ビタミンB群で身長が伸びる?それぞれの効果について考える

ビタミンB群には糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助する役割があり、身長を伸ばすためのサポートになる可能性があります。ここではそんなビタミンB群について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

食事.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



何故ビタミンB群が重要なのか?

publicdomainq-0020998.jpg

ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンという8種類のビタミンの総称です。特にこれら8種類のビタミンB群は「酵素の働きを助ける補酵素」としての役割があり、いずれも体の中で行われている様々な代謝において必要不可欠な栄養素となっています。

それぞれの役割については下記にある通りですが、共通する特徴としてビタミンB群はいずれも「水溶性ビタミン」です。すなわち水に溶けやすいので、体に長期間蓄えておく事が難しく、尿や汗などによって失われやすいと言われています。意識的に摂取していると自分では思っていても、実際には不足しているという事も多いので、食事から摂取するのは当然として、個人的にはサプリメントからの追加補給をオススメします。

ちなみにビタミンB群はそのように食事からの補給を基本としていますが、一部は腸内細菌によって合成する事ができ、体の中からも補う事ができます。よってビタミンB群を不足しないようにするためには、腸内細菌を活性化させるような食習慣も重要になるでしょう。

一方、そのように聞くと、例えば食物繊維を豊富に含む野菜や、ヨーグルトのような発酵食品など、特に「お腹に良い」とされる食べ物を意識的に食べようとする人がいます。しかし特定の食品あるいは特定の栄養素に固執する事では、逆に全体的な栄養バランスが損なわれる可能性もあります。腸内環境には食習慣だけでなく、睡眠習慣、運動習慣、ストレス環境など実際には様々な要素が関係しており、食習慣を改善するだけでは不十分です。食習慣だけで便通を良くする事を考えるのではなく、生活習慣全体に目を向けるべきでしょう。

 


★ビタミンB群の役割とそれぞれを多く含む食品について

ここでは8種類のビタミンB群の持つそれぞれの役割と、それぞれを多く含む食品について簡単にまとめています。


●ビタミンB1

糖は細胞を動かす際のエネルギーとして使われていますが、特に筋肉や脳で必要量が多いエネルギーです。ビタミンB1はそんな糖がエネルギーになる事を助ける役割があります。そのためビタミンB1があれば、単純に糖の代謝がスムーズに行われるようになり、筋肉や脳など細胞へ速やかにエネルギーを供給する事ができます。一方、不足すれば逆に脳や筋肉の動きが鈍くなり、疲れやすくなったり、筋肉の痙攣が起こる事もあります。

食品では豚肉、ウナギ、各種レバー、ピーナッツ、魚類の卵等に多く含まれており、それらを定期的に食べると良いでしょう。ちなみにニンニクに含まれている「アリシン」という成分には、このビタミンB1の効果を高める作用があるため、一緒に摂取すると尚良いと思われます。また柑橘系の果物に含まれるクエン酸も、糖の代謝を補助する役割があるため、それも一緒に摂取すると良いでしょう。


●ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や粘膜の維持などに関わっており、特に脂肪の代謝を助ける役割があります。摂取する事で脂肪の燃焼を促すという事ではありませんが、身長を伸ばすために必要な蛋白質は脂肪の含まれる動物性の食品に多く含まれています。つまり動物性の食品を食べる量が増えると脂肪の摂取量が増え、脂肪の摂取量が増える事でビタミンB2の必要量も増えます。食品では各種レバー、魚類の卵、アーモンド、大豆、キクラゲ等に多く含まれています。それらを定期的に食べると良いでしょう。ちなみに不足すると口内炎などになる事があります。


●ビタミンB6

ビタミンB6は蛋白質及びアミノ酸の代謝に関与しています。特に合成が活発な赤血球(血液)を効率良く作るために必要と言われています。その他、セロトニンなど神経伝達物質の合成、アレルギーに関わるヒスタミンの合成、ナトリウムとカリウムのバランスの調節、血管の壁の保護、ホルモンバランスの調節などにも関与していると言われています。食品ではニンニク、カツオ・マグロ等の魚類、各種レバー等に多く含まれており、それらを定期的に食べると良いでしょう。


●ビタミンB12

ビタミンB12も蛋白質及びアミノ酸の代謝に関与しており、やはり合成が活発な赤血球を作るために必要です。また葉酸の再生産にも利用されています。不足する事はあまりありませんが、葉酸が不足すると必要量が増えます。このため葉酸の方が不足すると、このビタミンB12も釣られて一緒に不足する事があります。不足するとやはり貧血になりやすくなると言われています。食品では貝類、魚類の卵、牛肉等各種の肉類、各種レバー、カツオやマグロ等各種魚類などに多く含まれており、それらを定期的に食べると良いでしょう。特にビタミンB12は動物性の食品が重要な摂取源になります。


●葉酸

葉酸も蛋白質及びアミノ酸の代謝に関与しており、やはり赤血球の合成に必要です。特に細胞を新しく作り変える時に必要なビタミンと言われていて、妊娠前・中・後、新生児、成長期では必要量が増えます。不足すると女性では貧血になりやすくなる他、胎児や新生児では発育にも必要不可欠、また成長期では身長の伸びにも大きく関係してきます。食品では各種レバー、ウナギ、大豆、緑色野菜等に多く含まれており、それらを定期的に食べると良いでしょう。


●ナイアシン

ナイアシンは様々な代謝に関与していますが、特に糖や脂肪酸をエネルギー化する際に必要な「NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)」という補酵素に必要不可欠な材料となっています。ビタミンCやカルシウムなどと比べるとあまり認知されていませんが、エネルギー代謝において重要な役割を持っており、その不足は避けなければなりません。

食品では各種レバー、カツオ・マグロ等魚類、魚類の卵等に多く含まれており、それらを定期的に食べると良いでしょう。ちなみにサプリメントを利用して一度に大量のナイアシンを摂取した場合、皮膚が赤くなり、痒みをもたらす事があるようです。ただしその症状は短時間で消失します。


●パントテン酸

パントテン酸も様々な代謝に関与していますが、特に糖や脂肪酸をエネルギー化する際に必要な「CoA(補酵素A)」という補酵素の合成に必要不可欠な材料となっています。必要量は多くありませんが、重要な役割を持っており、その不足は避けなければなりません。

食品では各種レバー、魚類の卵、大豆等に多く含まれており、それらを定期的に食べると良いでしょう。


●ビオチン

ビオチンも様々な代謝を補助する役割があり、特に免疫機能の維持や皮膚の健康維持などに関与していると言われています。食品では各種レバー、鶏の卵(加熱)、ウナギ、ナッツ類等に多く含まれており、それらを定期的に食べると良いでしょう。



★ビタミンB群を摂取するためにオススメの食品とは

前述したようにビタミンB群は腸内細菌によっても合成する事ができます。そのため食物繊維が摂取源になります。例えばレンコン、ゴボウ、オクラ、小松菜、芋類、その他葉物野菜、ナッツ類、海藻類、キノコ類が代表的です。

一方、ビタミンB群を直接補給するためにオススメの食品は、前述を参考にすると、例えば各種レバー(鶏・豚・牛)、牛肉、豚肉、納豆、高野豆腐、キナコ、ナッツ類(アーモンド、ピーナッツ、ひまわりの種等)、鶏の卵、タラコ、ウナギ、カツオ、マグロ、芽キャベツ、ホウレン草、小松菜、ブロッコリーなどになるかと思います。

ただしレバーやウナギに関しては、脂溶性ビタミンであるビタミンA(レチノール)が豊富、ナッツ類や高野豆腐は脂肪が豊富、タラコや海藻類などの海産物は塩分が豊富、マグロは重金属の問題があります。これらの食品は栄養補給には適していますが、それだけに集中していると過剰摂取のリスクがあります。そのためビタミンB群を効率抑制ッシュするためには、毎日同じ食品を食べ続けるのではなく、食べる食品を分散させ、少しずつ摂取する事が重要になります。結局「バランスの良い食事」という事に尽きます。



★ビタミンB群を補うためのサプリメントについて

ビタミンB群は前述のように様々な食品に含まれています。しかし胃の容量には限りがある上、得意・不得意・アレルギーは誰にでもあります。無理をせず、必要に応じてサプリメントを利用するべきだと思います。

ナウフーズ B-50

これはビタミンB群をまとめて補う事のできるサプリメントです。目安は1日1粒を朝だけ、あるいは晩だけ摂取すると良いと思われます。
イヌリン

これは水溶性の食物繊維であるイヌリンです。1日多くて10g程度、1回1〜3g程度を目安に摂取すると良いでしょう。ただし大量に摂取するとお腹が張り、逆に腸内環境を悪化させます。最初は少ない量で様子を見ましょう。また必ずしも必要なものではありません。食事の内容を見て利用しましょう。
ビオチンカプセル120粒(ナウフーズ)
ビオチンカプセル120粒(ナウフーズ)
これはビオチンを補う事ができるサプリメント(海外製)です。身長を伸ばすという点においては関係ありませんが、不足が心配される方は1粒を2回に分けて摂ると良いと思われます。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

【関連する記事】
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

★オススメの商品一覧★

※ランダムに表示されています。