メラトニンというホルモンについて

ここでは睡眠に深く関わる「メラトニン」というホルモンについて私なりに考えた事を書いています。やや長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、こちらの記事も合わせてご覧下さい→セロトニンというホルモンについて

夜更かし.png

「メラトニン」は太陽のリズムの影響を強く受ける

メラトニンは「睡眠導入ホルモン」とも呼ばれている睡眠に深く関わるホルモンの一つです。脳からこのホルモンが分泌されると「眠気」を感じるようになり、脳が睡眠に入る準備を始めます。その準備によって睡眠へスムーズに入る事ができ、深く眠る(途中で目が覚めない、疲れが取れる、目覚めが良いなど)事ができるのです。

特にメラトニンは太陽光による影響を強く受けており、太陽のリズムに従って分泌されています。具体的には朝に太陽が登って明るくなると分泌量が抑えられ、夜に太陽が沈んで暗くなると分泌量が増えるというのがメラトニンの特徴です。それによって起きる時間になると起きるサインを、寝る時間になると寝るサインを自動的に知らせてくれています。例えば平日も休日も毎日同じ時間に寝るという睡眠習慣を続けている人は、いつも寝ている時間になると時計を見なくても自然と眠くなる事があります。これは何故かというと太陽が沈むのと共にメラトニンが分泌されているからなのです。太陽が沈んで時間が経てば経つほどその分泌量が増え、眠気は大きくなります。


生活習慣によってはその分泌リズムを整える事も崩す事も可能

この太陽光による影響は「自分の生活リズム」によってある程度変える事ができます。例えば「午前7時に起きて午後10時に寝る」という規則的な生活習慣を長期に渡って続けていれば、メラトニンもそのリズムに合わせて分泌されるようになります。この例で言えばいつも起きる時間の「午前7時」になるとメラトニンの分泌が抑えられ、いつも寝る時間の「午後10時」になると逆にメラトニンの分泌が活発になっています。メラトニンの分泌が昼間しっかりと抑えられていれば、そのようにいつもの起きるべき時間に自然と目が覚め、昼間の活動すべき時間帯に眠気を感じる事も少なくなります。また夜にかけてメラトニンの分泌がしっかりと行われていれば、いつもの寝るべき時間に自然と眠気を感じるようになり、スムーズに睡眠へと入る事ができます。

しかし逆に言えば生活リズムによっては、メラトニンの分泌リズムを狂わせる事もできるという事です。寝る時間や起きる時間が毎日バラバラだとメラトニンの分泌リズムが崩れ、太陽が登って明るくなってもメラトニンが分泌されたままになってしまったり、あるいは太陽が沈んで暗くなってもメラトニンが分泌されなかったりするという事が起こります。それによって朝の目覚めは悪くなり、昼間の活動すべき時間帯に眠気を感じるようになります。また「疲れているから寝たい」時に限ってなかなか眠れなくなり、二度寝三度寝をするなど深い睡眠を摂る事もできなくなります。そしてそれが繰り返されるとどんどん睡眠習慣が崩れるため、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌リズムも狂う事になります。


メラトニンは思春期を遅らせる事ができる

何よりメラトニンには「性成熟を抑制する」という重要な役割があります。その役割によって、メラトニンが正常に分泌されていれば思春期を遅らせる事ができ、また緩やかに思春期を迎え、緩やかに終える事ができます。すなわち「身長を伸ばす事のできる期間」を長くする事ができるという事です。これは身長の最終的な結果に極めて大きな影響を与えると私は考えています。それが「不規則な生活習慣=睡眠習慣が崩れる=メラトニンの分泌が崩れ思春期が早まる=身長が伸びなくなる」事の原因です。

思春期が早まると例えば男性は早い人で小学校高学年ぐらいの年齢から、女性はそれよりも更に早い年齢から思春期を迎えます。特に女性は女性ホルモンの影響によって骨にある骨端線が早々に消えてしまうため、女性が思春期を速くに迎えてしまった場合には身長の伸びは悲惨なほど悪くなります。思春期を早く迎えると当然「身長を伸ばす事のできる期間」も短くなるため、最終的な身長の結果も悪くなってしまいます。そういう意味でもメラトニンは身長を伸ばすためには非常に重要なホルモンと言えるでしょう。


メラトニンだけでなくセロトニンも分泌させる事が重要

メラトニンは夜暗くなるにつれて分泌量が多くなり、特に睡眠時に最も多く分泌されています。しかし朝になるとその分泌量は抑えられ、昼間ではほとんど分泌されません。実はこの「昼間」の時間帯では「セロトニン」という別のホルモンがメラトニンと入れ替わるようにして分泌されているのです。このセロトニンもメラトニンと同じく太陽光の影響を受けているのですが、セロトニンは睡眠を促すメラトニンとは違って「覚醒を促す」役割があります。ですのでセロトニンが正常に分泌されていれば昼間の活動力の源になる訳です。

またメラトニンはセロトニンからも作られているホルモンのため、そもそもセロトニンが正常に分泌されていなければメラトニンも正常には分泌されません。すなわち身長を伸ばすためにはメラトニンだけでなくセロトニンの分泌も正常に保つ必要があるという事です。

では、どのようにすれば分泌リズムを整える事ができるかというと、「夜暗くなったら寝る」「朝明るくなったら起きる」「それを平日も休日も関係なく毎日継続する」事が重要になります。これは前述した通りメラトニンやセロトニンが太陽光の影響を受けているからです。やはり規則正しい生活というのは身長を伸ばすために必要不可欠なのです。参考記事→睡眠の質について


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村