ストレスとノルアドレナリン・アドレナリン

ここではストレスに深く関わる「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」という2つのホルモンについて、私なりに考えた事を書いています。やや長文ですが、ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。
尚、以前ここにあった睡眠に関する記事は別の睡眠に関する記事へ統合しました。またこちらの記事も合わせてご覧下さい→メラトニンというホルモンについてセロトニンというホルモンについて

「ノルアドレナリン」とはどんなホルモンか

ストレス.pngノルアドレナリンは「ストレス」に深く関わるホルモンの一つです。人はストレスを感じるとそれに対する様々な防衛反応を起こします。その内の一つが「ノルアドレナリンを分泌させる事」と言えます。例えば人がストレスを感じるとノルアドレナリンが分泌され、脳の神経伝達がスムーズになります。それによって判断力、集中力、五感などを研ぎ澄まし、対面したストレスを乗り越えようとしているのです。

そんなノルアドレナリンはドーパミンというホルモンによって分泌を促され、セロトニンによって分泌を抑制されています。この2つのホルモンがノルアドレナリンの分泌が不安定にならないようコントロールしているのです。特にセロトニンは昼間の活動及び睡眠に関わるホルモンなので、睡眠習慣が崩れる事によってセロトニンの分泌リズムが狂えば、当然ノルアドレナリンの分泌も狂ってしまう事になります。すなわち睡眠習慣の乱れがストレスと深く関係しているという事です。

睡眠習慣の乱れからノルアドレナリンの分泌量が不足したり不安定になったりすると、ストレスに対して過剰に反応したり、あるいはストレスに対して無反応になっていきます。簡単に言えば「多くの人が平気な事をやたらストレスと感じる」ようになったり、「多くの人が恐怖に感じる事が全く平気になる」という事です。「神経質」と聞くとどちらかと言えば臆病なイメージがあるかと思いますが、ノルアドレナリンの分泌が狂うと極端に怯えるようになるのに加えて、極端に大きく喜んだり極端に無反応になったりします。それによっては自分が平気だと思う事に対して極端に活動的になり、自分が嫌悪感を抱く事に対しては全力で避ける行動を取るようにもなっていきます。

ネガティブな反応で言えば、例えば「多くの人の視線を浴びながら恥をかく」という事は誰にとってもストレスとなる行動です。しかしその時にノルアドレナリンが正常に分泌されていれば、そのストレスを受け止める事ができ、瞬時に対処する事ができるでしょう。前述した通りノルアドレナリンには「脳の神経伝達をスムーズにする」効果があるため、本来はむしろ「プレッシャーや緊張を感じた方が能力を発揮する事ができる」ようになるはずです。しかしノルアドレナリンの分泌が不安定になるとそうしたストレスから全力で逃げるようになり、過去の恐怖の経験から常にそれに対して怯えて行動するようになっていきます。

よって自分がストレス体質だという人は睡眠習慣が崩れている可能性があります。心身の健康のためにはまず睡眠習慣を改善する事を強くオススメします。ちなみにノルアドレナリンはチロシンなどのアミノ酸を材料に作られています。チロシンはタンパク質を多く含む動物性の食品に含まれており、それを食べる習慣のない人ではノルアドレナリンの分泌量が減る事があります。これは言い換えれば食習慣の乱れが睡眠習慣も乱れさせるという事であり、睡眠習慣だけでなく食習慣も改善が必要です。

●L-チロシン (90粒、1ヶ月分)
国産原料、国内生産のL-チロシン (90粒、1ヶ月分)


「アドレナリン(エピネフリン)」というホルモンについて

一方、「アドレナリン」は心身の興奮を司るホルモンで、これもストレスを受ける事で分泌されます。このアドレナリンが分泌されると、心拍数が上昇したり、呼吸が速くなったり、体温が上昇したりという反応が起こります。それによって心身を興奮させ、ストレスに対峙しようとしているのです。ノルアドレナリンもアドレナリンもストレスに深く関わるホルモンですが、ノルアドレナリンはどちらかと言えば「冷静さ」を高める事でストレスに対峙するのに対し、アドレナリンは心身を興奮させ「闘争心」を高める事によってストレスに対峙します。よって誰かと競争する時には「闘争本能の源」になるホルモンです。

しかしアドレナリンにはデメリットもあって、分泌量が多すぎると自分でも抑える事ができないほど心身が興奮状態になる事があります。あまりに興奮し過ぎると、例えば頭が真っ白になって何も考えられなくなったり、あまりの緊張や興奮で手の震えが止まらなくなったりする状態になります。経験のある人も多い事でしょう。

もちろんそれは「普段からホルモンバランスが整っている人」でも起こり得る事なのですが、アドレナリン自体ノルアドレナリンの影響によっても分泌されるため、ノルアドレナリンの分泌が不安定になるとこのアドレナリンの分泌も不安定になる事があります。またアドレナリンもセロトニンによる影響を受けているため、やはり睡眠習慣の乱れがアドレナリンの分泌、及びストレス耐性を狂わせる事になります。睡眠習慣はやはり心身の健康に大きな影響を与えているという事です。


様々なホルモンがバランスを取り合っている

ノルアドレナリンやアドレナリンが分泌されるまでの簡単な流れとしては、規則正しい生活習慣から正常にセロトニンとメラトニンが分泌される→セロトニンによってドーパミンの分泌を促し、メラトニンがそのドーパミンを抑制→ドーパミンがノルアドレナリンの分泌を促し、セロトニンがそのノルアドレナリンを抑制→そのノルアドレナリンがアドレナリンの分泌を促し、セロトニンがそのアドレナリンを制御する・・・という形になっています。

要は様々なホルモンがお互いに影響し合いながら、心身(休息と活動のバランス)を上手くコントロールしているという事です。ですのでどこか一つでも崩れるとそれを他のホルモンが補おうとするようになり、結果として全てが崩れてしまう事になります。特にその根本になるセロトニンとメラトニン、またその分泌バランスを整えるための「睡眠習慣の改善」は心身の健康のために最も基本的なです。健康のためにと「食事だけ」を変える人は多いですが、食事だけ、運動だけ、睡眠だけに気を遣うのでは「真の健康」とは言えないのではないでしょうか。


ストレスが身長の伸びに悪栄養を及ぼす理由

更に、大きなストレスを感じるとアドレナリンと共に「コルチゾール」というホルモンも分泌されます。このコルチゾールは炭水化物、脂肪、タンパクの代謝をコントロールし、炎症反応を抑える働きがあると言われています。それによってストレスによる心身の過剰な反応を抑えようとする訳です。

しかしコルチゾールが大量に分泌されると、それによって「グルカゴン」というホルモンが分泌されます。このグルカゴンには血糖値を上げる働きがあり、肝臓にあるグリコーゲン(糖の一種)や筋肉などにあるアミノ酸を分解し「糖」として利用しようとします。これを「糖新生」と言います。これは本来「血糖値が下がった状態が続いた場合にエネルギーを無理やり補給するため」に起こる事なのですが、実は大きなストレスがかかると糖が不足していなくてもこれが起こるようになります。

尚、血糖値上がっただけではその糖を利用する事はできません。血液中にある糖をエネルギーとして利用するためには「インスリン」というホルモンも必要になります。インスリンは細胞へ糖を取り込む事によって血糖値を下げる働きがあり、これによって血糖値が上がりすぎないようコントロールします。例えば炭水化物制限を行うようなダイエットではこのような反応が日常的に起こる事があります。確かに糖を制限すれば代わりに脂肪を燃やして得られる「ケトン体」をエネルギーに使う事ができますが、実際にはその反応が起こる前に筋肉が優先的に分解されていくのです。つまり糖新生が起これば糖を補給できるので、頑張って糖を制限しているのに逆に脂肪は燃えにくくなる=痩せにくくなります。

一方、ストレス環境においては食事量に関係なくグルカゴンが分泌されるため、そのように糖新生が起こりやすくなります。そうして糖新生が起こると通常の食事量であっても血糖値が上がりやすくなるため、普通に食べているのに筋肉が萎んでいったり、末梢の血管を詰まらせる血行障害などが起こるようになります。つまり体型的には標準なのに糖尿病のリスクが大きくなるという事です。もちろんストレス環境下による過食ではそれが更に加速される事でしょう。

話を戻しますが、更にこのグルカゴンには男性ホルモンや女性ホルモンの分泌、そして成長ホルモンの分泌を抑制する効果があると言われています。これは何故かというと、上記の「糖新生」が起きているという事は糖が不足しているという事でもあるため、「アミノ酸を分解してエネルギーに使う」という事を何より優先させるからです。つまりストレスのかかる環境に長期間いると成長ホルモンの分泌量が減り続け、身長の伸びに悪影響を及ぼす事になります。これがストレスが身長の伸びに良くないと言われる大きな原因です。

それが起これば筋肉だけでなく内蔵なども弱っていくためどんどん痩せ細っていきます。激しい運動を行う習慣があれば当然様々な怪我に繋がりますし、免疫力も大きく低下してしまうでしょう。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村