日本のストレス社会と「当たり前」に対して疑問を持つ事

この国では多くの人が様々なストレスと闘いながら日々生活を送っています。もちろん適度なストレスは人を成長させてくれる事もあるので必ずしも「悪」と決めつける事はできませんが、集団主義から与えられる「個人では処理しきれないストレス」はその人にとっては害でしかありません。特に日本の社会では「間違った当たり前に対して疑問を持ったり意見を言う」事を許さない風潮があり、そのような大きなストレスが生まれやすいと私は考えています。ここではそんな日本のストレス社会について私なりに考えた事を書いてみます。かなり長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

ストレス.png

「集団を美徳とする考え方」は大きなストレスを生む

日本で「個人では処理しきれないほどの大きなストレス」が生まれやすい原因の一つに、日本人特有の「集団を美徳とする考え方」が挙げられます。日本人は常にその考え方に基づいて行動を決めているため、「自分一人の考え方よりも集団としての考え方を常に優先」します。簡単に言えば「周囲の視線を気にする」という事です。日本人はそれによって「日本人という体裁」を守ってきたのですが、その中では頻繁に「自分を隠して集団に合わせる」という事が行われます。仮に「自分の意見が合っている」と自分では思っていても、自分の意見が周囲と違う場合には「自分の意見を押し殺してでも周囲の意見を優先する」のです。これを簡単に言うと「多くの人がこう言ってるんだから自分もそう思う」です。しかし世の中の全ての人が「周囲に合わせる能力」を持っている訳ではありません。そういった「周囲に合わせて自分の意見を変えられない人」は集団から蔑ろにされ、周囲から不当な扱いを受ける事になるでしょう。

そうして集団としての考え方があまりに重視される事では「多くの人がしている事=それは当たり前の事」という強い固定概念が生まれ、それによって「多くの人がしている当たり前の事をしていない人=おかしい人」というレッテルを貼るようになります。分かりやすい例で言えば「スマートフォン(スマホ)」が挙げられます。最近の若い人はそのほとんどがスマホを持っていますが、世の中には当然スマホを持っていない人もいる訳です。例えば経済的な理由でスマホを持てない人もいれば、パソコンがあればスマホなんていらないという人もいますし、機械が苦手だったり単純に興味がなくて買わない人もいるはずなのです。しかし集団としての考え方を優先する事ではスマホを持っていない人をイレギュラーな存在とし、それを集団から排除しようとします。その結果、スマホを持っていない人を馬鹿にしたり蔑んだりするなんて事が日常的に起こっているのです。

もちろんこれはスマホに限った事ではなく「流行しているもの」「世の中にあって当たり前のもの」の全てに該当します。ゲーム、アニメ、漫画、スポーツ、テレビ番組、音楽、ファッションなどなど、好みは人それぞれのはずなのですが、それが「流行しているもの」だと途端に「それをしていない人=異常」という選別が起こります。好きな漫画があれば嫌いな漫画もありますし、スポーツが好きな人がいれば嫌いな人もいます。漫画を読む人がいればアニメは全く見ない人もいますし、実際に体を動かす事が好きな人もいればただ見るのが好きな人もいますよね。しかしその選別を行い、やたら「多くの人が利用しているもの」と「多くの人がその存在を認めたもの」だけにしたがるのです。人それぞれで良いのではないでしょうか?


「間違った当たり前」を押し付けるという事が頻繁に起こる

集団としての考え方を優先する日本人にとって、上記のような「悪を正すかの如く選別する」のは単なる「善意」です。ですのでその善意を行使する事に対して何の悪気も持っていませんし、自分たち(集団)の考え方が最も正しいと思っているので、その「選別をする」という行動に対して疑う事もありません。そうして「疑う」という事ができなくなるとどういう事が起こるか。「日本人は騙されやすい」とよく言われますが、まさにその通りで周囲の情報に騙されやすくなり、それと同時に「周囲に影響されて勝手な正義感で人を騙す」という事が起こります。それによっては「自分が正しい」と思って行っている事が、意図せず人を傷つけ加害者になっている事もあり、それが「日本人」という大きな集団の中で大小関係なく頻繁に発生しているのです。

例えば3.11の東日本大震災ではネット上で多くのデマが横行しました。特にSNSサイトのツイッター。ツイッターでは「リツイート」という方法で他の人へ情報を拡散する事ができますが、「多くの人がリツイートしている=正しい」と思い込み、たくさんのデマ(一つ一つについては省略。興味のある方はこちら→「NAVERまとめ」から)が拡散されました。これはまさに日本の縮図だと私は思います。日本人は今まで集団に身を委ねる事で自分の意見を持ってきたので、いざ集団から与えられた情報に対して「疑問」を持つ事ができません。ですから正しい間違っているに関わらずあらゆる情報をそのまま受け入れてしまうのです。

「情報に対して疑問を持つ事ができない」という事は「その情報が正しいかどうかを判断する能力がない」という事でもあります。何故なら「正しい情報を選択するフィルター」は「疑問を持つ」という事でしか鍛える事ができないからです。いざ情報が与えられた時、その情報が正しいのか間違っているのかを判断するのは「個」なのです。3.11のような緊急事態ではそれが必要でした。情報を得られる媒体が「多くの人が利用していて信頼できる」ほど、その情報が間違っていた時の被害は大きいというのはよく認識しておくべきだと思います。

集団を尊重し過ぎると、そのように仮に「当たり前という前提が間違っていた時」であっても、その「当たり前」を何の悪気もなく「個」に押し付けてしまうという事が十分起こり得ます。「集団」による多勢からの意見には常に大きな影響力があり、個にとっては「行動を制限する原因」にもなるため、非常に大きなストレスになるのです。実際に3.11ではそれが起こっており、我々日本人はそこから多くを学んだはずです。


子どもに対する「大人」という集団の影響力

「集団」には「子どもを持つ親」のほとんどが属しており、当然親も「集団の考え方」に基づいて行動しています。例えば誰に教わった訳でもないのにとても絵を描くのが上手い子どもがいたとします。その子は絵を描く事が大好きで様々な絵を描く事ができますが、骸骨や筋肉の絵など、絵の事をよく知らないような我々にとって非常に個性的な絵を好んでよく描きます。一方、それは芸術の専門家からすれば才能が溢れ出してくるような素晴らしい絵であり、「将来世界的に名前を知られるほどの画家になるかもしれない」と評されるほどです。

このような時、我々のような芸術を知らない大人が「気持ち悪い絵を描いている」と決めつけたらその子の将来はどうなるでしょうか?子どもが周囲と異なる考え方を持っていたり、周囲とは異なった行動を取ったりした時、親や先生はそのように「協調性がない」「落ち着きが無い」などと言って叱りつけてしまいます。そして周囲と異なる考え方や行動を「それをするな」と一方的に止めさせ、「周りを見ろ」「これをしろ」と周りと同じ考え方や行動を優先的にさせようと教えますよね。その時、実は子どもは子どもなりにもそれに対して疑問を感じているのです。一方的に叱られれば叱られるほど、例えば「何故怒られた?」「何故これをしなきゃいけないの?」「何故周りと同じ事をしなきゃならないの?」「何故これをしちゃいけないの?」という疑問が生まれます。しかし疑問を持ったとしても大人のようにその疑問を表現する事はできず強く混乱してしまうのです。

子どもは何か分からない事があった時、頭の中が整理できずに混乱してしまった時、自分が一番信頼する事のできる人に助けを求めます。ここでは両親ですね。まだ知識や表現力の乏しい子どもにとっていつも身近にいる「親」は最も頼りになる存在だからです。ですので子どもは「納得するような叱られ方」をされれば、最も信頼できる親の言葉を何の疑いもせずに受け入れる事ができるでしょう。しかしそこで「わがまま言わない」「ダメって言ってるでしょ」「どうして分からないの」というように子どもの持つ疑問を頭ごなしに否定すると、「何故絵を描くと怒られるのか」「何故この絵を描いてはいけないのか」が分からないままになります。確かに周囲に合わせる事は大切ですが、ここで重要なのは子どもの持った疑問に対して真摯に向き合い、上手く表現できるようサポートしてあげる事です。それをせずにただ厳しく叱り続けると、その後も「絵を描く以外の新しい事を始めたいのに、周囲の視線が気になり過ぎて何も始められない」という葛藤が付き纏うようになります。そうです。周囲の視線を常に伺い、周りに合わせる事を優先して自分自身を疑い、周囲の誰かに意見を求めたりしないと自分で判断する事ができなくなってしまうのです。


ストレスを誰かに与えるか自分に溜め込むかの両極端になっている

周囲の視線を常に伺い、周囲よりも真っ先に自分を疑うという事を続けると、「自分で自分にストレスを与える」「自分の中でストレスになる理由を作る」という非常にネガティブな性格になります。そのような人は周囲と自分の考え方や行動が異なる度に疑問を持ちますが、自分ではその疑問を上手く解決する事ができず、表現もできないのでひたすら自分を隠して生きていきます。それは上記の絵の上手い子どもと同じです。小さい頃から厳しい躾をされ、真面目で我慢強い人はそのような状態になりやすいと言われており、一旦ネガティブな状態になるとそれがスパイラルとなってどんどん悪循環していきます。日本人の多くは元々ストレスに対する抵抗力が強く、いわゆる「我慢強い」人が多いと言われます。しかしネガティブな性格な人はストレスを発散させる方法を知らないため、自分の中へ着実にストレスを溜め込んでいくのです。それが限界を迎えた時には既に遅く、自分も周囲も何か取り返しの付かない事が起こってから気づく事も多いですよね。時にはニュースになったり。

周囲の人は「集団に合わないイレギュラーな個」を追い出す事で自分たちの立場を守ってきました。ですのでこれまで日本人は集団として「壊れていく個」をたくさん目にしており、集団に対して個がいくら逆らっても勝ち目がない事は皆が知っている訳です。そのため「個」になる事を非常に恐れており、「集団に属する」という事に強く固執し、常に周囲に合わせて考え方を変えるようになります。同じ意見を持つ者同士で同調し合うと気持ち的にも安心しますよね。そうして周囲に合わせる事で「孤独を避ける事ができる」という事に気づくと、集団の中に居続けるためにますます自分を隠すようになるのです。そして「集団の中にいた方が居心地が良い」事に気づき、知らず知らずの内に「自分を隠していた」という事すら忘れてしまいます。

それだけなら良いのですが、一度「集団に属する」という事の良さが分かると今まで抑圧されてきた個を爆発させ、途端に激しい自己主張を行うようになる事もあります。例えば最近ではデモへの参加だったりSNSサイトだったりという自己主張が行える場が増えており、その場では強い口調の人をよく見かけますよね。何故かというと集団の中では自分と意見を同調する多くの人がいて何も怖いものがなく、加減する事なく強い自己主張を行う事ができるからです。それによっては「ストレスを与える」という事を快感とする人もおり、世の中はストレスを与えるか溜め込むかという両極端になっています。

そのような両極端になると、前述のように何かに対して疑問を持つ頻度がますます減っていきます。子どもの頃は「何で」「何で」と疑問ばかりだった人も多いはずですが、大人になると疑問を持つ事よりもまず周囲に合わせ安定する事を優先してしまうのです。もちろん自分の子どもなど「何かを守るため」にそうならざるを得ない人もいますが、周囲と考えを同じくしていれば集団の中で孤立する事はまずありませんから、ほとんどの人は「誰かと同調していた方が楽」で集団の中に居続けているのです。集団としての立場を利用し、そこで与えられた情報をただそのまま受け入れる、それは「ぬるま湯に浸かっているだけ」だと私は思います。


「当たり前」に対して時には疑問を持つ事が重要

周囲の考える当たり前をそのまま受け入れるだけでは「変えたい」と思っているものを変える事はできません。例えば当ブログのテーマに関して言えば「牛乳を飲めば身長が伸びる」「バレーやバスケをすると身長が伸びる」「よく寝ると身長が伸びる」という事は多くの人が信じている事だと思います。しかし当ブログの記事を読んでいただければ分かる通り、それをただそのまま実行するだけでは決して身長を伸ばす事はできません。また「親が小さいから子どもも小さい」「遺伝はどうする事もできない」と自分の子どもにその言葉を押し付けていませんか?自分がそうだったからと言って子どもがそうであるとは限らないのです。

現状を変えたいのなら「○○を行うと身長が伸びる・伸びない」という言葉をそのまま受け入れるのではなく、「○○を行うと身長が伸びるのは何故か?」「○○を行うと身長が伸びないと言われるのは何故か」と疑問を持つ事が重要です。当ブログにある情報に対しても疑問を持ち、「何故」を考えましょう。その積み重ねがその人固有の知識になり意見になり個性にもなります。

ストレスに関係するホルモンはこちら→ノルアドレナリンとアドレナリンについて


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村