バスケットボールを行って身長が伸びるのか

バスケットボールはジャンプ競技とも呼ばれており、一般的に「身長を伸ばす効果があるスポーツ」として知られています。この記事ではそんなバスケットボールというスポーツには、実際に身長を伸ばす効果があるのか?について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、バレーボールについてはこちらから→バレーボールを行って身長は伸びるのか

バスケ.jpg

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。


意外とジャンプする機会が少ないバスケットボール

ドリブル.png

バスケットボール(以下バスケ)は「ジャンプ競技」とも呼ばれており、ジャンプ運動を要求される事の多いスポーツとして知られています。しかし実際には「ジャンプ競技」と呼ばれる割には、ジャンプをする機会はそれほど多くありません。

何故なら、いくら「ジャンプ競技」と言っても、プレー中ずっとピョンピョン跳んでいる訳ではないからです。確かに「ポジションによってはジャンプ力が必要な競技」になりますが、それは「元々身長の高い人」に限っての話であって、そもそも無理してジャンプしなくても、シュート自体はどこからでも打つ事ができます。身長の高い人であればダンクシュートやリバウンドなど、ゴール下でジャンプする機会はあるでしょうが、身長の低い人では身長の高い人とそのような勝負をしても勝ち目はないので、味方選手をサポートするようなプレーを求められます。ゴール下に切り込み、全力でジャンプしてシュートを打つというようなチャンスは、むしろ少ないはずです。

特に元々の身長が低い人はそのようにサポート的なポジションを任される事が多く、ジャンプをする回数よりも、実際には「走っている時間」の方が多くなります。もちろん「走る」という運動も、骨(骨端線)に刺激を与える事はできますが、バスケでの「走る」は常に低姿勢での激しい動きを要求される上、練習でもそのような低姿勢の維持だったりという事をひたすら繰り返します。低姿勢を維持するためには、膝や足首を深く曲げ続けるので、骨への衝撃を筋肉が吸収してしまいます。また筋肉が常に窮屈な状態で走る事になり、背中も長時間丸め続けなければならず、筋肉が凝り固まりやすくなります。それを続けていれば、次第に「ジャンプ運動に適した体」から遠ざかってしまう可能性が考えられます。



ポジションによって「体の使い方」の癖がついてしまう

ダンク.pngジャンプ運動では瞬間的には大きな力を入れますが、「体をしならせるようにして柔らかく使う」ようにして体を上手く使う必要があります。しかし前述のように低姿勢を維持するような体の使い方は「余分に筋力を消耗するような体の使い方」です。筋力的には問題なくても、そのような体の使い方に慣れる事で、ジャンプ運動に適した体の使い方ができなくなってしまう事があります。

例えばジャンプをする際には、膝を深く曲げるよりも、やや浅く曲げた方が、助走の際の勢いをそのままジャンプ力に伝える事ができます。これは筋肉の持つ「筋肉が勢い良く伸ばされた時に縮もうとする機能」を利用したもので、その方が瞬間的にしか力を使わないので、力まず効率良くジャンプできる上、体力も温存でき、試合終盤までパフォーマンスを維持できます。

しかし「力を入れ続ける」ような体の使い方に慣れている人では、膝を深く曲げて助走の勢いを吸収しようとしたり、膝を伸ばす際に無理矢理床を蹴ってジャンプしてしまいます。咄嗟の動作が求められるほど、そのような体の使い方が「癖」として出やすく、そのようなジャンプでは効率良く跳べないどころか、予想外の事が起きた時の反応が遅れたり、終盤疲れて体力が持ちません。一度身についた「体の使い方の癖」を直すのは容易ではなく、残念な事に身長の低い人は、そのような動作を要求されるポジションを任される事が多く、筋力を余計に消耗する癖がつきやすいのです。

もちろん競技レベルの高い環境ではまた別で、別途、専門的な練習やトレーニングを行う事で、後天的に改善する事は可能です。しかしそのような指導ができない指導者も多く、改善されないままになってしまう事が、実際にはかなり多いのです。



身長の低い人はそもそもレギュラーになる可能性が低い

バスケは直接相手と体が接触する「コンタクトスポーツ」ですので、競技レベルが上がるほど、当たり負けしない「フィジカル」が要求されます。つまりバスケではフィジカルの強い選手を5人揃える事が戦力に直結する訳です。当たり負けしないような体を持っていれば、レギュラーになる可能性が高くなり、ジャンプする機会も多くなります。

しかしここで言う「フィジカルの強さ」とは、単に筋力の強さではなく、「体重」が大きく関係します。体重は筋肉量や脂肪の量を増やす事で増えますが、身長の高い人と身長の低い人が同じだけ筋肉や脂肪を増やした場合、当然元々の身長の高い人の方が体重は大きくなります。それはすなわち、「元々の身長が高い人を鍛えた方が戦力になる」という事なので、その時点で、元々の身長が低い人はレギュラーになる可能性が低くなります。

特にバスケは試合に出場する事ができるレギュラーは5人だけであり、同じく団体競技のサッカーの11人や野球の9人などと比べても、一段と競争の激しいスポーツです。元々の身長が低い人が身長を伸ばそうといきなりバスケを始めて、同年代の身長の高い人からレギュラーを勝ち取る事は、口で言うほど簡単な事ではありません。レギュラーになる事ができなければ、ジャンプをする機会どころか、上達の機会も失われてしまいますから、それなら「バスケ」である必要がなくなってしまいます。本当にバスケをすべきか、考えるべきでしょう。



バスケをするなら個人的に運動を行った方が良い

バスケ5.jpgバスケをクラブ活動として行う事では、結局「機械的な動き(決まった動きを繰り返す事)」や「筋トレ(骨へ刺激を与える事はできない)」ばかり繰り返す事になり、それでは効率良く身長を伸ばす事はできません。また、ただ単に激しい運動をひたすらに繰り返すというのも、肉体は消耗するだけであり、これも身長を伸ばす事には繋がりません。

もちろん激しい運動の指導と合わせ、それ以外のケアを行う事のできる指導者がいれば、また別なのですが、栄養や睡眠など運動以外の生活習慣や、選手の体調やメンタルまで管理する事のできる指導者はそうそういません。「身長を伸ばす」という目的でバスケを始めたなら尚更、そういった優秀な指導者との出会いが必要なのです。指導者が選手を選択する事はできますが、選手が指導者を選択するのは難しいですからね・・・かと言って一度入ったクラブや部活動を去るのもそれなりに勇気が必要ですし、これは運もあるのでどうしようもありません。


以上の事から、バスケというスポーツではレギュラーであってもなくても、元々身長の低い人は「バスケ=身長が伸びる」などという過度な期待を持つ事は禁物でしょう。バスケを身長を伸ばす目的で行うのであれば、友達同士で行うか、自分で「身長を伸ばすための運動」を考え、それを実践した方がよっぽど効果的ですね。



参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村