体に良いとされているマイナーな栄養素について

ここではカルシウムやビタミンCなどと比べるとよく知られていない栄養素について、それぞれの効果とそれを含む食品を簡単にまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事で解説する栄養素は以下の通りです。
●コンドロイチンとグルコサミン
●グルタミンとクエン酸
●クレアチン
●プラセンタ

食事.png

コンドロイチンとグルコサミンについて

カークランド エキストラストレングス グルコサミン&コンドロイチン
コンドロイチンはカルシウムの代謝に深く関わる栄養素で、特に関節内部にある軟部組織を保護する働きがあります。高齢の方や過去に関節内部を怪我した方に有効とされており、現在では様々な種類のサプリメントが販売されています。身長を伸ばすという点においては成長期の骨にある骨端線が軟骨組織であり、もしかしたら身長の伸びにも影響を与えるかもしれません。特に女性では女性ホルモンが骨におけるカルシウムの含有率に関係しており、それを補給し続ける事は将来的に骨粗鬆症の予防に繋がります。

一方、グルコサミンもコンドロイチンと同じように関節内にある軟骨を構成する成分の一つですが、こちらは関節内部にある軟骨細胞の新陳代謝を促す働きがあります。身長を伸ばすという点においては骨端線は軟骨細胞の集まりですので、やはりこのグルコサミンも身長の伸びに影響を与える・・・かもしれません。何故「かもしれません」という書き方をしているのかというと、口から摂る事で実際に効果があるか分からないからです。しかしながら実際に軟骨には使われている成分なので、効果がある可能性があるのであれば利用するのも手ではあります。だからこそ紹介しているのです。

この内、コンドロイチンは納豆やオクラなど主にネバネバした食品に、グルコサミンは主に甲殻類に含まれています。しかしそれらの食品を利用して「理論上体に効果が出るほどの量」を摂るためには、毎日相当量食べなければならずとても現実的ではありません。基本的に摂る場合にはサプリメントを利用する事になります。ただしサプリメントでもアレルギー症状が出る事があるので注意が必要です。


グルタミンとクエン酸について

●グルタミン

BCAA+G1000 レモネード味 1kg
グルタミンは筋肉内に多く存在するアミノ酸の一種(脳に作用するグルタミン酸とは違うので注意)です。筋肉を動かす事で筋肉の細胞が傷つくとグルタミンが減少し、その場で筋肉すぐに修復・合成が行われます。すなわちグルタミンがあれば運動中からも筋肉の修復を行う事ができ、それによって激しい運動による筋肉の分解を抑える事ができます。そのため激しい運動をする習慣のある人では、余分に体のアミノ酸を使わない(身長を伸ばすための栄養を筋肉に取られすぎないようにする)という意味でも必要となる場合があります。

尚、グルタミンは必須アミノ酸ではないので、必須アミノ酸をバランス良く摂っていれば、その必須アミノ酸から体内で合成する事ができます。必須アミノ酸は動物性の食品に含まれており、それを食べる事で補給する事ができるでしょう。ただし激しい運動習慣がある場合、合成されるまでのラグから吸収が間に合わない事があります。よって激しい運動を行う運動前中後においてはサプリメントで利用する事になります。


●クエン酸

無水クエン酸 1kg
筋肉を動かす際には筋肉内にあるグリコーゲンという物質を使います。このグリコーゲンはいわゆる「糖」の一種であり、激しい運動によってグリコーゲンが消費されるとエネルギーが切れ、筋肉を効率良く動かす事ができなくなります。クエン酸はその筋肉内にあるグリコーゲンを素早く回復させる役割があり、早期のエネルギー回復に効果があります。よって「疲労回復」には糖とクエン酸を一緒に摂ると良いでしょう。また有酸素運動中に意図せず消費された糖を回復させる(有酸素運動では糖は消費されないが、強度を上げていくと糖が消費されて乳酸が作られてしまうため、それによる疲労感から有酸素運動を行う時間が短くなってしまう)事ができ、有酸素運動の効率を上げる事もできます。

尚、クエン酸は柑橘系果物の特に「皮の部分」に多く含まれています。ミカンを食する際に身だけ食べる人もいると思いますが、薄皮や内側の白い部分の方にクエン酸は多く存在しており、丸ごと食べる事をオススメします。ちなみにこのクエン酸と糖の代謝に関わるビタミンB1(豚肉やウナギに多く含まれる)を摂る事で更にその疲労回復の効果を高める事ができます。参考記事→ビタミンB群について


クレアチンについて

バルクスポーツ クレアチン 500g
クレアチンは有機酸の一種(炭素を含む有機化合物の中で酸性を示す)であり、体内で「クレアチンリン酸」の生成を促します。このクレアチンリン酸は筋トレ(無酸素運動)を行う際のエネルギーの合成に使われているため、このクレアチンを摂る事で筋力トレーニングの効果を高める事ができます。ただしクレアチンは水分と結びつきやすいため体重が増加しやすくなります。それに伴って筋肉も大きくなるため筋力も上がりやすくなりますが、摂り過ぎには十分注意しましょう。

尚、これもグルタミンと同じようにアミノ酸を利用して体内で合成(アルギニンやグリシンというアミノ酸から)する事ができるため、動物性の食品を食べていれば基本的に不足する事はありません。よって激しい運動を行う人が利用するサプリメントになります。


プラセンタについて

一方、プラセンタは直訳すると「胎盤」という意味があります。もちろん胎盤とは人間ではなく動物の胎盤の事であり、それから抽出したエキスには必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれていると言われています。よってそれを含んだサプリメントを利用すれば不足しがちな必須アミノ酸を補う事ができ、身長を伸ばすための材料にする事ができるでしょう。

ただし必須アミノ酸自体は肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品などから摂る事ができるため、バランスの良い食習慣をしていれば不足する事はありません。むしろそちらを食べた方が必須アミノ酸以外の栄養素も摂る事ができるため、それをわざわざプラセンタに頼る必要はありません。プラセンタは「美容に効果がある」「女性ホルモンが云々」としてよく話題になりますが、過度な期待は禁物です。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村