身長を伸ばす事と快便について

「身長を伸ばす事」と「快便」・・・一見すると関係ないように思いますが、腸内環境を整え、便通を改善する事は、実は身長の伸びに良い影響を与えます。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

いっトイレ.jpg

老廃物を体の外へ出すために必要な大便

胃や腸は食べ物を消化・吸収するために必要不可欠な臓器です。よってその胃や腸が正常に働かなくなれば、当然消化・吸収は効率良く行われなくなり、せっかく身長を伸ばすために摂った栄養も無駄になってしまいます。特に腸は体内の老廃物を体の外へ出すために重要であり、正常に働かなくなると老廃物が体に溜まりやすくなります。

人はどのようにして老廃物を体の外へ出しているでしょうか。具体的には小便、大便、汗、咳、クシャミ、涙などですが、特に老廃物の内の8割は「大便」として体の外へ出していると言われています。何故それだけ大便の占める割合が大きいかというと、例えば古くなったり傷ついたりして出た細胞の破片や、体にとって有害なウイルス、体に不要な異物なども老廃物の一つであり、腸は何も食べ物だけを処理している訳ではないからです。

そういった老廃物が体に蓄積するとどうなるかというと、例えば代謝を悪化させて栄養素の吸収・利用を邪魔したり、血の巡りを悪くしたり、臓器の働きを鈍らせたり、新陳代謝を悪化させて怪我の治りを遅くしたり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったりする事があります。すなわち腸内環境を整える事は健康にも良い事なのです。これを「身長を伸ばす」という点で言えば、腸内環境が崩れる事で「古くなったものを新しくする」という新陳代謝が滞る事になり、それが悪影響を及ぼす事があります。


腸内で作る事ができるビタミンがある

身長を伸ばすために必要不可欠なカルシウムは、「ビタミンK」というビタミンによって吸収を促す事ができますが、実はその一部を腸内で作る事ができます。すなわち腸内環境が崩れるとビタミンKを効率良く作る事ができなくなり、カルシウムの吸収が悪くなる事があります。そうなれば当然身長の伸びにも悪影響を及ぼすでしょう。

また腸内ではこの他に「ビタミンB群(参考記事→ビタミンB群について)」も作る事ができます。ビタミンB群の内、特に重要なのはビタミンB12と葉酸です。ビタミンB12と葉酸は「タンパク質を新しく作り変える」時に必要となるビタミンであり、腸内環境が悪化するとこのビタミンB群も作る事ができなくなります。それは当然身長の伸びに悪影響を及ぼすでしょう。


腸内環境は睡眠習慣の改善がまず先

では腸内環境は何をしたら改善する事ができるでしょうか。「腸内環境を整えよう」とした時、ほとんどの人が食事だけでどうにかしようとします。例えば発酵食品を食べたり、食物繊維の含まれる野菜や果物を食べたりなどですね。しかし一度狂ってしまった腸内環境は、そのような食習慣の改善だけで簡単に良くはなりません。何故なら腸内環境は「食事以外」でも狂う事があるからです。

例えば腸内環境を崩す大きな原因に「睡眠習慣の乱れ」があります。睡眠は脳や臓器、体を休めるために必要不可欠な行動であり、1日の内で最も大きな割合を占める生活習慣の一つです。そんな睡眠習慣が疎かになれば当然脳や胃腸の働きは鈍くなります。身長を伸ばすためには様々な種類の栄養素をたくさん摂らなければなりませんが、睡眠習慣の乱れから胃腸の働きが鈍くなっていれば、せっかくたくさん食べても消化・吸収がスムーズに行われなくなるでしょう。それどころか消化不良を起こしたり、異常に便の量が増えたり、下痢をしたりなど(腸内には睡眠習慣に関係するセロトニンというホルモンがあり、それが腸の活動に影響を与えているため:参考記事→セロトニンについて)する事にも繋がります。特に思春期というのは心身の変化からストレスを感じやすい年頃です。ストレスそれ自体も腸内環境を悪化させる大きな要因になりますが、ストレスによって睡眠習慣が乱れると腸内環境は悪循環するように劣悪になります。「睡眠習慣の乱れから腸内環境の悪化」というのは意外に見落としがちなので十分に注意すべきです。


発酵食品と食物繊維について

もちろん食習慣によっても胃腸の活動は大きく影響されます。よくありがちなのが「食物繊維の摂り過ぎ」です。お腹に良いから、便通に良いからといって食物繊維を集中的に摂る人は多いと思いますが、食物繊維は摂り過ぎると様々なミネラルの吸収(食物繊維それ自体にカルシウムの吸収を阻害する効果がある)を邪魔してしまう事があります。特に食事制限がメインのダイエットをしている場合、そもそも栄養の絶対量が足りない状態にも関わらず、食物繊維ばかりを集中的に摂る事で、せっかく摂った栄養素がどんどん外へ出るだけになります。食物繊維は普段からバランスの良い食事をしていれば自然に摂れているはずで、本来意識して摂るべき栄養素ではないのです。

またお腹に良いとされているヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品も、そればかりを食べるのは胃腸に負担をかけるだけなので良くありませんし、思春期にありがちな「牛乳のがぶ飲み」も同じ事です。何より食習慣では「バランス良く栄養を摂る」という事が大前提です。それができていなければいくら体に良いとされる食べ物をたくさん食べても無意味なのです。食習慣の改善だけで腸内環境を整えようとするのは逆効果と強く認識しましょう。


運動習慣と胃腸の活動

そしてもちろん運動習慣によっても胃腸の活動は大きく影響されます。日常的に椅子に座った姿勢を続けていると背中が丸くなり、お腹や背中にある筋肉が衰えてしまいます。お腹や背中の筋肉は内蔵を支える役割もあるので、衰えると内臓の働きが鈍くなる事があります。お腹周りをよく動かすような「全身運動」は骨に刺激を与えるために重要ですが、胃腸の働きを改善するためにも効果的なのです。

また人の体は常に古い細胞を新しく作り変える事によって健康を維持しています。運動によって骨や筋肉の細胞が傷つけばそれを修復するための材料が必要であり、自然と体が栄養を欲するようになります。それによっても胃や腸の働きも活発にする事ができ、栄養をスムーズに吸収・利用する事ができるでしょう。

このように快便になるためには「食事」「運動」「睡眠」など全ての生活習慣が揃わなければなりません。たくさん食べて、たくさん運動をし、たくさん寝て生活にリズムを作りましょう。それを続ければ食習慣だけに頼らなくとも自然と腸内環境は良くなっていきます。食事だけでなく全体として規則正しい生活習慣を続ける事が便秘の改善には重要なのです。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村