睡眠習慣に規則的なリズムを作り、自律神経を働かせよう

人間が生きる上で必要不可欠なのが「自律神経」です。「自律神経」は例えば呼吸、消化、発汗、体温調節、ホルモン分泌など「自分の意志ではコントロールする事ができない(不随意的な)機能」を司っています。身長を伸ばす上では成長ホルモンなどのホルモン分泌を促す必要がありますが、身長を伸ばす上ではそういった「自分では意識する事ができない部分」をいかにして自分でコントロールするかが重要となります。

この記事ではどのようにすれば自律神経をコントロールする事ができるかについて簡単に説明します。ご興味のある方は下記の「続きを読む」よりどうぞ。

夜更かし.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



自律神経とはどういうものか

gahag-0118813886-1.jpg

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経系で成り立っており、お互いにバランス良く働く事で、心身の健康を維持しています。簡単に説明すると、交感神経は活動、副交感神経は休息の時に働きます。日々の生活習慣で置き換えてみると、例えば交感神経は運動、副交感神経は食事や睡眠です(実際は必ずしもそうではない。そう理解すれば分かりやすいという事)。

ただし交感神経も副交感神経もどちらか一方が単独で働くという事はなく、交感神経が興奮したら、興奮し過ぎないように副交感神経が抑えたり、逆に副交感神経が興奮し過ぎた時には交感神経がそれを抑えたりしています。そのバランスによって「不随意的な機能」を働かせる事ができるのです。もしこのバランスが崩れると、例えば興奮していないのに急に呼吸や心臓の動きが乱れたり、気温が高いのに汗をかけなくなったり、疲れているはずなのに遅い時間になっても眠気が来なかったり、何でもないような事(ロード・・・?)で急にイライラするなどという事が起こります。一時的には誰でもある事だと思いますが、自律神経が乱れるとそれが長期に渡って続きます。

特に自律神経の乱れは自分の意思ではコントロールできません。例えば大きなストレスによって自律神経が乱れた結果「過食」になってしまった人がいたとして、それを自分の意思だけで元のストレス状態、元の自律神経の状態、元の体型に戻すのは簡単な事ではありませんよね。それと同じで、自律神経は自分でコントロールする事が難しいので、自分の意思で自律神経を狂わせるという事が難しい一方、「一度狂ってしまった自律神経を自分で治す」事も難しいのです。積み重ねによる予防が重要です。


尚、「身長を伸ばす」という点で言うと、自律神経は性ホルモンの分泌も司っており、交感神経と副交感神経のバランスが崩れる事では、その分泌が崩れる事もあります。例えばニキビが増えたり、髪の毛が薄くなったり、肌荒れが酷くなったりなど、それらはストレスに対して敏感な思春期中に起こりやすい症状としてよく知られていますが、元々は自律神経の乱れが原因です。

また性ホルモンの分泌バランスが大きく崩れているという事は、既に気づかぬ内に「思春期を早くに迎えている」可能性もあります。思春期を早くに迎えると、身長を伸ばす事のできる期間が短くなり、最終的な身長の結果は悪くなります。更に自律神経は成長ホルモンの分泌も当然コントロールしています。「よく寝ると身長が伸びる」と言われるのは、成長ホルモンが主に睡眠中に集中的に分泌されるから(運動中にも分泌される)です。

特に睡眠は自律神経を休めるために必要不可欠な生活習慣の一つ、すなわち心身の健康を維持する上で大前提となる事です。そもそも心身が健康でなければ、身長を伸ばすどころではありませんから、その意味でも自律神経を整えるような生活習慣とはどういうものか、今一度一つ一つの習慣を見直すべきでしょう。



自律神経を狂わすストレスについて

ストレス.png

自律神経を乱されさせる原因としては、例えば栄養不足(栄養過多)、睡眠不足、過度な運動(それ自体もストレスになる)、大きなストレスなどが挙げられます。これらが続くと心身は様々な事に対して過敏になり、例えば特定の行動に対して必要以上に恐怖を感じたり、逆に必要以上に幸福感を感じたりするようになっていきます。

特にストレスによる影響は我々が想像する以上に大きなものです。簡単に説明すると、ストレスを感じると交感神経が興奮し、心拍数を上げたり呼吸を早めたりしますが、その時には常に副交感神経が抑制的に働き、交感神経の興奮を抑えようとしています。つまり交感神経が興奮すればするほど、副交感神経も抑制的に働き、逆に副交感神経の働きが強くなるほど、交感神経もそれに逆らおうとします。その過剰な反応が、自律神経をどんどん疲れさせてしまうのです。これは「どちらか一方の作用が強く出ないようにバランスを取る」ために行われる事であり、自分の意思では制御できません。

特に元々のネガティブな性格からストレス耐性が低い人や、大きなストレスを感じている人、あるいは小さなストレスが積み重なる事でストレス耐性が低くなっている人などでは、日常的にそれが繰り返される事になります。それが積み重なれば、いずれ自律神経は過敏どころか、活動すらできなくなっていきます。それが長期に渡って続くのがいわゆる「自律神経失調症」で、呼吸、血圧、心臓の鼓動などが、その場の環境に関係なく乱れるようになります。これは誰でも起こりうる事です。

適度なストレスは人間性を成長させてくれる部分もあるので、一概に悪いと決めつける事はできません。しかし必要以上に大きなストレス、自分で処理する事ができない種類のストレス、あるいは例え小さなストレスでもそれが積み重なれば、それはどんどん自律神経を蝕んでいきます。例えば栄養不足や睡眠不足は自分や周囲の人間が気づく事はできます。しかしストレスに関してはストレスを感じている自分自身しか分からないもの、いえ自分自身でも気づかないものもありますから、その人のストレスを周囲の人間が全て理解する事は困難です。ほとんどの場合で、異常に気付いた時には既に自律神経が狂った後だったり・・・やはり小さい頃からの積み重ねが重要です。



自律神経を整えるための行動について

メトロノーム2.jpg

では、自分の意志ではコントロールする事ができない自律神経を、どのようにして自分でコントロールするか?について考えてみましょう。

まず、自律神経は生物が本来持っているリズム(概日リズム)に合わせて活動しています。例えば太陽が昇っている時間を「昼間」とすれば、夏にかけては昼間の時間が長くなり、夏至の日で最も昼間の時間が長くなります。逆に冬にかけては昼間の時間が短くなり、冬至の日で最も昼間の時間が短くなります。そのように季節によって差はありますが、昼間の「明るい時間」と夜の「暗い時間」はほぼ規則的に毎日繰り返されていますよね。生物の持っているリズムとは簡単に言うと、この「太陽が昇って沈む」という規則的なリズムの事であり、自律神経は毎日そのリズムに従って体をコントロールしています。「どんな日でも」と言いましたが、もちろん曇っていて太陽が見えなくても関係ありません。いついかなる時でもその規則的なリズムに従って自動的に働いているのです。

つまり「太陽が登って沈む」という、この規則的なリズムに従っていれば、それだけで自律神経は正常に働く事ができます。自律神経自体は自分の意志でコントロールする事はできませんが、生活習慣に規則的なリズムを設ける事は自分の意志で可能です。身長を伸ばす事に限らず、人間が心身共に健康で生きるためにはこれが大前提になります。

生活習慣を構成する要素としては運動、食事、睡眠などがありますが、この中では特に睡眠が重要です。これについては他の記事(参考記事→睡眠の質について)でも説明しているのでご興味のある方はご覧下さい。簡単に言えば「毎日同じ時間に寝る事」「毎日同じ時間に起きる事」「明るくなったら起き、暗くなったら寝る事」「十分な睡眠時間及び深い睡眠を取る事」です。その他では汗をかく事、気温の変化に慣れる事、心臓を動かす事、よく噛んで食べる事、日光を浴びる事など、昼間の活動量も重要です。活動と休息のメリハリをつけるとより良いでしょう。


そうして生活習慣に規則的なリズムがつくと、自律神経が自然に循環するようになります。自律神経が正常に働いているという事は、脳もしっかりと働いているという事です。脳が正常に機能していれば、様々なホルモンの分泌も正常に行われるようになり、性ホルモンや成長ホルモンの分泌も正常に行われます。消化吸収もスムーズに行われ、新陳代謝が良くなる事で、古い細胞がどんどん新しく作り変えられるでしょう。また心も健康になり、様々な事に意欲が生まれ、様々な新しい刺激が得られます。それが身長の伸びを終えるまで続く事が理想です。

一方、「規則性」で注意すべきなのは土曜日、日曜日、祝日です。休日だからといって朝遅くまで寝たり、夜遅くまで起きていたりすると、いかに平日規則正しい生活をしていても意味がなくなってしまいます。「寝溜め」という言葉もありますが、平日も休日も同じような生活習慣でなければ「規則性がある」とは言えません。ここは現代人では難しい部分だと思いますが、「努力次第でより良い結果に変える事ができる」という事であり、その積み重ねが将来に繋がります。

尚、これは決して「規則正しい=毎日同じ事をする」という事ではありません。脳や自律神経に刺激を与えるためには「慣れていない事に挑戦する事」も時には必要です。日々新しい事に挑戦し、脳や体を飽きさせない事も身長を伸ばすためには重要です。



毎日同じ時間に寝て、毎日同じ時間に起きよう

休日だからといって夜更かしをして昼まで寝ていませんか? いくら平日に十分な睡眠時間を確保できたとしても、休みの日に限って「遅く寝て、遅く起きる」というような睡眠をしてしまうと、それだけでもホルモンバランスが崩れる原因になる事があります。トータルの睡眠時間、起きる時間、寝る時間を調節した上で、「毎日決まった時間に寝る」「毎日決まった時間に起きる」、それを平日休日問わず毎日続ける事が重要です。

特にそのような規則的な睡眠習慣のリズムを続けていくと、そのリズムが脳や体に深く刻み込まれ、心身は自然とそのリズムに基づいて機能するようになります。しかも深く刻み込まれるほど、ホルモンバランスはより強固なものになり、精神状態も安定しやすくなります。時には嫌な事を経験し、大きなストレスを感じる事もあると思います。しかし世の中には色んな考えを持った色んな人がいます。成長していけば、自分にとってマイナスになるような人と接する機会も増える事になりますが、そうした人と接する度にストレスを受け、その度に沈み、その度に体調を崩していたらキリがありません。規則的な睡眠習慣はそういった「ストレスから身を守る能力」も身につけてくれます。これは小さい頃からの積み重ねが重要です。


尚、より朝の目覚めを良くしたいのであれば、顔に太陽光が自然に当たるよう、布団の向きを調節しておくと良いかもしれません。これは昼間の活動に必要なセロトニンが、太陽の光をスイッチとして分泌されるためです。また太陽の光を浴びる事では、逆に睡眠に誘導するメラトニンの分泌を抑え、セロトニンによる心身活性化を更に促す事ができます。朝起きたら、意識的に窓の近くに行くか外へ出て、一旦太陽の光を浴びると良いでしょう。

逆に睡眠に関しては、寝る前にお風呂に入って体温を上げておくと良いかもしれません。睡眠に入るためには準備が必要であり、そのためには体温を下げる必要があります。つまり体から熱を放出する必要があり、お風呂に入って体温を上げ、それを下げていく時に熱を一緒に逃がす訳です。これにより体温が下がってくる時に眠気を感じる事ができます。

また寝る時間までにかけて、少しずつ部屋を暗くしていくという事も良い方法です。何故なら睡眠中に分泌されるメラトニンは明るいままだと分泌されないからです。特に寝る前のスマホやテレビ、明るい光はメラトニンの分泌を阻害し、睡眠の質を低下させます。しかもメラトニンは性成熟を抑制する作用もあるので、それが身長の伸びに悪影響を及ぼす可能性もあります。そうした細かい毎日の積み重ねが重要です。



参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング