バスケットボールを行って身長が伸びるのか

バスケットボールは一般的に「身長を伸ばす効果があるスポーツ」として知られています。ここではそのバスケットボールというスポーツが、実際に身長を伸ばす効果があるのか?について私なりに書いています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、バレーボールについてはこちらから→バレーボールを行って身長は伸びるのか

バスケ.jpg

意外とジャンプする機会が少ないバスケットボール

バスケットボール(以下バスケ)は「ジャンプ競技」と呼ばれており、ジャンプ運動を要求される事が多いスポーツの一つです。しかし実際にはジャンプ競技と呼ばれる割にはジャンプ運動自体それほど多くありません。何故ならいくら「ジャンプ競技」と言っても試合中ずっとピョンピョン跳んでいる訳ではないからです。確かに「ジャンプが必要な競技」とは言えますが、それは「元々身長の高い人」に限っての話であって、そもそもシュート自体は無理してジャンプをしなくても、スリーポイントシュートなどのように遠くから打つ事ができます。確かに身長の高い人であればダンクシュートやリバウンドなどでジャンプする機会は多いですが、身長の低い人ではゴール下へ切り込んでのシュートもしくはパスが基本になり、全力でジャンプする必要がないでしょう。

そういった点から身長の低い人は、ジャンプ運動よりも「走っている時間」の方が長くなるのではないでしょうか。もちろん「走る」という運動も全身運動なので骨(骨端線)を刺激する事はできますが、常に低姿勢で激しい動きをするのがメインになると思います。練習でもそのような低い姿勢の維持だったりという事をひたすら繰り返しますよね。低い姿勢を維持するためには膝や足首を曲げるだけでなく、背中も長時間丸め続けなければなりません。そういった姿勢を続けていると「ジャンプ運動に適した体」からは次第に遠ざかる事になります。


「筋肉がつく=ジャンプ力が上がる」とは限らない

ダンク.png「筋肉がつく=身長が伸びない」という事では決してありませんが、「筋肉がつく=ジャンプ力も上がる」というのは大きな間違いです。何故ならバスケを続ける事では「低姿勢を維持する」という事に特化した筋肉のつき方になるため、全身をバネのように使うジャンプ運動に体が対応できなくなるからです。姿勢を維持したり相手からのコンタクトに耐える運動と、全身をしならせバネのように使うジャンプ運動とでは筋肉の使い方が全く違うという事です。それに加えて膝や足首を曲げた状態や背中を丸めた同じ姿勢を維持し続けると、筋肉が凝り固まりやすくなり、次第に柔軟性も失われていきます。例えばずっと下を向いて勉強していたり、パソコンをしていると首や肩が痛くなりますよね。あれと同じイメージです。

バスケはバレーとは違って直接相手と体が接触するコンタクトスポーツですので、競技レベルが上がるほどそういった当たり負けしない「フィジカル(体の強さ:関取のように筋肉量だけでなく脂肪も増やせば体重は増える)」が要求されます。他のスポーツでは例えばサッカーでもよく言われていますね。バスケではそのような屈強な体を持つ選手を5人揃える事が戦力を強化するために大前提になるのです。よって身長の高い人と低い人がレギュラー争いをする場合、元々の身長が低い人は自分より大きな人との競り合いに負けないよう、相当体を大きくしなければなりません。コンタクトに負けないよう体を大きくするためには体重も増加しなければならず、そうなればどんどんジャンプ運動に適した体からは遠ざかっていくでしょう。


身長の低い人はそもそもレギュラーになる可能性も低い

そのため仮に同チーム内に自分よりも身長の高い人「しか」いない場合、それだけで自動的にレギュラーになる可能性は低くなってしまうでしょう。身長の低い人が努力しているように身長の高い人も相当な努力をしています。身長の低い人と身長の高い人が同じだけ体を鍛えた場合、元々体が大きい人の方が相手選手からのコンタクトには強くなります。元々体が大きいのですから当然ですね。すなわち「身長の低い人と高い人どちらが得点する可能性が高い」=「どちらをレギュラーとして使うか」と言ったらそれは明白です。

バスケは試合に出場する事ができるレギュラーは5人であり、同じ団体競技のサッカーの11人や野球の9人などと比べても一段と競争の激しいスポーツと言えます。更に「人気スポーツ」でもあるので相当上手くなければレギュラーになる事はできません。どんなスポーツでもそうですが、レギュラーになるためにはそれまでのスポーツ経験も大きく関係します。身長を伸ばすためにバスケを急に始め、経験者からレギュラーを勝ち取るのは容易ではありません。いきなりレギュラーになれるのは、おそらく元々から運動が得意な人かバスケの隠れた才能がある人だけでしょうね。身長が低いのであれば尚更で、そもそもボールに触れる機会も少なく上達のための経験を積む事も難しくなります。練習の中心であるレギュラーになる事ができなければ、ジャンプをする機会が少ない以前の問題です。


身長の低い人は味方をサポートする役割を与えられる事が多い

バスケ5.jpgバスケは高い技術があれば「個人」の力で相手を圧倒する事も可能なスポーツです。身長の引く選手でもドリブルをして相手を避けてゴールに向けてシュートを打てば得点を稼ぐ事ができます。すなわち上手くなればなるほど全力で高くジャンプをしなくても得点できるようになっていき、ジャンプをする必要がなくなっていくのです。

しかも日本人の身長では「ジャンプ運動」を行うのはシュートする時のレイアップぐらいです。リバウンドに関しては確かに身長の高さが似通った身長同士では捕り合いになるかもしれませんが、チームの競技レベルが高くなればなるほどゴール下は身長の高い人に任せるようになり、身長の低い人はわざわざ身長の高い選手と競り合う必要がなくなっていきます。よって身長の低い選手は味方の得点力の高い選手のサポートに徹し、パスやドリブルなどでチャンスを作る事が主な役割になる事が多いでしょう。自分よりも得点力の高い味方がいれば尚更で、自らジャンプシュートを打つ場面も減っていくはずです。


バスケをするなら個人的に運動を行った方が良い

バスケをする事は結局「機械的な動き(決まった動きを繰り返す事)」や「筋トレ(骨へ刺激を与える事はできない)」を繰り返す事になり、それだけでは身長を伸ばす事はできません。また、ただ単に激しい運動をひたすらに繰り返すのも、ただ肉体は消耗するだけなので、これも身長を伸ばす事には繋がりません。もちろんそのような激しい運動の指導とそれ以外のケアを行う事のできる指導者がいえば別なのですが、栄養や睡眠など運動以外の生活習慣や体調まで管理する事のできる指導者はそうそういません。「身長を伸ばす」という目的でバスケを始めたなら尚更、そういった優秀な指導者との出会いが必要なのです。指導者が選手を選択する事はできますが、選手が指導者を選択するのはそう簡単ではありません・・・かと言って一度入ったクラブや部活動を去るのもそれなりに勇気が必要ですし、こればっかりは運もあるのでどうしようもありません。

以上からバスケというスポーツではレギュラーであってもなくても、元々身長の低い人は「バスケ=身長が伸びる」などという過度な期待を持つ事は禁物です。バスケを身長を伸ばす目的で行うのであれば友達同士で行うか、自分で「身長を伸ばすための運動」を考えて実践した方がよっぽど効果的ですね。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村