性ホルモン分泌を遅らせるには?男性・女性ホルモンの作用について

男性では男性ホルモンが、女性では女性ホルモンが分泌されるというイメージがあります。しかし男性でも女性ホルモンは分泌されており、また女性でも女性ホルモンは分泌されています。その量は少ないですが、ホルモンバランスを整えるために重要と言われています。この記事ではそんな男性ホルモンと女性ホルモンについて私なりに考えた事を書いています。ご興味のある方は「続きを読む」よりどうぞ。


★女性ホルモンについて

女性ホルモンは大きく2つに分けられます。それが「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」です。卵胞ホルモンはいわゆる「エストロゲン(エストラジオール、エストリオール、エストロンの3種類がある)」の事で、「女性ホルモン」と言う場合には大抵エストロゲンの事を指します。このエストロゲンは主に卵巣や胎盤から分泌されます。役割の全てが明らかになっている訳ではありませんが、知られている役割としては例えば乳房の発達、脂質の代謝管理、カルシウムの代謝管理、心の女性化等が有名です。

一方、黄体ホルモンは別名ジェスタージェンなどとも呼ばれ、主に卵巣の黄体から分泌されます。この黄体ホルモンはプロゲステロン、17-ヒドロキシプロゲステロン、プロゲスチンなどの種類があり、この中で特に重要なのが「プロゲステロン」です。エストロゲンとは異なり思春期以前では殆ど分泌されませんが、プロゲステロンには乳腺の発達や子宮の制御など、特に妊娠・出産をするための準備を促す役割があると言われています。

身長を伸ばすという点で言えば、エストロゲンは思春期を迎える以前からも少しずつ分泌されており、思春期を迎えると一気に分泌量が増えます。するとエストロゲンの作用によって「骨端線(参考記事→骨端線について)」が急速に閉鎖し、通常の硬い骨と一体になってしまうと言われています。これにより女性は男性よりも身長の伸び始まりが早くなり、また伸び終わりも早くなります。では、エストロゲンの分泌量を減らせば女性でも身長が伸びるのか?と思ってしまいますが、女性ではエストロゲンの分泌は自然に起こる事であり、それを抑える事は誰にもできません。過去記事でも説明しましたが、思春期以前からのダイエットなどもっての外です。重要なのは「急激に女性ホルモンが分泌されるなど、ホルモンバランスが崩れる事をどれだけ防ぐ事ができるか」です。できる限り緩やかに思春期を迎え、緩やかに思春期を終える事、それが女性にとっては身長を伸ばすための大きな鍵になります。

ちなみに女性ホルモンは女性のみに存在すると思われがちですが、男性にも存在するホルモンです。男性の思春期では実は女性ホルモンの分泌量もそれなりに増えており、大量に分泌される男性ホルモンに対して抑制的に働き、それをコントロールする役割があります。分泌される量は非常に少ないですが、その役割は非常に重要で、男性で女性ホルモンが異常に減ってしまうと、例えば髪の毛が薄くなったり、皮脂の過剰分泌からニキビが増えたり、あるいは感情を抑える事が難しくなったりなどが起こる事があります。逆に男性で女性ホルモンの分泌量が増えると、いわゆる「草食系男子」のように中性的な心身に変化したり、人によっては女性的な体の変化が起こる事もあります。要は男性も「男性ホルモンと女性ホルモンの分泌バランス」が重要だという事です。


★男性ホルモンについて

男性ホルモンとは「アンドロゲン」の事です。このアンドロゲンにはテストステロン、ジヒドロテストステロン(DHT)、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)、アンドロステロンなどの種類があり、特に「男性ホルモン」と言う場合には大抵「テストステロン」の事を指します。男性の場合は主に精巣から分泌される他、副腎からも僅かに分泌され、特に筋肉や骨を発達させる作用、変声を促す作用、闘争心を促す作用などがあると言われています。一方、女性でも卵巣や副腎から分泌されており、分泌量は非常に少ないですが、女性ホルモンに対して抑制的に働いてホルモンバランスを整える役割があります。尚、男性も女性も性欲や陰毛の発達に関与しているのは男性ホルモンです。

男性の場合、精巣の発達がきっかけとなって男性ホルモンの分泌量が増える事で思春期を迎えると考えられています。また思春期中で最も男性ホルモンの分泌量が活発な時期に身長の伸びもピークになり、それと同時に変声期、すなわち声変わりを迎えます。男性ホルモンには女性ホルモンのように骨端線を閉鎖する役割はありませんが、そうして声変わりを終える頃には骨端線が消え、身長の伸びも止まる事になります。つまり身長を伸ばすためには「思春期に向かう際、急激に男性ホルモンが分泌されないようにコントロールする」という事が重要になります。


★性ホルモンの分泌を遅らせるメラトニン

性ホルモンの急激な分泌が行われない子どもでは、メラトニンというホルモンが性成熟を抑制していると考えられています。このメラトニンは睡眠に関わるホルモンであり、分泌される事で睡眠の質を高める作用があります。またメラトニンは昼間に分泌され活動力の源となるセロトニンから作られます。つまりメラトニンの分泌には規則的な睡眠習慣、更には昼間の活発な身体活動が必要になる訳です。

尚、そのように性ホルモンは思春期以前からも分泌され続けているので、思春期中だけ努力したり、あるいは変声期を迎える直前だけ努力するのではなく、「思春期以前からの生活習慣の積み重ね」が重要になります。そうしてメラトニンによって性ホルモンのバランスをコントロールする事ができれば、思春期を緩やかに迎え、緩やかに終える事ができます。つまり「身長を伸ばす事のできる期間」を伸ばす事ができるのです。これは男性も女性も身長を伸ばすためには必須条件になります。


★女性の思春期を早める原因を考える

そのように規則正しい生活習慣を続ける事によってメラトニンが分泌されていれば、自然と性成熟が抑えられ、思春期を遅らせる事ができます。それによって身長を伸ばす事のできる期間を長くする事ができれば、最終的な身長の結果も良くなる可能性があります。ただしいくら規則正しい生活習慣を続けていても、思春期以前から「性に関する興味」が出てしまうと自ら思春期へ向かってしまいます。

例えば女性は同性同士で同調しやすく、女性が集まると会話(恋愛関係や人間関係などの情報交換)を交わす機会があります。いわゆる「女子会」なんかはまさにその象徴で、女性は男性と比べると、同性同士で会話をする機会が多いと言われています。女性同士の会話で情報交換を繰り返す事では、自然に性に関する知識が増え、実はそれが自然と「性教育」の役割も果たしています。よってそれを一概に悪いと言う事はできませんが、女性では女性ホルモンが骨端線を早々に閉鎖させてしまうため、思春期以前から性に関する興味を持つ事で思春期が早まり、更に身長の伸びを悪くしてしまう可能性があります。

また特に女性の場合、思春期を迎える以前から繰り返すダイエットも、実は思春期を早める原因になります。これには同性同士での情報交換の他、日本人の持つ集団主義が関係していますが、近年ではネットの発達も大きく関係しています。ダイエットに興味を持った場合、その場で調べればすぐに情報が手に入る時代なので、近頃は小さい頃からダイエットを繰り返す女性が増えているそうです。ダイエットの多くは食事制限メインであり、食事制限は睡眠、運動、ストレス状態にも影響します。それらは身長を伸ばす事とは真逆です。

これらを防ぐには、何か時間を忘れて熱中できるものをし、その熱中するもの以外の事に注意を向けさせないようにする事です。学生時代では部活動が挙げられるでしょう。特に運動部で成績を求めて努力をしていればダイエットをする余裕などなくなります。ただし運動量と摂取量、そして活動と休息のバランスが重要なので、それが両立できるような環境が必要です。部活動では逆にそのバランスを崩す原因になる場合もあるので、その環境に関しては巡り合わせ、運も関わります。


★男性の思春期を早める原因を考える

男性が性に関する興味を持つのも、実は女性と同じく小学校高学年からです。男性は女性よりも思春期を迎える時期は遅いのですが、性に関する興味を持つ時期は女性とさほど変わりません。一方、男性のほとんどは性に関する知識を「からかい」から得るので、小学校高学年で例え性に対する関心があっても、それがイコール性ホルモンの分泌を促す事に直結する訳ではありません。これに関しては偶然ですが救いです。

しかし男性はそのように「他人を馬鹿にする」という所から性に関する知識を得るので、偏った知識が身に付きやすく、それが女性よりも性教育を遅らせる原因になっています。それによっては「自分と他人の容姿で異なる部分」にばかり目が行くようになり、いざ思春期を迎えた時、性に関する知識がないまま、異性に関する興味ばかりが強くなっていきます。男性ではそれが思春期を不安定化させる原因になる事があります。

また男性の場合、そのように異性(人によっては同性)に対する性的な興味が強くなると、それに伴って「自慰行為」を行う方法を覚え、それに固執してしまう人が出てきます。これにより思春期を一気に終わらせ、身長の伸びる期間が短くなります。中には小学生でその方法に自分で気づく人もおり、これによって思春期を早くに迎え、早くに終えてしまう可能性もあります。そうなれば骨端線が閉鎖し、早々に身長の伸びが止まります。「身長を伸ばす事のできる期間」は短くなり、最終的な身長の結果は最悪なものになります。少なくとも身長の伸びが止まるまでは避けるべきです。欲望に負けてはいけません。可能ならば親が「その行為はダメだよ」と教えてあげましょう。それを気軽に言い合えるような親子関係が大切です。

特に「自由に使う事のできる時間がある」人ほど、空いている時間にそういう思考や行動に走りやすいです。それを防ぐためには、やはり何か時間を忘れて熱中する事を続ける事が重要になります。監視しろという訳ではありませんが、親は子どもが何かに集中する事のできる環境を整えてあげましょう。環境によって大きく違いますが、やはり運動量と摂取量、そして活動と休息のバランスを整える事ができる環境でスポーツをすべきです。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村