身長を伸ばす効果があるとされるアルファGPCについて

この記事では身長を伸ばす効果があるとされている「アルファGPC(α-GPC)」について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

食事.png

アルファGPCとは?

アルファGPC(正式名称はL-α-グリセリルホスホリルコリン)は脳や母乳などに存在する物質の一つで、特に脳内においては「アセチルコリン」というホルモンの前駆体になると言われています。このアセチルコリンは自律神経の副交感神経に作用する抑制性の神経伝達物質であり、興奮作用を持つ他の神経伝達物質の働きを沈め、そのバランスを整える役割があると言われています。

また単純に神経伝達に関与し、スムーズな記憶や学習の際に必要な他、特に末梢神経から分泌される事で筋肉を収縮する役割があります。つまりアルファGPCを摂取する事ができれば、それらの機能が改善される可能性があります。特に脳の認知機能を改善する可能性がある事から、最近では脳卒中やアルツハイマー型認知症などによる認知障害への効果が研究されているようです。


アルファGPCの成長ホルモン分泌作用

このアルファGPCは身近な食べ物では「母乳」に多く含まれており、それを飲む子どもの成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われています。つまりこれが「身長が伸びる効果」として期待されている部分です。ただし既に乳離れした子どもが母乳を飲む訳にはいきませんので、より高濃度で摂取するためには後述するレシチンか、アルファGPCだけを抽出したサプリメントが必要になります。

ちなみに実際に成長ホルモンの分泌を促す作用があるかどうかについてですが、私が調べた限りでは一定期間に渡ってアルファGPCを投与すると、確かに「ヒト成長ホルモン(hGH:いわゆる成長ホルモンの事)」の分泌量が増え、また「成長ホルモン放出ホルモン(GHRH:ヒト成長ホルモンの分泌を促す)」を単独に投与するよりも、成長ホルモン放出ホルモンとアルファGPCを併用して投与した方が、ヒト成長ホルモンの分泌量は増えたという試験結果があるようです。過信は禁物ですが、利用しないよりは利用した方が良いでしょう。


アルファGPCを含むレシチンを摂取する

前述のようにアルファGPCは母乳に含まれていますが、それ以外ではレシチンに多く含まれています。レシチンは卵黄や大豆、酵母などに存在するグリセロリン脂質の一種です。このグリセロリン脂質とはグリセリンを中心に脂肪酸とリン酸が結合した「リン脂質」の一種で、自然界に存在するごく一般的に存在する動植物の生体膜(細胞膜)を構成する主要成分です。要はそれを抽出したのがレシチンです。このレシチンには油を水に分散させる乳化作用や、皮膚や粘膜から物質を吸収しやすくする役割があると言われています。また脂肪がエネルギーとして利用されるには蛋白質と結合した「リポ蛋白」となって血液中を移動しますが、この結合にレシチンが必要と言われています。


レシチンの摂取方法

レシチンを利用する場合には毎食時に分けて摂取し、1日多くて5〜10g程度までが良いと思われます。レシチンは粉末タイプのものがあるので、それを食事時に飲み物やヨーグルトなどに溶かして摂取すると良いでしょう。一方、サプリメントの場合、レシチンを摂取するサプリメントと、アルファGPCだけを摂取するサプリメントがあります。レシチンにはホスファチジルセリンやホスファチジルコリンといった成分も含まれており、これには神経伝達をスムーズにしたり、精神を落ち着けてリラックスする作用などがあると言われているので、目的に応じて利用しましょう。ちなみにホスファチジルコリンやホスファチジルセリンだけを抽出したサプリメントもあります。


レシチンの副作用

レシチンの摂取で得られたコリンが高濃度のまま腸内に入った場合、その一部が腸内細菌によって「トリメチルアミン(魚の生臭さの原因物質)」に代謝され、これが過剰に増えると体臭の原因になる事があると言われています。またそのトリメチルアミンが高濃度で存在する場合、その一部が肝臓内で代謝され、それが「アテローム性動脈硬化」の原因となるマクロファージに悪影響を及ぼし、動脈硬化が進行するという研究結果もあるようです。他、稀にアルファGPCの過剰摂取によりアセチルコリンが増えすぎる事があり、神経に対して有害になる事があります(脳内のアセチルコリンが過度に減るとアルツハイマー病等、過度に増えるとパーキンソン病等)。

尚、このアテローム性動脈硬化は「LDLコレステロールが酸化→マクロファージに取り込まれる→血管内に増殖する」事で起こるとされているので、「ω-3脂肪酸とω-6脂肪酸のバランス(ω-3脂肪酸の摂取)」「糖・脂肪・蛋白質の適度な摂取」「糖・脂肪・蛋白質の代謝に関わるビタミン・ミネラルの摂取」「抗酸化物質の摂取」「糖・脂肪・蛋白質を消費する運動習慣」などによって予防が可能です。そもそも血中のコレステロール値には食事以外の様々な要素が関係しており、レシチンを摂取したからと言ってすぐさま動脈硬化になる訳ではありません。これは卵を食べたからと言ってそれがすぐに高コレステロールに繋がる訳ではないのと同じです。過度な心配は不要でしょう。


アルファGPCを含む食品やサプリメントについて

以下はオススメの商品を挙げています。

アルファ ジーピーシー 120カプセル
アルファ ジーピーシー 120カプセル
海外製のサプリメントです。
アルファGPC 300mg 60ベジカプセル
アルファGPC 300mg 60ベジカプセル
海外製のサプリメントです。
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)
豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)
この「レシチン」は大豆製品から抽出されたものです。

参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村