ビタミンKを摂って身長を伸ばそう

ビタミンKはカルシウムの吸収を促す効果があり、骨を形作り身長を伸ばすために必要不可欠なビタミンの一つです。ここではそんなビタミンKについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

やさいたち.jpg

ビタミンKの役割について

骨はその芯の部分がコラーゲンというタンパク質でできており、そのコラーゲンを作るためにはビタミンCが必要です。そしてそのコラーゲンの上にカルシウムが沈着する事で骨を形作っており、コラーゲンへカルシウムを沈着させる際に使われるのが「ビタミンD」や「ビタミンK」というビタミンです。ビタミンKを摂る事によってカルシウムの吸収が促されれば、骨を効率良く作る事ができるようになり、身長を伸ばすために役立ちます。

ビタミンKにはその他に「血を固める凝固作用」がある事でも知られています。例えば膝などを擦り剥いた時に血が出ても、その血は少しずつ固まりやがてカサブタになります。時間が経てばそのカサブタも自然に取れ、傷跡も元通りになりますよね。その仕組みは血中にある「血漿」が空気中の酸素と反応する事で固まっていますが、血液が固まる際に働く「プロトロンビン」という物質を作る際にこのビタミンKが使われているのです。よってビタミンKが不足するとその過程が滞る事になるため様々な怪我の治りが遅くなります。


ビタミンKは腸内細菌によって作る事ができる

そんなビタミンKは成人では不足する事はほとんどないと言われています。これは何故かというとビタミンKが「腸内細菌によって体内で作る事のできるビタミン」だからです。しかしそれは「腸内環境が整っていなければ、ビタミンKを効率良く作る事ができなくなる」という事でもあります。すなわち腸内環境の悪化によってビタミンKが不足すると、それによってカルシウムの吸収も悪くなり、結果として身長の伸びにも悪影響を及ぼす事があります。腸内環境を整える事は身長の伸びにも大きく関係しているのです。参考記事→身長と便通について

ちなみにですが生まれたての赤ちゃんは腸内細菌が少なく、自分でビタミンKを作る能力がありません。そのため「ビタミンK欠乏性出血症(ビタミンKが不足する事で出血しやすくなる)」という症状が起こる事があります。病院では欠乏症が疑われる場合、予防するために生後3ヶ月程度までビタミンKを投与する治療を行います。決して見逃さないようにしましょう。もちろんその治療が済んだ後も子どもは大人と比べてビタミンKが不足しやすい状態が続きます。規則正しい生活をさせて腸内環境を整え、ビタミンKを含む食品を摂るようにしましょう。


ビタミンKを多く含む食品と補うサプリメントについて

食品では特に納豆などの大豆製品全般に多く含まれ、その他ではパセリ、海苔、青菜、ヨモギ、ホウレンソウ、小松菜などにも多く含まれています。毎食食べましょう。もしそれらの食品が苦手だったりアレルギーがあるなどして不足が心配される方は以下のような商品をオススメします。尚、ビタミンKは「脂溶性ビタミン」ですが、危険な副作用はないと言われています。もしサプリメントを利用する場合には摂り過ぎに十分な注意すべきですが過度な心配は不要でしょう。

NOW Foods ビタミンK 100粒
NOW Foods ビタミン K-2 100mcg 100粒
ビタミンKを補う事ができるサプリメント(海外製)です。脂溶性のため脂肪と一緒に摂取する事で吸収率が高まります。
パセリ (みじん切り) 50g
パセリ (みじん切り) 50g
パセリはビタミンKが豊富に含まれており、1食たった2g程度食べるだけで1日の必要量を補う事ができます。
おかめ納豆 ひきわり納豆

納豆は蛋白質やマグネシウムを豊富に含んでいます。またひきわり納豆はカルシウムの吸収を促すビタミンKも豊富です。ちなみに納豆の賞味期限は1週間程度と言われていますが、冷蔵であれば1ヶ月以上経っても食べる事ができる(自己責任ですがw)そうです。発酵食品なので環境にもよりますが常温でも2週間程度持つ場合があります。

参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村