ジオスゲニンを摂って身長を伸ばそう

ジオスゲニンという栄養素を聞いた事があるでしょうか。ジオスゲニンはホルモン分泌を促すと言われており、身長を伸ばすために大きなサポートとなる可能性がある重要な栄養素です。ここではそのジオスゲニンについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

山芋.png

ジオスゲニンの効果について

ジオスゲニンは植物ステロールの一種であり、女性ホルモンの一つである「プロゲステロン」の元になると言われています。思春期前後になるとエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されますが、ジオスゲニンを摂る事ができればその材料を補う事ができ、女性らしい体へ変化する事を促します。女性ホルモンは脂肪の代謝に深く関わっており、そのホルモンバランスを整える事ができれば全身にバランス良く脂肪が分散するようになり、体の一部分にだけ脂肪が偏る事が少なくなります。それによって胸にも適切に脂肪が集まり、バストアップ効果も期待できます。その他女性ホルモンの分泌量が増えると肌が綺麗になったり、髪の毛が綺麗になったりと良い事だらけです。そのためサプリメントにもよく利用されています。

思春期に分泌されるエストロゲンには骨にある骨端線を閉鎖する役割があります。またプロゲステロンは特に妊娠に関わる機能を維持するために必要となるホルモンであり、それが分泌される事は思春期を迎え大人の体になる準備を始めたという事です。すなわちエストロゲンやプロゲステロンが分泌されるという事は「身長の伸びが止まる」という事を意味しています。ですのでプロゲステロンの材料となり得るジオスゲニンを摂り過ぎると、女性が思春期を早くに迎えてしまう可能性があります(下記へ続く)。


ジオスゲニンにはホルモンバランスを整える役割がある

ただしジオスゲニンの分子の中には「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」と同じ構造があります。この「DHEA」は弱い男性ホルモンのような働きを持っており、体内で男性ホルモン(テストステロン)にも女性ホルモン(エストラジオール)にも変化すると言われています。前述した通り女性ホルモンには骨端線を閉じる役割があるのでジオスゲニンを摂る事で思春期を早めてしまうように思いますが、上記のように男性ホルモンの材料にもなるため、逆に思春期においてホルモンバランスを整える事ができます。

何故そのように言えるかというと、実は女性にも男性ホルモンはありますし、逆に男性にも女性ホルモンはあるからです。男性も女性も男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが心身の健康を維持するために必要なんですね。ジオスゲニンによって女性も男性ホルモンが適切に分泌されれば、男性ホルモンが女性ホルモンを抑制するように働き、思春期前後における急激なホルモン分泌を抑える事ができます。もちろんあくまで「適切に」分泌されるだけなので男性ほど男性ホルモンは増えませんが、急激な性ホルモンの分泌を抑える事ができれば、思春期を緩やかに迎え緩やかに終える事ができます。結果として思春期の終わる時期を遅らせる事ができ、身長を伸ばす期間も長くする事ができます。

これは男性においても同じです。男性は急激に男性ホルモンが分泌される事で思春期を加速させますが、ジオスゲニンによって女性ホルモンが正常に分泌されていれば、女性ホルモンによって男性ホルモンをある程度抑える事ができ、思春期を緩やかに終える事ができます。男性ホルモンが急激に分泌される事によって起こる症状としては例えばニキビが増えたり、体毛が濃くなったり、髪の毛が薄くなったりします。ジオスゲニンによって女性ホルモンが適切に分泌されれば、そのような男性ホルモンが急激に増えた時に出る症状もある程度防ぐ事ができるのです。もちろんこれも「適切に」分泌されるだけであり、女性ほど女性ホルモンが増える事はないので気にする必要はありません。


ジオスゲニンを多く含む食品について

このように大きな可能性を秘めたジオスゲニンですが、食品では主に「ヤムイモ」に豊富に含まれています。ヤムイモというのは日本で言う「山芋」の仲間であり、とろろなどによく使われているものに近いです。例えば自然薯などに「滋養強壮作用」があると言われてますが、これも上記のように男性ホルモンや女性ホルモンの材料となってホルモンバランスを整える事ができるからです。そのため実際に漢方薬やサプリメントなどに使われている事もあります。男性女性問わず体に良い食べ物なのは間違いなさそうですね。

その他、ジオスゲニンには脳の機能を正常に戻す効果があり、アルツハイマー型認知症の改善に効果があるとして注目されています。理論上、脳に影響するだけの量は1日10kg以上と言われていて現実的ではありませんが、認知症も少しずつ進行するものであり、若い頃からの対策が重要です。ジオスゲニンを摂り続けて積み重ねていけば予防効果もあるかもしれません。

ヤムイモはジャマイカなど一部の国では主食として食べられています。特にジャマイカは陸上短距離界では非常に強国として知られていて、あの世界一足の速い男である「ウサイン・ボルト(身長196cm)」も小さい頃から食べていたと言われています。日本ではヤムイモと同じ種類を購入するのは難しいですが、同じ山芋の仲間である「長芋(マグネシウムも豊富)」「自然薯」「捏芋」「ヤマイモ」などでしたらヤムイモの代用にする事ができると思います。特に日本で栽培されている山芋の中では「クーガイモ(トゲドコロ)」という種類が最もジオスゲニン(クーガイモに含まれているのはジオスゲニンよりも強い効果を持つヤムスゲニン)の含有量が高いそうです。


ジオスゲニンを補うためのサプリメント

ただしヤムイモ(山芋)はネバネバしたものが多く、人によってはアレルギー症状が出やすいので食べる際には十分注意して下さい。もし好き嫌いでヤムイモを食べる事に抵抗がある人は下記のようなサプリメントをオススメします。尚、サプリメントでもアレルギー症状が出る事があるので注意が必要です。また思春期以降では過剰摂取に十分注意しましょう。

ワイルドヤム 180ベジカプセル
ワイルドヤム 180ベジカプセル
海外製ですがジオスゲニンを補う事のできるサプリメントです。
女性の健康管理 自然薯100粒
女性の健康管理 自然薯100粒
海外製ですがこちらもジオスゲニンを補う事のできるサプリメントです。
宝ヘルスケア イチョウ葉 + ヤムスゲニン
宝ヘルスケア イチョウ葉 + ヤムスゲニン
ジオスゲニンより効果が高いとされているヤムスゲニンを含むサプリメントです。ただし値段も高めです。

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村