男性ホルモンと女性ホルモンについて

この記事では男性ホルモンと女性ホルモンについて私なりに考えた事を書いています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

この世は非情.png

女性ホルモン(エストロゲン)について

女性ホルモンが分泌されると心身に女性的な特徴が現れ、分泌量が増える事でその効果は強く現れます。例えば全身(特に胸)に脂肪が付きやすくなったり、体毛(髪の毛以外)が薄くなったり、声が高くなったり、肌や髪の毛が綺麗になったりします。いわゆる「女性化」です。またエストロゲンには骨にある「骨端線(参考記事→骨端線について)」を閉鎖する役割があります。骨端線は成長期の子どもの骨にしかない特徴的なものであり、これが閉鎖し消えるという事は早々に身長が伸びなくなるという事を意味しています。男性よりも女性の方が身長の伸びが早くに止まるのはこれがあるからです。

では、思春期にかけて分泌される女性ホルモンの量を減らせば身長は伸びるのか?というとそうではありません。女性ホルモンの分泌は女性が思春期を迎えれば自然に起こる事であり、それを無理やり抑える事は誰にもできません。重要なのは思春期前後において「急激に女性ホルモンが分泌され、ホルモンバランスが崩れるのをどれだけ防ぐ事ができるか」です。つまりできるだけ緩やかに思春期を迎え、緩やかに思春期を終える事が女性にとっては身長を伸ばすための鍵になります。

ちなみに女性ホルモンは女性のみに存在すると思われていますが、実は男性にも存在するホルモンです。「草食系男子」という言葉がありますが、男性でも女性ホルモンが増えれば肌や髪の毛が綺麗になり、女性的な見た目に変化する事があります。逆に男性において女性ホルモンが減り過ぎると髪の毛が薄くなったり、皮脂の過剰分泌によってニキビが増えたりなど悪い事ばかりが起こります。要は男性も「男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランス」が重要だという事です。


女性ホルモンの分泌を整えるために重要なメラトニン

ホルモンバランスを整えるために最も効果的なのは「規則正しい睡眠習慣」です。規則的な睡眠を摂る事ができると「メラトニン(参考記事→メラトニンについて)」というホルモンが分泌されます。このメラトニンには「性成熟を抑制する」という効果があるとされ、これが分泌されているだけで思春期を遅らせる事ができます。それによって思春期前後に起こるホルモンバランスを整え、思春期を緩やかに迎え、かつ緩やかに終える事ができます。前述した通り女性ホルモンには骨端線を閉鎖する役割があるため、元々男性よりも身長の伸びが悪いのです。よってこのメラトニンの分泌を促すための「規則正しい睡眠習慣」は、女性が身長を伸ばす上では非常に重要な要素になります。

尚、思春期前後になって女性ホルモンが分泌されると、その影響によって胸だけでなく全身に脂肪がつきやすくなります。これはごく自然な事なのですが、多くの女性はその見た目の変化に耐えられずにダイエットをしようとしてしまいます。日本人の考える「ダイエット」はそのほとんどが食事制限であるため、栄養不足によってメラトニンの材料(トリプトファンなど)が不足する事があります。ダイエットによりメラトニンの分泌量が減れば睡眠習慣が崩れ、その影響によって思春期が早く到来かつ急激に到来する事となり、結果として身長の伸びは著しく悪くなります。睡眠習慣と食習慣は密接に関わっているのです。


男性ホルモン(テストステロン)について

男性ホルモンが分泌されると心身に男性的な特徴が現れ、分泌量が増える事でその効果は大きく現れます。例えば全身の筋肉が「太くなりやすく(太くなるのではなく筋トレによる効果が出やすいという事)」なったり、性欲を感じたり、体毛(特に髪の毛以外)が濃くなったりします。分泌量が増えると人によっては過剰に皮脂が分泌されてニキビが増えたり、髪の毛が薄くなったりする事もあります。また男性ホルモンには女性ホルモンのように骨端線を閉鎖する役割はありませんが、思春期が終わると骨端線は自動的に閉じるので、どちらにしろ身長の伸びは止まってしまいます。そのため身長を伸ばすためには「思春期に向かう際、急激に男性ホルモンが分泌されないようコントロールする」必要があります。

そのためには前述した通り、規則的な睡眠習慣によってメラトニンというホルモンを分泌させる必要があります。メラトニンによってホルモンバランスをコントロールする事ができれば、思春期において急激に男性ホルモンが分泌されたり、またその分泌が不安定になる事をある程度防ぐ事ができます。よって男性も緩やかに思春期を迎え、緩やかに思春期を終える事ができるようになるため、結果として「身長を伸ばす事のできる期間」を伸ばす事ができるのです。


男性ホルモンは女性にも存在するホルモンである

尚、男性ホルモンは「男性のみに存在する」と思われていますが、もちろん女性にも存在するホルモンです。例えばトップアスリートになると女性でも男性ホルモンが優位に働いて「男性化」する事があり、男性ほどではありませんが筋肉が付きやすくなったり、体毛が濃くなったり、闘争心溢れる性格になる事があります。またそうしてスポーツを本格的に行っていた女性が急に引退すると、今まで男性ホルモンによって抑えられてきた女性ホルモンが大量に分泌される事があります。女性がスポーツを引退した後、急に綺麗になったように見えるのはこれが原因の一つとして考えられます。

特に思春期以前にスポーツを本格的に行っていた人が、思春期を境にスポーツを辞めるとそれが急激に起こる事があり、人によっては例えば胸が急に大きくなったりなど、外見として明らかな変化をする人もいるそうです。しかし逆に言えばこれは「スポーツを本格的に行う事によって男性ホルモンを優位に働かせ、思春期に向かう際の女性ホルモンの急激な分泌を抑える事ができる」という事です。それによって思春期の到来を遅らせる事ができれば、女性も身長を伸ばす事のできる期間を長くする事ができると私は考えています。


思春期を早める「異性への強い関心」について

規則的な睡眠習慣を続ける事によってメラトニンが分泌されていれば、自然と性成熟が抑えられ、思春期を遅らせる事ができます。それによって身長を伸ばす事のできる期間を長くする事ができれば、最終的な身長の結果も良くなる可能性が高くなります。

しかし、いくら規則正しい生活習慣を続けていても、思春期以前から「性に関する興味」が出てしまうと自ら思春期へ向かってしまいます。例えば女性は小学校高学年からいわゆる「大人びる」ように見えますが、これも異性への関心が原因です。女性は同性同士で同調しやすいため、女性が集まると異性に関する会話(恋愛関係や人間関係などの情報交換)を交わしやすくなります。いわゆる「女子会」なんかはまさにその象徴であり、女性は男性と比べると同性同士で性に関する会話をする機会が多いのです。女性同士で「性に関する会話」を通じて情報交換を繰り返す事では、自然に性に関する知識を増やす事ができ、実はそれが「性教育」の役割も果たしています。ですのでそれを一概に悪いと決め付ける事はできないのですが、前述した通り女性は女性ホルモンが骨端線を早々に閉鎖してしまうため、思春期以前から性に関する興味を持つ事で思春期が早まり、更に身長の伸びを悪くしてしまう可能性が実はあります。

一方、男性が性に関する興味を持つのも女性と同じく小学校高学年からです。男性は女性よりも思春期を迎える時期は遅いのですが、性に関する興味を持つ時期は女性とさほど変わりません。しかし一番問題なのは男性のほとんどが性に関する知識を「からかい」から得るという点です。この点に関しては女性とは決定的に異なります。男性は「他人を馬鹿にする」という所から性に関する知識を得るため、偏った知識が身に付き、それが女性よりも性教育を遅らせる主な原因になっています。それによって「自分と他人の容姿で異なる部分」にばかり目が行くようになり、性に関する知識がないまま異性に関する興味ばかりが強くなっていきます。男性ではそれが思春期を早める原因になります。

特に男性は性に関する誤った認識から安易にいわゆる「自慰行為」に走る事が多く、それこそが性の成熟を早める最も大きな原因になっています。「自由に使う事のできる時間がある」人ほど、空いている時間にそういう思考や行動に走りやすいので、それを防ぐためには何か時間を忘れて熱中する事を続ける事が重要になります。親は子どもが何かに集中する事のできる環境を整えてあげましょう。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村