無酸素運動と有酸素運動・・・どっちが身長を伸ばす?(別ブログリンク)

運動は主に「無酸素運動」と「有酸素運動」の2つの種類に分ける事ができます。この記事ではそれぞれの持つ作用について考えます。


無酸素運動を行えば身長が伸びる?

まず無酸素運動は文字通り酸素を使わずに行う運動の事で、糖などをエネルギーとし、短時間の内に大きな筋力を発揮できます。一方、持続力はなく、すぐにエネルギーが切れて疲れてしまいます。秒数にするとだいたい40秒程度です。尚、無酸素運動の際に使う糖は普段から筋肉内にグリコーゲンの形にして蓄えておく事ができます。しかしそのように短時間で爆発的に消費されます。特に完全に近い形で消費されると、再び貯蔵するまでに2〜3日かかるとも言われています。

無酸素運動の代表例は何と言っても「筋トレ」です。筋肉に大きなストレスをかけると、そのストレスから身を守ろうとするため、ストレスをかける以前よりも筋肉が肥大化、それに伴って筋力も大きくなります。それが筋トレのメカニズムです。そして筋肉を肥大化させる際には、大量の成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンの分泌は身長を伸ばすために非常に重要なものであり、筋トレはそれを促す事ができます。

尚、成長ホルモンが分泌されるのは、特定の筋肉に大きなストレスをかけるような筋トレだけに限りません。特に無酸素運動を行って糖を消費すると乳酸が作られます。実は成長ホルモンの分泌を促すためには、この乳酸を作る事が重要だと言われています。よって例えば全力で走る→短時間休むを繰り返す「インターバルトレーニング」のような、全身に乳酸を貯める事ができるような運動が非常に効果的です。

ただしそのようなハードなトレーニングは非常に消耗が激しく、例え睡眠習慣など休息が上手くできていても毎日はできません。またそのような運動ではエネルギーを大量に消費します。そのためいわゆる「省エネ状態」にならぬよう、摂取エネルギーの確保も非常に重要になります。単に激しい運動を行うだけだと心身の健康に逆効果になります。その点は注意しましょう。


有酸素運動は身長の伸びにどう影響する?

有酸素運動は逆に酸素を使いながら行う運動の事で、脂肪などを少しずつエネルギーにしながら、長い時間、運動を続ける事ができます。特に筋肉は収縮させる事で熱を作り出す事ができ、周囲の血液を温め、それを全身へ循環させる事ができます。もちろんそれは無酸素運動でも同じなのですが、有酸素運動ではそれが長時間行われるため、運動中、全身の体温が上昇し、大量の発汗を伴います。またそれによって血流も良くなり、末梢にある細胞の栄養状態も改善されます。

一方、有酸素運動では大きな筋力は発揮できません。またそのようにエネルギーは少しずつ使われるので、正しい有酸素運動を行う事ができたとしても、最終的に消費されるエネルギーの量もそこまで多くありません。この他、筋トレのように筋肉に大きなストレスをかけないので、筋肉を肥大化させるような作用もありません。また乳酸のできる量も少ないです。このため有酸素運動は無酸素運動と比べると成長ホルモンの分泌を促す作用も低いです。

よって有酸素運動を行う場合、例えば「心臓の機能を高める(強さを高めるのではなく、動かし続けた時、心臓の動きを調整する能力を高める)」「筋持久力を高める(ただし筋トレでも方法によっては筋持久力を高める事も可能)」「体温調節機能を高める(自律神経を刺激する。特に発汗や血圧調節などの機能が改善される)」「余分な水分・ナトリウムを排出する(発汗によるもの。ただし老廃物の排出は微々たるもの。また水分・ミネラルの補給が必須)」「末梢にある細胞の栄養状態を改善する(血液が行き渡るようになるため)」「屋外で行う場合、ビタミンDが合成できる(紫外線を浴びるため。ただし酸化対策は必須)」などを目的にして行う事をオススメします。


尚、この記事ではあくまで要点のみをまとめています。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『有酸素運動と無酸素運動?運動の特性を理解しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング