平均身長が世界でもトップクラスに高いオランダについて

数あるヨーロッパの国々の中でもオランダは平均身長が非常に高い国として有名であり、その平均身長は男性で180cm以上、女性でも165cm前後あると言われています。これは世界でもトップクラスの平均身長です。遺伝子ももちろん関係していますが、何が原因で身長が高くなるのかを考える事で、日本人も参考にすべき点があるのではないかと思います。

この記事ではオランダ人がその高い身長を維持している理由を「食習慣」「睡眠習慣と労働環境」「インターネット環境」から私なりに考えた事を書いてみます。やや長文ですが興味のある方は下記「続きを読む」からどうぞ。尚、こちらの記事も合わせてご覧いただく事をオススメします。→「世界の人たちは何故体が大きいのか」・ 「日本人の平均身長を日本の成り立ちから考えてみる」も合わせて読む事をオススメします。)

オランダ.jpg

紀元前から動物性タンパク質を定期的に摂取している

肉.pngオランダ人のほとんどを占めるのが「ゲルマン人」です。ゲルマン人は元々体が大きく、紀元前の時点で既に身長が170cm以上あったとされています。ただ、仮に元々遺伝子的に大きな体を有していても、食糧事情の良くない時代にどのようにして大きな体を維持していたのでしょうか。

その一つの要因として考えられるのが「動物性タンパク質」です。ゲルマン人は肉類、魚類、乳製品などの動物性の食品を習慣的に食べており、定期的に動物性のタンパク質を摂取した事で大きな体を維持していたと考えられます。動物性のタンパク質は必須アミノ酸をバランス良く含むため、食糧事情が良くない時代でも体を大きくし、それを維持する事が可能だったのです。その食習慣が食文化の発達している現代まで続いているからこそ、今でもオランダ人の平均身長は高いと考えるのが自然です。

ゲルマン人は紀元後375年頃から大陸を移動し、それ以降、食料や領地を求めて活動地域を拡大していきました。その移動に伴って現在のヨーロッパにおける様々な民族の基礎を作ったとされています。我々アジア人から見てヨーロッパ人の体が大きいのは、大陸を移動しても先祖代々食肉用の畜産を受け継いできたゲルマン人が関係していると言われており、必須アミノ酸のバランスが良い動物性タンパク質を摂り続ける事が、民族全体として体を大きくするためには必要だという事を示しています。日本人も動物性タンパク質を定期的に摂取し続けていれば、ゲルマン人のように体を大きくする事ができた・・・かもしれませんね。


オランダ料理は味付けがシンプル

オランダ人の食習慣は良い意味で非常に質素なものだと言われています。オランダでは畜産業、農業、漁業が盛んなため、オランダ料理の多くに肉類、乳製品、魚、野菜、豆類、果物が使われています。しかしオランダ人は「濃い味付けをあまり好まない」という傾向があり、日本の「和食」などと比べるとそれぞれの料理において、そこまで手の込んだ味付けを行わないのだそうです。

例えばオランダ料理には保存用に塩漬けした生ニシンを塩抜きしたハーリング、ジャガイモと野菜を茹でて一緒に潰したオランダ版マッシュポテトのスタンポット、エンドウ豆を形がなくなるまで煮込み野菜とソーセージを一緒に食べるエルテンスープなどといった料理が一般的によく食べられています。それぞれ素材の味が楽しめるので確かに美味しいのですが、日本料理などと比べるとオランダ料理は全体的に調理法や味付けがシンプルになっています。ですのでこれは表現が適切か分かりませんが、オランダ料理には「これといった特徴がない」と言う事ができます。そのため塩分や油など無駄な味付けがなく、栄養価の高い食べ物を食べている割にはカロリーを低く抑える事ができるのです。

またオランダ人にとって食事は「楽しむもの」という事よりも、「空腹を満たすため」「生きるために食事をする」という考え方が強いのだそうです。それに加えて前述のオランダ料理の特徴もあってか、オランダ人は身長が高いにも関わらず肥満体型が少ないと言われています。尚、近年日本では魚を食べる習慣が薄れていますが、オランダでは習慣として毎日食べられています。中でもオランダ人にとって馴染みのある「ニシン」はビタミンDが豊富に含まれており、カルシウムの吸収を促すために非常に重要な役割を果たしています。ニシンは動物性の食品なので必須アミノ酸のバランスも良く、またビタミンB群やマグネシウムなども含まれており、身長を伸ばすために適しています。ちなみにオランダ料理について調べてみると、ニシンを一尾丸ごと食べているような写真が見つかると思います。このように栄養価の高いニシンを日常的に食べているため、大きな体を維持する一つの要因になっていると思われます。


規則正しい睡眠習慣と労働環境

前述の通りオランダでは畜産が盛んであるため、規則正しい生活習慣を続けなければなりません。畜産を営むためには夜早くに寝て朝早くに起きる必要があり、子どもから大人までが毎日そういった規則正しい習慣の元で生活をしています。ただこれは畜産に携わっている人だけではないようで、オランダでは仕事よりも家庭を再優先に考える人が圧倒的に多いそうです。何故かというと家族揃って決まった時間に食事をし決まった時間に寝る事が何よりも優先されているからです。

その事もあってかオランダでは労働環境も整えられており、サービス残業が法律で禁止されているそうです。それによって長時間労働を強いられる事がなく、男性も女性も安心して自分のペースで仕事をする事ができます。仕事も家庭も両立できるので親にとっても子どもにとっても良い環境と言えるでしょう。ですので規則正しい生活習慣が乱れる事は決してないですし、自ら乱すという事もしません。そのため十分な睡眠時間と規則的な睡眠習慣を確保する事ができ、またその生活習慣は次の世代へ次の世代へと受け継がれていきますから、それだけでも平均身長が高くなる大きな要因になります。

一方、日本では健康や家庭環境を損なうレベルの仕事第一が当たり前ですし、給料をもらえないサービス残業も横行していますよね。オランダとは労働環境と家庭の環境、そしてそれに対する意識も大きく違うのではないでしょうか。


インターネットに対する接し方

実はオランダのインターネット普及率は85%以上とも言われており、これは我々日本(75%)よりもインターネットが普及している事を意味しています。オランダではそれだけインターネットが普及しているにも関わらず、皆が規則正しい生活を続ける事ができているのです。

一方、我々の日本は自ら睡眠時間を削ってまでスマホ、パソコン、ゲームに勤しみますよね。しかも睡眠不足の原因をそのスマホ、パソコン、ゲームのせいにしており、オランダの生活習慣を考えれば「責任転嫁している」という事がよく分かると思います。結局、日本人の生活習慣に対する意識の低さが睡眠不足に現れているだけであって、スマホやパソコン、ゲームなどは言い訳にしかなっていないのです。日本人は生活習慣に対する根本的な考え方を改めるべきではないでしょうか。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村