「よく噛んで食べる」の積み重ねが身長を伸ばす

身長を伸ばすためにはたくさん食べなければなりません。しかし胃の容量には限りがあるため、できるだけ効率良く食べる必要があります。特に食べ物のスムーズな消化、及び栄養素のスムーズな吸収を行うためには、よく噛んで食べる事が重要になります。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

食事.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



噛む事で分泌される「唾液」の役割について考える

何故食べ物をよく噛む必要があるのかというと、そのままでは喉や食道を通る事ができず、胃へ運ぶ事もできないからです。特に食べ物を噛む事では「唾液」が分泌されますが、唾液は水分を含んでおり、食べ物を柔らかくし、湿らせる事で、胃へ運びやすくしています。これには喉や食道の粘膜を傷つけさせないという目的もあります。

また唾液には糖を少しだけ分解する作用があり、これによって胃及び腸での消化・分解・吸収を補助する事ができます。すなわちよく噛む事では、単純に消化吸収がスムーズに行われるようになります。

尚、「糖」と聞くと「お米」をイメージすると思います。お米に含まれている糖はデンプンという種類で、これは糖がたくさん連なった「多糖類」に分類されています。しかし人間が利用する事ができるのはブドウ糖や果糖といった「単糖類」であり、多糖類はそのままの形では吸収する事ができません。そのため多糖類は少しずつ分解しながら、腸へと送り、最終的に単糖類にする必要があり、その最初の役割を担っているのが、実は唾液なのです。

更に、糖の吸収がスムーズに行われていない場合、吸収される際になって一気に吸収されやすく、血糖値の急上昇を招きます。血糖値の激しい上下動が体に良くないのは言うまでもありません。一方、よく噛んで唾液が分泌されると、吸収する事ができる形になったものから順に吸収されます。これにより糖の吸収が緩やかになるため、血糖値の急上昇をある程度抑える事もできます。すなわち「よく噛んで食べ、唾液を分泌させる」という事は消化における「最初のステップ」と言う事ができます。

ちなみに糖自体は細胞の活動エネルギーとして必須です。また身長を伸ばすためにはエネルギーが必要なので、その意味でも「血糖値の上昇を抑えるために糖を制限する」というのは良くありません。特に糖はインスリン(参考記事→インスリンについて)の分泌を促し、蛋白質の吸収を促す事ができるので、身長を伸ばしたいなら糖は摂取しなければなりません。よく噛む事はもちろん、食事の回数(1回の食事の量は減らす)を増やすなど、食べ方を工夫しましょう。



よく噛んで食べる習慣は「美容」にも繋がる

現代はあまり噛む必要のないような柔らかい食べ物が増えてきています。そのため現代人は顎を使わなくなっているそうです。特に日本食に多いため、日本人は一度の食事で行う咀嚼(噛む)回数が少なく、欧米人と比べて子どもの顎の発達が遅れやすいとも言われています。

顎の発達が遅れるとどういう事が起こるのかというと、単純に顎が小さくなります。顎が小さくなると、エラがなくなり、顔が小さく見えるので、日本人にとっては嬉しい事かもしれませんが、永久歯を生やす事ができるスペースが確保できなくなります。それにより狭い場所に無理やり歯が生えてくる形になるため、歯並びは確実に悪くなります(遺伝的に舌や顎の形が非対称など、そういった理由はまた別)。

また実は歯並びは睡眠習慣によっても影響を受けます。うつ伏せで寝ていると、歯や顎に大きなストレスがかかり、その積み重ねによって歯並びが悪化してしまう事があるのです。また横這いに寝ていても、寝返りの回数が少ないと、やはり歯や顎へ一定の方向にストレスがかかり続けるため、その積み重ねによって歯並びが悪化してしまう事があります。更に日常的な口呼吸などにより、唇や頬など口の周りにある筋肉が衰える事でも、歯並びが悪化してしまう事があります。「歯並びが悪い」という事は、それらの生活習慣の乱れを意味します。その他、歯並びは頭痛や肩コリなどにも関係していると言われています。

実はメディアで活躍している芸能人やタレントの中でも、その顔を生かした仕事をしている人の多くは、メディアに出る前や出て有名になる前に、歯並びを矯正で正したり、歯並びを悪化させる大きな原因になる親知らずを抜いたりしています。全ての人がそういう訳ではありませんが、前述のように日本人は食習慣によって歯並びが悪くなりやすく、そうせざるを得ないのです。しかし歯列矯正は保険適用外であり、つ料のためには少なくとも100万円ものお金が必要になります。いくらお金があると言っても、それだけの大きなお金があったら別の事にも使えるはずであり、またそもそも小さい頃からの生活習慣を見直せばある程度は改善できるはずであり、もったいない事をしているのです。

尚、別の見方をすると、「歯並びが悪く、歯列矯正をした」という事は、小さい頃からの生活習慣が乱れていた証拠でもあります。そのような人がメディアに出て、偉そうに美容や健康について語っている・・・という光景を当たり前のように目にしますが、果たして説得力があるのでしょうか。「歯並び」に対する意識を変えると、そういった見方もできるようになり、自分の趣向も大きく変わります。これは言い過ぎかもしれませんが、それが人生の選択にも関わってくる事があります。



よく噛んで食べる事では虫歯も予防できる

前述したように、食べ物を噛むと唾液が分泌されます。これは逆に言うと、よく噛んで食べていない場合、それだけ唾液の分泌量が減ってしまうという事です。唾液の分泌量が減れば、前述したような糖の吸収に悪影響を及ぼす可能性があります。

また唾液には前述した「糖の消化・吸収をスムーズにする」という役割の他に、口の中を清潔に保って菌の増殖を抑えたり、歯の再石灰化(歯の表面のエナメル質の修復)を促すなど役割があると言われています。つまりよく噛まずに食べ続けると、虫歯や歯周病などになりやすくなるという事です。よく噛んで食べる事でそれらを予防する事ができ、それは結果として栄養状態を改善する事(歯や歯茎が痛い→食べる事のできる食べ物を変える→栄養バランスが悪くなるという事も考えられる)にも繋がります。極論を言うと、歯の健康は寿命にも関わっています。その意味でも、よく噛んで食べる習慣はできるだけ小さい頃に習慣づけておくべきです。

ちなみにですが、咀嚼(噛む事)をすると、満腹中枢を刺激する事もでき、それによって満腹感を得る事ができると言われています。これは「レプチン(参考記事→レプチンについて)」やヒスタミンというホルモンが関係しているようです。特にレプチンにはエネルギー代謝を促す作用が、ヒスタミンには覚醒作用があるので、心身全体の健康状態にも良い影響を与えます。



参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!



↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。