日本人の平均身長を日本の成り立ちから考えてみる

この記事では日本人の平均身長が何故低いのかについて、その理由を日本列島の成り立ちなどから私なりに考えてみたいと思います。かなり長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」からどうぞ。尚、この記事は「世界の人たちは何故体が大きいのか」の続きのような位置づけであり、こちらも合わせて読む事をオススメします。

ふじやま.jpg

日本列島の成り立ちと農業の発展

マンモス.jpg日本人の祖先はまだ日本列島が大きな大陸と陸続きだった頃、マンモスやゾウなど食料となる大きな動物を追ってやってきたそうです。これは現在から2万年以上前と言われています。当時の民族が日本列島に住み着いてしばらくすると日本列島が大陸から離れ、時間をかけて現在のような島の形になったと考えられています。それが現在から1万3千年前の話です。

しかし氷河期が終わりに近づくにつれ、マンモスのような大きな動物が絶滅したりして、環境の変化に適応する事ができなかった様々な種類の動物がその数を減らしていきます。これによって日本列島に住み着いた民族も食料に困るようになり、次第に狩りの対象が小さな動物や魚などへと変わっていきます。それと共により安定した食料を確保するため、少しずつ「農業」が発展していきます。実際に日本では縄文時代の後期から「稲作」が発展し、数の少ない動物に変わって少しずつ「農産物」が主な食料になっていきます。これは現在から6千年ほど前の話です。

また日本列島は大陸から離れて1万年以上も四方八方が海の島国でした。そのため「他国から侵略されにくい」という事が幸いし、長期間他国の文化が入って来ませんでした。もちろん近隣諸国である中国(以前は遣隋使や遣唐使で有名な隋や唐など名称は時代によって異なる)による影響は強く受けているのですが、当時の農業中心の生活習慣と農産物中心の食習慣は第二次世界大戦以降〜ここ数十年前まで続く事になります。


農業の発展により体の大きさに関係なく自給自足ができる

農地.png

大きな動物がたくさんいた時代では、「体が大きくて筋肉がある」など体力的に優秀な遺伝子を持つ人の方が子孫を残しやすかったと考えられます。これは大きな動物を狩るためには単純に体力が必要だったからです。しかし氷河期が進行すると、それよりも「生命力が高い(省エネ体質、危険察知能力が高い、知能が高い、病気に強い等)」ような遺伝子を持つ人の方が生き残る事ができるようになり、いくら体力自慢でも長く生き残る事ができるとは限らなくなっていきました。それによって体の大きさに関係なく「生命力が高い人」の方が生き残り、見た目に関しては多種多様な遺伝子を残す事ができました。しかも当時は現在の人類のように70年や80年という長寿命がない時代だったので、交配のサイクルが非常に速く、その分だけ多種多様な遺伝子が生まれました。そのサイクルは氷河期が終了する現在から1万年前まで続く事になります。

それが氷河期以降ではまた少し変わり、生命力の高さにも関係なく、健康であれば後世へ子孫を残す事ができるようになります。これは前述のように農業が当たり前となった事で、体格に恵まれていない人でも農産物を育てて「自給自足」の生活ができるようになったからです。もちろん長期間農業ができるような丈夫な体は最低限必要でしたが、農業には体の大きさはあまり関係ないため、更に多種多様な遺伝子を残す事ができます。また前述のように長らく島国だった事もあって、海外から優秀な遺伝子が運ばれて来るという事も殆どありませんでした。これらによって日本人は身長の高低差が非常に激しくなったのだと思われます。もっとも後述のように全体としてみれば平均身長は低いですが。

そして日本では度々起こる「争い」によっても遺伝子が選別されています。例えば武士に代表される国内での合戦においては、多くの男性が戦場に駆り出され、その命を燃やしました。名前も知られていなかったような一般兵の中にも、おそらく体格に恵まれていた人がたくさんいたはずで、その優秀な遺伝子の多くが戦によって失われてしまったと考えられます。もちろんこれは海外でも同じなのですが、日本の場合は特に両極端になっており、食物などを育て自給自足の生活ができる農民は、武士などと比べれば格段に命を落とすリスクが低いはずです。すなわち日本人は農作物を育てて慎ましく生活してさえいれば、それだけで命の危険に晒される事が減りますから、それによって「農民の遺伝子(農業をするのに体の大きさは関係ないが、食習慣や運動習慣等によって体が大きくなりにくい)」の方が後世に残る可能性が高くなり、結果として平均身長も低くなったのだと思われます。


日本人の「動物性タンパク質」を摂取する習慣について

肉.png前述したように最初は象や牛などの大きな動物を食べていましたが、そういった大きな動物が少なくなると、イノシシやシカなど中型・小型の動物を食すように変わっていきます。実際に日本では縄文時代の遺跡から動物の骨が多数見つかっており、この頃は動物性のタンパク質を摂取する機会には比較的恵まれていたと考えられています。見つかった骨のほとんどはイノシシやシカで、当時はこれらを狩猟によって食べていたようです。

この縄文時代は紀元前13000年から紀元前数世紀頃、続く弥生時代はそれから紀元後三世紀頃までです。弥生時代の遺跡においてはイノシシやシカに加え、豚やニワトリなどの骨も見つかっており、ちょうどこの頃に大陸から家畜の豚などが伝わり、食用の動物を育てそれを食べていたと考えられます。ただし家畜としての「牛」の利用は弥生時代の時点では確認されておらず、記録では牛肉は祝い事など特別な行事でしか食べる事ができなかったそうです。

それから数百年後の奈良時代(西暦710〜794年)や平安時代(西暦794〜1185年)になると、今度は日本に仏教文化が広まります。その影響はまず貴族の間に広がり、それによって家畜による「食用に動物の命を奪ったり、肉を食べる」という事が一部禁止されるようになります。もちろんその時点ではまだ庶民にまでは仏教文化が広がっていなかったため、庶民の間では一般的だった鹿や猪の肉は継続的に食べられていましたが、いずれ庶民の間でも動物の肉を食する事にためらいが生まれるようになっていきます。

その代わりとして、今度は乳製品(高級とされたため貴族のみ)や鳥・魚肉などが食べられるようになります。「定期的に動物性タンパク質を摂取する」という点から言えば、その習慣自体はなくなりませんでした。しかし例えば牛一頭や豚一頭から摂る事のできるタンパク質の量と比べると、鳥一羽や魚一尾から摂る事のできるタンパク質の量は非常に少ないです。牛一頭から取れる肉を魚だけで食べようとしたら相当な量の魚を食べなければなりません。よって以前よりは動物性のタンパク質を摂取する量は減ったと考えられます。

その後は武士の時代が到来し「生きるために自分で狩猟し食べる事」は許されますが、既に庶民の間で仏教文化が大きく広まった事で、「食用のために動物を育てる商売をする人」が酷く蔑まれるようになります。現在では学校の給食に出るなど我々にとって大変身近な「牛乳」も、この影響によって庶民に定着する事がなかったようです。それ以降、牛乳が一般化するのは戦後になってからになります。また仏教文化の浸透により、僧侶の「動物の肉を使わない穀物や野菜などが中心の食事」を一般庶民がよく目にするようになり、それがイコール健康・体に良いとされ、庶民の間で浸透していく事になりました。そういった様々な要因で肉を食べる人が少なくなった事で、食用の動物を育てる畜産文化も大きく衰退、以前のように定期的な動物性タンパク質の大量摂取はできなくなっていきます。

これらを踏まえると、動物性のタンパク質を摂取する機会自体はなくなりませんでしたが、確実にその習慣は薄れ、体を大きくするための栄養を摂る事ができなかった、あるいは仮に元々体の大きな人がいたとしても、その体を維持する事ができなかったのではないかと考えられます。


日本人の平均身長を上げるためには「固定概念」を捨てる事

日本.jpg現在の日本人の平均身長はだいたい男性で170cm前後、女性で158cm前後とされています。欧米諸国と比べると明らかに低いのですが、実はこれでも良くなった方で、第二次世界大戦以前は男性ですら160cm前後しかなかったそうです。平均身長を改善する最も大きな要因となったのが「一部の固定概念を捨てた事」と私は考えています。

他国の異文化を受け入れるためには「日本人の当たり前」をどうしても捨てなければなりません。例えば今まで「和室に直に座って食事をする」のを当たり前としてきたのが、現在では「フローリングの洋室に大きな机と椅子を設置しそこで食事をとる」という形の方が多く、むしろ和室の方が減ってきています。和室が当たり前とされた時代では「けしからん」とされた洋室も、今ではあって当たり前ですよね。

ここまで大きく変化したのは、戦争に負けた事で他国の文化を受け入れるために固定概念を捨てたからです。今まで通り当たり前とされてきた事をそのまま受け入れるだけでは、そのように変化をもたらす事はできなかったでしょう。そうして今までの当たり前を捨て、他国の文化の「良い部分」を吸収する事で、今まで日本は発展してきました。日本人の平均身長の底上げにもそれは不可欠だと私は思います。参考記事→「身長を伸ばすためには疑問を持ち続ける事が重要」・「床よりも椅子に座るようにしよう

尚、現代の日本人の平均身長が低いその他の理由については、例えば思春期以前からダイエットを繰り返す事や、それを含む何かを言い訳にした生活習慣(運動、食、睡眠、ストレス等)の乱れ、動物性タンパク質の定期的な摂取・絶対量の不足、エネルギー(カロリー)の不足、床や椅子に長時間座る習慣がある・・・等々が挙げられます。詳しくはそれぞれ該当する過去の記事をご覧下さい。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村