乳製品を食べて身長を伸ばそう

動物性食品の中に「乳製品」があります。乳製品は牛乳、ヨーグルト、チーズなど動物の乳を元に作られた食品の総称で、タンパク質やカルシウムなど身長を伸ばすために必要な栄養素が含まれています。しかし当ブログでは何度も言っていますが、身長はタンパク質やカルシウムを摂るだけで伸ばす事ができるほど簡単なものではありません。よって乳製品だけたくさん食べても身長は伸びないのです。ここではそんな乳製品について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

牛乳.jpg

乳製品を摂るだけで満足しない事

カルシウムは骨の主成分であり、骨を形作るために必要不可欠なミネラルの一つです。乳製品にはこのカルシウムが豊富に含まれており、骨をより強固なものにする事ができます。また骨はその芯の部分がコラーゲンというタンパク質の一種でできており、コラーゲンを作るためにはその材料となる必須アミノ酸をバランス良く摂らなければなりません。乳製品は動物性の食品の一つであり、必須アミノ酸もバランス良く摂る事ができます。そのため乳製品は身長を伸ばすために必要な栄養素を補給するのに適していると言えるでしょう。

しかし骨を形作るためにはマグネシウムやマンガン、適量のリンなど様々なミネラルが必要ですし、カルシウムの吸収を促すビタミンDやビタミンK、成長ホルモンの分泌に必要となる亜鉛やアルギニン、更にコラーゲンの合成に使われるビタミンC、タンパク質の代謝に関わるビタミンB群、体の隅々にまで血液を運ぶためのビタミンEや鉄など、このように様々な必要になります。

乳製品だけではこれらの栄養素を全て満遍なく摂る事はできません。よって他の食品で補う必要があるため、乳製品だけたくさん食べても身長を伸ばすための栄養補給としては不十分なのです。


牛乳のガブ飲みは身長の伸びに逆効果を及ぼす

カルシウムは乳製品以外にも小魚類などで補う事ができますし、タンパク質は肉類、魚類、卵、大豆製品などにも含まれています。その他ビタミンCは緑黄色野菜や果物、亜鉛はナッツ類、牡蠣、海藻類、レバー、マグネシウムは大豆製品、小魚類、貝類、甲殻類、キノコ類、海藻類、ナッツ類。またビタミンDは紫外線を浴びる事で体内で合成する事ができ、ビタミンKは食品では大豆製品、体内では腸内細菌によって作る事ができます。ビタミンB群は様々な食品に含まれ、ビタミンK同様に腸内でも作る事ができます。

例えば乳製品の中では真っ先に「牛乳」をイメージする事ができます。しかし上記の「牛乳に含まれる栄養素以外も身長を伸ばすためには必要」という理由から、「牛乳だけでは身長を伸ばす事ができない」という事が言えると思います。

牛乳は「身長を伸ばす効果がある」と多くの人に知られており、また手軽に飲む事ができるため、それだけをついついガブ飲みしがちです。牛乳は確かに身長を伸ばすための栄養素が含まれていますが、ガブ飲みしてしまうとそれだけでお腹が満たされ、上記のような他の食品を食べる事のできる胃の容量が減ってしまいます。それは栄養バランスが偏る事を意味しており、当然身長を伸ばすのにも逆効果です。栄養があるからと決して牛乳及び乳製品だけに固執しないようにして下さい。


チーズやヨーグルトについて

牛乳以外の乳製品では「チーズ」や「ヨーグルト」があり、これらも牛乳などと同じくタンパク質やカルシウムを豊富に含んでいるため栄養補給に適しています。

尚、チーズやヨーグルトは一般的に言う「発酵食品」であり、乳酸菌が含まれている事が知られています。しかし乳酸菌自体は消化の過程でそのほとんどが活性を失い、腸まで届かせるためには相当量の発酵食品を食べなければならないと言われています。またその乳酸菌が仮に腸まで届いてもそれが腸に定着するためには更に大量の発酵食品を食べなければならずとても現実的ではありません。いくら腸内環境を整える効果があると言っても、食べ過ぎると逆に胃腸に負担をかけるだけですのでほどほどにしておきましょう。

また乳製品は全体として「脂肪分が多い」という大きな欠点があります。乳製品だけでタンパク質やカルシウムを補おうとすれば脂肪を摂り過ぎてしまう事があるのです。その意味でも決して腸内環境の改善のためにチーズやヨーグルトを大量に食べるというような事はできるだけ避けましょう。尚、乳製品には脂肪を取り除いた低脂肪の商品もあるので、脂肪が気になる人はそちらを選ぶのも良いかもしれません。


乳製品などのオススメ商品について

乳製品には糖の一種である「乳糖」と呼ばれる成分が含まれており、人によってはそれが胃腸の調子を崩す原因になる事があります。これは乳糖を分解する酵素の能力が人によって異なるためで、酵素の能力が低い人が大量の乳製品を食べると腸内環境が悪くなり、下痢や便秘などが起こる事もあります。もし乳製品を食べる習慣がない事で栄養の不足が心配されたり、あるいは乳製品が苦手な場合には以下のような商品をオススメします。

バルクスポーツ ビッグカゼイン2s
バルクスポーツ ビッグカゼイン2s
タンパク質を補う事のできるプロテインです。通常のホエイプロテインは吸収が速いため筋トレ直後に飲む事が多いですが、これは緩やかに吸収されるカゼインプロテインなので飲むタイミングを選びません。ただし乳製品が苦手な方は通常の乳製品と同様にお腹が緩くなる事があるので注意して下さい。
ファインラボ ホエイプロテイン2kg
ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート2kg
こちらは吸収の速いホエイプロテインですが、特にお腹が緩くなる原因となる乳糖を取り除いたタイプです。乳製品が苦手な人にオススメですが、吸収が非常に速いので基本的には激しい運動後、あるいは食事の内容を見て飲むのがベストです。寝る前に大量に飲むと胃腸に負担をかける事があるため、もし飲む場合にはその量を調節して下さい。
エビオス錠
エビオス錠
胃腸の状態を整えてくれるいわゆる「整腸剤」のエビオス錠です。胃腸の調子が崩れやすい方で、かつ発酵食品が苦手な方にはオススメです。尚、一部の体を鍛えている人の間では「強力わかもと」と共に有名であり、大量のサプリメントや食事量の増加による内臓への負担をある程度抑える事ができます。
TANICA ヨーグルティア スタートセット YM-1200-NW
TANICA ヨーグルティア スタートセット YM-1200-NW
いわゆるヨーグルトメーカーです。少量のヨーグルトを牛乳に入れ機械にセットする事でヨーグルトの量を増やす事ができます。

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村