚、アマニ・エゴマ油等)が不足傾向にあり、逆にω-6脂肪酸(動物性の食品全般、調味料・調味油等を使った料理全般)は摂り過ぎていると言われている。どちらも必須脂肪酸であり、そのバランスが崩れる事で脂肪の代謝は悪化する。


●カプサイシンorカルニチンorビタミンB2+必須脂肪酸等の脂肪

蛋白質を豊富に含む動物性の食品には脂肪が多く含まれる食品も多いが、これらを一緒に摂る事ができれば脂肪の代謝が正常に行われるようになるかもしれない。それにより有酸素運動による脂肪燃焼効果の向上も期待できる。ただし体温上昇により発汗する場合には水分・ミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム等)の補給がいつも以上に必須である。ちなみにカフェインにも脂肪燃焼効果があるとされているが、一方でカルシウムの吸収を阻害すると言われている。


●食事+睡眠+運動+ストレス管理+その他

どれだけ体に良い栄養素を摂っていてもそれが効率良く使われなければ意味がない。当ブログで紹介している方法の中には「効果があるかもしれないが実際効果があるか分からない」「効果はないかもしれないが今できる事をしたい」というものも多いが、何をするにせよ、より効果を得たいのであれば規則正しい生活を続け、「栄養素が効率良く使われるような体の状態」にしておく事が重要である。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村