栄養をスムーズに吸収するため、よく噛んで食べよう

食べ物の消化及び栄養の吸収をスムーズにするためにはよく噛んで食べる事が大切です。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

食事.png

食べ方によって糖の吸収に影響を与える

食べ物を胃へ運ぶためには口の中に入れた食べ物をよく噛んでから飲み込む必要がありますが、実は食べ物を噛むと口の中に「唾液」が分泌されます。唾液はいわゆる「ツバ」の事ですので汚いイメージもあるかもしれませんが、この唾液には「糖を吸収しやすくする」という重要な役割があります。

糖は「多糖類」「少糖類」「単糖類」など主に3つの種類に分けられます。この内、多糖類は糖の分子がたくさん連なったもので、少糖類はそれが少ない状態で連なっているものです。更に少糖類は連なった糖の数によって分けられ、それぞれ四糖類、三糖類、二糖類があります。そして最も単純な構造が単糖類です。これらの中で多糖類や少糖類は分子がたくさん連なっているので消化しづらく、そのままでは吸収する事ができません。唾液はそれを少しだけ分解する事で胃腸に送りやすくする事ができます。そして小腸まで行く頃には様々な消化酵素によって単糖類にまで分解されており、そこでようやくエネルギーとして吸収する事ができます。ちなみによく聞く糖の名前を挙げると、例えば「デンプン」「デキストリン」などは多糖類、少糖類の内「ショ糖・砂糖(スクロース)」「乳糖(ラクトース)」「麦芽糖(マルトース)」などが二糖類、そして「果糖(フルクトース)」「ブドウ糖(グルコース)」などが単糖類です。例外として数個の単糖同士が結合している「オリゴ糖」があります。

多糖類や少糖類は分解・吸収が緩やかなので、血糖値が急激に上がらないという特徴があります。エネルギーをゆっくりと吸収する事ができるため、疲労を感じていてその日1日中休む場合には体に負担がかからない多糖類や少糖類を摂ると良いでしょう。しかし分解・吸収が遅いので結果として吸収される糖の量は多くなり、大量に摂ると長時間糖が体を漂う事になります。すなわち血糖値は急激には上がらなくても高い状態が続くという事です。その消費できなかった糖はどうなるのかというと、時間経過と共に少しずつ脂肪へと変換され、体に蓄積していきます。それは当然肥満へと繋がります。

一方、単糖類は分解・吸収が非常に速いという特徴があります。そのため脳や筋肉が疲労を感じた際、その場ですぐにエネルギーを補給する事ができるでしょう。しかし血糖値が急激に上がるため、一度に大量に摂ると体に大きな負担がかかる事になります。血糖値が上がると「インスリン(参考記事→インスリンについて)」が分泌され、それによって血糖値を下げようとします。しかし急激に血糖値が上がるとインスリンも大量に分泌され、今度は逆に急激に血糖値が下がる事になります。血糖値が低下すると体が「糖が不足している」と勘違いする事があり、糖が不足していないにも関わらず空腹が訪れます。それによって次の食事までの間隔が短くなり、食事の頻度や量が増える事で肥満の原因になります。

ちなみにそれが繰り返されると血糖値を下げるために必要なインスリンの分泌機能が壊れ、血糖値が下がらなくなります。それが糖尿病と呼ばれる状態です。その状態が続くと血管の中を血液が流れづらくなり、まず細い血管を詰まらせます。そして血管の壁を傷つけ、次第に流れの速い太い血管(動脈硬化)までも蝕んでいきます。それはいずれ心筋梗塞、脳梗塞など命に関わるような病気にも繋がっていきます。


小さい頃からよく噛んで食べると美容にも繋がる

現代人は柔らかい食べ物を食べる機会が多く、顎を使わなくなっていると言われています。特に現代の日本人は一度の食事で行う咀嚼(噛む)回数が大きく減っており、欧米人と比べて子どもの頃の顎の発達が遅れる傾向にあります。顎の発達が遅れるとどういう事が起こるかというと単純に顎が小さくなります。顎が小さくなるという事は顔が小さくなるという事でもあるので、日本人にとっては嬉しいかもしれませんが、歯の生えるスペースが狭くなるため確実に歯並びは悪くなります。

実はテレビで活躍している顔の小さな芸能人やタレントの多くは、その成長過程で歯並びを矯正で治したり、早くに親知らずを抜いたりしています。顔が小さいという事は日本人にとって美しさや可愛いさという良い評価の一つになりますが、歯並びが悪いという事は小さい頃からの食習慣が乱れている証拠であり、残念ながら歯並びは犠牲になっているのです。まぁ我々が目にする頃には既に歯並びを治した後で、ほとんどの場合見た目では分かりませんけどね。


よく噛む事で口の中を清潔に保ち、満腹感も得られる

前述の通りよく噛んで食べ物を食べると口の中に唾液が分泌されます。逆に言えばよく噛んで食べない場合には唾液の分泌量が減ってしまうという事です。実は唾液には上記のような「消化・吸収を促す」役割の他に、口の中を清潔に保ち、歯の表面を保護(再石灰化)する重要な役割もあります。ですので唾液が少なくなると逆に口の中で菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病、口臭などの原因になります。よって唾液の少ない食習慣を長年続けていると、若い内は良くても将来「総入れ歯」なんて事にも繋がりかねません。そうなれば単純に栄養状態にも直結するため、最終的には寿命にも大きな影響を与えるでしょう。健康のためにも子どもの内からよく噛んで食べる事を習慣づける事が重要です。

ちなみにですが、咀嚼をすると満腹中枢を刺激し大きな満腹感を得る事ができます。これは「レプチン(参考記事→レプチンについて)」というホルモンが分泌されるからです。ですので例えばダイエット中の場合にはよく噛んで食べた方が結果として少ない食事量で済ます事ができます。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村