セロトニンというホルモンについて

ここでは睡眠に深く関わる「セロトニン」というホルモンについて私なりに考えた事を書いています。やや長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、こちらの記事も合わせてご覧下さい→メラトニンというホルモンについて

太陽.png

「セロトニン」は太陽のリズムの影響を強く受ける

「セロトニン」は睡眠に深く関わるホルモンですが、睡眠導入ホルモンと呼ばれているメラトニンとは逆に「覚醒させる(目を覚まさせる)」という役割があります。ですのでセロトニンが分泌されると脳が眠りから覚め、それによって朝もスッキリと起きる事ができます。

セロトニンは太陽光による影響を受けており、朝に太陽が登って明るくなると分泌量が増え、太陽が沈んで暗くなると逆に分泌量が減っていくという特徴があります。セロトニンはその太陽のリズムに従って自動的に分泌されており、起きる時間になると起きるサインを、寝る時間になると寝るサインを自動的に知らせてくれています。例えばいつもの起きる時間になり目覚まし時計が鳴る前に目が覚めるという事がありますが、これはセロトニンがリズム通り正常に分泌されているからです。セロトニンがしっかり分泌されていれば、朝に寝坊して会社や学校に遅刻なんて事も少なくなるでしょう。


生活習慣によってはその分泌リズムを整える事も崩す事も可能

セロトニンの分泌リズムは「自分の生活リズム」にある程度合わせる事ができます。例えば「午前7時に起きて午後10時に寝る」という生活習慣を続けていれば、セロトニンもそのリズムに合わせるように分泌されるようになるという事です。この例で言えばいつも起きる時間の「午前7時」に近づくとセロトニンの分泌が促され、いつも寝る時間の「午後10時」になると逆にセロトニンの分泌が抑えられるという事が起こります。その習慣を継続する事で朝や昼間にセロトニンの分泌がしっかりと行われていれば、いつもの起きるべき時間に自然と目が覚め、昼間の活動すべき時間帯に眠気を感じなくなります。そして夜にかけてセロトニンの分泌がしっかり抑えられていれば、寝るべき時間に「メラトニン」によって自然と眠気を感じ、スムーズに睡眠に入る事ができます。

またセロトニンは分泌量が増えると脳が活動的になり、いわゆる「落ち着き」をもたらします。セロトニンはメラトニン以外にも様々なホルモンに影響を与えており、自らの精神状態を安定化させる事から「幸せホルモン」とも呼ばれています。日常生活を有意義に過ごすためには必要不可欠となるホルモンと言えるでしょう。しかし逆に不規則な生活習慣によってセロトニンの分泌が狂うと、昼間にも関わらずセロトニンの分泌量が減るため、今まで抑えていたメラトニンの効果が強く出るようになり、昼間でも眠気を感じるようになります。脳の活動も全体的に鈍くなるため、やる気や集中力、判断力なども著しく低下します。一方、夜では寝るべき時間にも関わらずセロトニンの分泌量が増え脳が活動的になります。それによって疲れていて寝たい時に限ってなかなか眠る事ができず、深い睡眠も摂れなくなります。


セロトニンとメラトニンの分泌を正常に保つには

セロトニンとメラトニンはお互いに強く影響し合っており、睡眠習慣を整えるためには両者のホルモンが必要不可欠です。セロトニンが正常に分泌されていなければメラトニンも正常に分泌されませんし、メラトニンが正常に分泌されていなければ、例えセロトニンを正常に分泌しても睡眠習慣は大きく崩れてしまうのです。そんなセロトニンとメラトニンの分泌を正常に保つためには、「いつも同じ時間に寝ていつも同じ時間に起きる」という規則性のある睡眠習慣が必要です。それを続ける事によって睡眠習慣のリズムが体に刻み込まれ、そのリズムに従ってセロトニンとメラトニンが自動的に分泌されるようになります。

セロトニンに限っては「昼間の時間帯にどれだけ活動的になれるか」という事も重要であり、全身を動かすような運動をする事でセロトニンの分泌は促されます。逆にメラトニンに関しては「寝る時間へ向けて少しずつ活動を抑える」という事が重要です。夜更かしをしてまでゲームをしたりせず、メラトニンの分泌に逆らわないようにすべきですね。そうして昼と夜のメリハリをつけ、動く時は動き、休む時には休むようにしましょう。それがお互いの分泌量を増やす秘訣です。

ところで、夜ほど活動的になる人の事をいわゆる「夜型」と言いますが、夜型というのはメラトニンやセロトニンが本来持っている大量のリズムに無理やり逆らい、それを続けた事で自分では分からないほど感覚が麻痺してしまっている状態の事を言うと私は考えています。感覚というのは「時間感覚」の事です。メラトニンやセロトニンは自動的に分泌されるホルモンなので、体内時計のような役割も果たしています。ですのでメラトニンやセロトニンの分泌リズムを無理やりにでも崩すと、自覚する事なく睡眠習慣が崩れる事になり、それが夜型なのです。睡眠習慣が崩れれば当然成長ホルモンの分泌量も減る事になり、身長の伸びにも悪影響を与えます。大人では怪我が治りにくくなったり、病気にかかりやすくなったりする事もあります。

またセロトニンやメラトニンの分泌が不安定になると、その分泌量が減るのはもちろんですが、分泌が過度に行われたりするようにもなります。メラトニンやセロトニンがコントロールしている他のホルモン(ドーパミンについてはこちらからノルアドレナリンやアドレナリンについてはこちらから)も影響を受けるので、精神状態が不安定になり、ストレス管理もできなくなります。それが長く続く事は「うつ病」の原因になるとも言われています。


セロトニンの材料は必須アミノ酸のトリプトファン

特にセロトニンは「トリプトファン」という「必須アミノ酸」を材料に作られており、例えばダイエットやアレルギー、好き嫌いなどによる栄養不足はセロトニンの材料を不足させます。ダイエットが身長の伸びに悪影響を及ぼすのは、栄養不足によって身長を伸ばすための栄養が足りなくなる事も原因なのですが、実はそのようにセロトニンを作るための材料が減るという事も一因になります。またメラトニンはそのセロトニンからも作られているため、トリプトファンが減少しセロトニンが不足する事でメラトニンまでもが不足します。その結果、思春期が早くに到来し、身長の伸びが悪くなってしまいます。

●トリプトファン (120粒、1ヶ月分)
国産原料、国内生産のL-トリプトファン (120粒、1ヶ月分)

簡単な流れを書くと、
ダイエット、アレルギー、好き嫌い、ストレスなどによって食習慣が乱れる
→身長を伸ばすための栄養が不足、またセロトニンなど様々なホルモンの材料も不足する
→メラトニンの材料も不足する→睡眠習慣が乱れやすくなる
→精神状態も不安定になり、ストレス管理ができなくなる
→性ホルモンが早くに分泌され、その抑えが利かなくなる
→思春期が早くに到来し、ホルモンバランスも崩れる →身長が急に伸びなくなるのはもちろん心身も不安定になる・・・という形です。

ちなみにセロトニンは腸内にも多く存在しており、腸内におけるセロトニンの量が不安定になると腸の活動も不安定になる(セロトニンが過剰に分泌されると下痢に、分泌量が極端に減ると便秘になる)事があります。これは「食物繊維や発酵食品など胃腸に良いとされるものをただ食べるだけでは便通は改善できない」「トリプトファンの不足は睡眠習慣はもちろん腸内環境も悪化させる」「セロトニンの量を増やす規則的な睡眠習慣は便通の改善にも繋がる」事の理由にもなっています。ただし腸内のセロトニンと脳内のセロトニンは直接は関係しておらず、腸は腸で、脳は脳で個別に働きます。尚、便通改善についてはこちらからもどうぞ:参考記事→便通と身長を伸ばす事の関係について


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村