ビタミンB群で身長が伸びる?それぞれの効果について考える

ビタミンB群には糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助する役割があり、身長を伸ばすためのサポートになる可能性があります。ここではそんなビタミンB群について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

食事.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



★ビタミンB群の役割とそれぞれを多く含む食品について

publicdomainq-0020998.jpg

ビタミンBには「ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン」という8つの種類があり、これら全てをまとめて「ビタミンB群」と呼んでいます。以下のようにビタミンB群には糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助する役割があり、心身の健康を維持する上で必須の栄養素です。ここではそれぞれの役割と、それぞれを多く含む食品について簡単に説明しています。


●ビタミンB1

糖は筋肉や脳を動かす際のエネルギーとして使われていますが、ビタミンB1はそんな糖がエネルギーになる事を助ける役割があります。そのためビタミンB1があれば糖の代謝がスムーズに働くようになります。そのため逆に不足すると脳や筋肉の動きが鈍くなり、単純に疲れやすくなります。俗に「疲労に良い」なんて言われる事も多いです。食品では豚肉やウナギに多く含まれ、その他タラコや鶏レバーなどにも含まれています。ちなみにビタミンB1、適量な糖、クエン酸(柑橘類)、アリイン(ニンニク)を一緒に摂取する事で、ビタミンB1が効率良くその効力を発揮できます。

●ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や粘膜の維持などに関わっており、特に脂肪の代謝を助ける役割があります。身長を伸ばすために必要なタンパク質は動物性の食品に多く含まれています。そのため動物性の食品を食べる量が増えると脂肪の摂取量が増え、実はそれに合わせてビタミンB2の必要量も増える事にあります。食品では特に豚や牛のレバーに多く含まれ、その他では鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、タラコ、納豆、卵黄などにも含まれています。

●ビタミンB6

ビタミンB6にはタンパク質の代謝を助ける役割があり、身長を伸ばす際のサポートとして必要不可欠なビタミンと言えるでしょう。食品では特にマグロやカツオに多く含まれ、その他では豚・牛のレバー、サケ、イワシ、サンマ、アジ、豚肉、鶏肉などにも含まれています。可能ならば意識的に摂取しておくべきと思います。

●ビタミンB12

ビタミンB12もビタミンB6と同じようにタンパク質の合成に深く関わっています。また下記の「葉酸」と共に働くビタミンで、特に新陳代謝が活発な赤血球を合成するのに必要です。食品では特に貝類やレバーに多く含まれています。極端に不足すると貧血になりやすくなったり、身長の伸びに悪影響を及ぼす事があり、積極的に摂っておいて損はありません。

●葉酸

葉酸は細胞を新しく作り変える時に使われるビタミンで、上記のビタミンB12を作るためにも使われています。特に赤血球をたくさん必要とする妊娠中や新生児で不足しやすいと言われており、極端に不足すると貧血になりやすくなります。また成長期に不足すれば身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性があり、やはり積極的に摂っておいて損はありません。食品では豚・鶏・牛のレバー、うなぎ、大豆製品、キノコ類、緑野菜などに含まれています。

●ナイアシン

ナイアシンは糖・脂肪・タンパク質を補助する役割があり、特にエネルギー代謝の際に利用される補酵素(NAD:ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)の材料として必須です。食品では特にタラコに多く含まれ、その他ではマグロ、カツオ、イワシ、サバ、ブリ、豚・牛のレバー、鶏肉などにも含まれています。

●パントテン酸

パントテン酸も同じく代謝を補助する役割があり、特にエネルギー代謝において使われる補酵素(CoA:補酵素A)の材料として必須です。食品としては特に豚・鶏・牛のレバーに多く含まれ、その他ではタラコ、鶏肉、豚肉、大豆製品などにも含まれています。

●ビオチン

ビオチンも様々な代謝の補助に関わっていますが、特に皮膚の健康維持にはこのビオチンが必要と言われています。尚、ほとんどの食品に含まれており、本来バランスの良い食生活をしていれば不足する事はありません。食品ではナッツ類、レバー、卵黄、ウナギ、カレイ、イワシ、カジキなどに含まれています。


●結局どれを意識的に摂取すれば良い?

正直全部です。身長を伸ばすという点で言うなら、特にビタミンB6、ビタミンB12、葉酸が重要です。



★ビタミンB群を効率良く摂取するには?

前述したようにビタミンB群は様々な食品に含まれている上、実は腸内細菌によって作る事もでき、体の中から一部を補う事ができます。このためビタミンB群は不足する事はめったにないと言われています。しかし逆に言えば、特定の食品に固執したり、腸内環境が崩れていれば、ビタミンB群が不足する可能性はゼロではないという事です。それが結果として身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性があり、これを見落としてはなりません。不足する可能性が低いとは言え、ビタミンB群を含む食品を意識的に摂取し、かつ腸内環境を改善させ、不足しないように努めましょう。

尚、食習慣の改善だけで、腸内環境を整えようとすべきではありません。そもそも腸内環境は、睡眠や運動、ストレス状態など様々な要素が関わっており、食習慣だけを改善するのでは意味がありません。腸内環境を改善したいのなら生活習慣全体を見直すべきでしょう(参考記事→身長を伸ばす事と便通)。またビタミンB群はいずれも水溶性ビタミンです。食事からの摂取量と腸内での合成量を合わせれば、不足する心配は確かに低いですが、水に溶けやすいため、体の中に蓄えておく事はできません。脂溶性ビタミンと比べれば過剰摂取のリスクも高くないので、個人的には必要に応じてサプリメントを利用し、別途補給すべきだと思います。

ちなみにビタミンB群を補給するためにオススメの食品は、前述を参考にすると、各種レバー、納豆、高野豆腐、ナッツ類、鶏の卵、タラコ、ウナギ、カツオ、マグロ、芽キャベツ、ほうれん草、ブロッコリーなどになるかと思います。ただしレバーやウナギは脂溶性ビタミンであるビタミンAが豊富で、そればかり食べていると過剰摂取のリスクがあります。またナッツ類や高野豆腐は脂肪が豊富、タラコは塩分が豊富、マグロは重金属の問題で毎日は食べられません。様々な食品に分散させる事が重要になるでしょう。



★ビタミンB群を補うための商品について

ビタミンB群は前述のように様々な食品に含まれており、結局のところ、効率良く摂取するためには「バランス良く様々な食品を食べる事」しかありません。しかし胃の容量には限りがある上、得意不得意は誰にでもありますし、人によってはアレルギーの問題から、どうしても食べる事ができないものもあると思います。それによって8種類のビタミンB群の内、どれか1種類だけが不足するという事は十分に考えられます。そもそもいずれのビタミンBも人体にとって必須であり、心身の健康を維持する上で必要不可欠なものです。どれか一つでも欠けてはなりません。無理をせず、やはり必要に応じてサプリメントを利用しましょう。

ちなみにビタミンB群の1日の摂取量の目安は、8種類それぞれで異なると言われていますが、水溶性であり、排出もされやすいため、サプリメントを利用していない限り、基本的には過剰摂取の心配は考えなくて良いと思います。とは言っても、過剰摂取のリスクがあるのは「サプリメントを1日に何錠あるいは何十錠と飲む」ような極端な場合だけであり、用法用量を守っていれば問題ありません(B-50なら1日1〜2錠が目安)。

ディアナチュラ 葉酸60粒
ディアナチュラ 葉酸60粒
タンパク質の合成をサポートする葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12を補う事のできるサプリメントです。摂取の目安は1日1〜2粒です。子どもの成長期、母親の妊娠前・中・後・授乳中などに。
acquavita(アクアヴィータ) ビタミンB群100+葉酸
acquavita(アクアヴィータ) ビタミンB群100+葉酸
ビタミンB群をまとめて補う事ができるサプリメントです。1日1粒目安ですが値段は少し高めです。尚、心配ならば半分に分け、朝と晩に摂取するか、1日半分だけを摂取すると良いでしょう。子どもなら半分以下で十分です。
ビオチンカプセル120粒(ナウフーズ)
ビオチンカプセル120粒(ナウフーズ)
珍しいビオチンを補う事ができるサプリメント(海外製)です。身長を伸ばすという点においては関係ありませんが、不足が心配される方は1粒を2回に分けて摂ると良いそうです。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村