過剰摂取により身長の伸びに悪影響を及ぼす食べ物

身長を伸ばすためには食事の量が必要です。しかし過剰摂取すると逆効果になるものもあります。この記事では過剰摂取した際、身長の伸びに悪影響を及ぼす「可能性のある食べ物」を私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、あくまで「食べ過ぎた場合」の話であり、また「食べ過ぎる」の範囲は人によって個人差があります。

やけ食い.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



リン酸化合物(食品添加物)を摂り過ぎると身長が伸びなくなる?

publicdomainq-0034318cgd.jpg

リン酸化合物とはミネラルの一種である「リン」の形が変化したものであり、リン自体は人間にとって必要不可欠な栄養素の一つです。当ブログでは何度も言っていますが、骨はカルシウムだけで作られている訳ではありません。骨にあるカルシウムはリンと結びついて「リン酸カルシウム」という形になっており、カルシウムとリンは非常に結び付きが強いという特徴があります。しかし実はその結びつきの強さ故に、リンを摂り過ぎると、逆にリンが骨にあるカルシウムを血中に溶け出させたり、血中のカルシウムと結合して吸収を阻害し、骨を脆くしてしまうと言われています。ですのでいくら骨を作るために必要なリンであっても、摂り過ぎる事は身長の伸びに悪影響となる可能性があるのです。

そんなリンは主にインスタント食品、冷凍食品、お菓子類など「加工食品」に多く含まれています。一般的に消費期限・賞味期限が短いものにはできるだけ味、風味、鮮度を保つために「食品添加物」が使われており、リンはその食品添加物に多く使われています(もちろん野菜や肉など加工されていない食品にも含まれる)。食文化が発展した現代においては食品添加物を口にしない方が珍しく、現代人は摂取する機会に恵まれています。もちろん人間にとって必要不可欠なミネラルの一つですので、摂ったからと言ってすぐに悪い影響が出る訳ではありませんが、意識しなくとも自然と摂れているミネラル(自然な食品にも含まれている)なので、むしろ可能な限り摂らないよう注意すべきでしょう。

尚、食品添加物の過剰摂取を防ぐためには「手料理」が重要です。これは言い方を変えれば「親の料理の腕が子どもの発育に大きく影響する」という事を意味しており、自分の子どもを「大きく育てたい」のであれば、せめて料理の勉強はしておいた方が良いでしょう。ただし何度も言うようにリン自体は人体にとって必須であり、過度に手料理にこだわる必要もありません。時間やお金は有限であり、時には手(を抜いた)料理も必要だと思います。



食物繊維を摂り過ぎるとどうなる?

やさいたち.jpg

食物繊維は一般的に「健康に良い」とされている栄養素の一つです。これは何故かというと、食物繊維が腸内細菌の餌となり、腸内環境を改善する作用があるからです。また糖の吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を抑える作用もあるとされており、これについても健康効果として認知されています。そのため日本人では意識的に食物繊維を摂っている人も多いです。ちなみにこの他では、腸内細菌が食物繊維を分解する際には、ビタミンB群やビタミンKを合成し、体の中から補う事もできます。また腸内を酸性にする事で、ミネラルの吸収を促してくれる作用もあると言われています。

しかし本来、バランスの良い食事をしていれば、植物性の食品は必ず食べているはずであり、意識的に食物繊維を摂取する必要がある人というのは、「本当に食物繊維が不足している人」だけです。そのため普段から十分に食物繊維を摂れている人が、「不足している」と勘違いし、意識的に摂ろうとすると、逆に食物繊維を摂り過ぎてしまう事があります。

特に食物繊維はエネルギーになりません。なったとしても1g当たり1kcalかそれ以下のエネルギーしか得られず、基本的にはそのように腸内環境を改善するためだけに機能する栄養素です。特に胃の容量には限りがありますから、食物繊維ばかりを摂取する事で、他の栄養素が摂取できなくなり、栄養バランスが偏ったり、糖・蛋白質・脂肪の摂取量が減り、エネルギー不足になるという事も十分に考えられます。その結果、昼間の活動量の低下、筋肉量の低下、基礎代謝の低下、免疫力の低下などが起こり、逆に健康を害してしまう事があります。

そもそも腸内環境には食習慣以外にも様々な要素が関係しています。食物繊維を摂るだけで便通を改善しようとする事自体が間違いなのです。。参考記事→身長を伸ばす事と便通について



塩分・脂肪分・糖分を摂り過ぎると身長が伸びなくなる?

塩分の過剰摂取に注意

washoku2

塩(塩化ナトリウム)に含まれている「ナトリウム」はミネラルの一種で、水分代謝に関与し、細胞内外の水分量を調節する役割があります。また神経伝達にも関与しており、筋肉の収縮を制御する役割もあると言われています。そのため本来は不足しないように意識的に摂取すべき栄養素ですが、塩は味付けとして利用される事が多く、現代人は摂取機会に恵まれており、必須でありながら過剰摂取しやすいものです。過剰摂取による健康への悪影響については、日本人のみならず世界的にも認知されています。

ナトリウムが過剰になるとどういう事が起こるのかについて簡単に説明します。ナトリウムを過剰摂取すると、まず細胞内外のナトリウムの濃度が高くなり、それによって細胞内外で起こる様々な代謝が低下します。これは物質の濃度差によって行われる反応があるためで、それがスムーズにできなくなるからです。しかし人間の体にはそれを適切な状態に戻すための機能もあり、ナトリウムの濃度を戻すため、細胞へ送る水分の量を増やそうとします。すなわち血液中に含まれる水分の量を増やす事で、それを薄めて元に戻そうとする訳です。しかしそれに伴って血液は薄くなるので、今度は血液の量を増やし、濃度を高めてそれを解決しようとします。すると今度は血管内を流れる血液の量が増えるので、血管の壁にかかる圧力が大きくなります。このような流れで高血圧が起こると言われています。

そのような状態になると、血液中の不純物が血管の壁を傷つけやすくなり、血の塊である「血栓」ができる事があります。血栓は小さければすぐに溶けてなくなってしまいますが、大きなものでは溶けないまま血液に乗って運ばれる事もあります。特にそうして血栓ができやすくなっている時点で、既に血管の壁への負担は大きくなっており、人によっては「動脈硬化」が起きている場合があります。つまり動脈硬化によって細くなった血管にも、そうして流れてきた血栓が詰まる事があり、それが重要な組織で起これば命に関わります。ナトリウムの過剰摂取はそうして様々な病気の引き金になります。

もちろんそこまで行かなくても、毛細血管のような細い血管は血栓によって容易に詰まってしまいます。特に心臓より遠い場所ではそれが起こりやすく、それによって抹消にある細胞の栄養状態が悪くなったり、あるいは老廃物が滞るという事が考えられます。加齢による細胞の劣化も進行しやすくなるでしょう。

よく動物性の食品に関しては「健康に悪い」などと言われる事がありますが、それは主に味付けによる塩分過多、調理法による糖分過多、あるいは食材の脂肪過多が原因となっており、本来、動物性の食品自体は蛋白質の補給源として重要なものです。もし塩分が多く含まれる食品を食べるのであれば、植物性の食品に多く含まれるカリウムを摂取してバランスを取るようにしましょう。ただし過度なナトリウムの制限、及びカリウムだけを意識的に摂取するのは健康上逆効果になります(ナトリウム不足は骨を脆くする)。バランスを考えましょう。



脂肪の過剰摂取に注意

butter

脂肪は人体にとって必須となる栄養素の一つで、細胞の活動エネルギーとして利用される他、皮膚の材料になったり、ロイコトリエンなど免疫に関わる物質の材料になったり、コレステロールそれ自体の材料や、そのコレステロールから作られる性ホルモンなどの材料として使われています。

また脂肪はそのようにエネルギーになりますが、同じくエネルギーとして利用される糖や脂肪と比べると倍以上のエネルギーが得られます。しかも長期間に渡って蓄えておく事もでき、細胞へ安定してエネルギーを供給できます。更にそうしてあらかじめ蓄えておけば、万が一食べ物を食べる事ができなくなった時にも、緊急的にエネルギーにする事ができ、その間、命を繋ぎ止める事もできます。その意味でも脂肪は重要なものです。

一方、そのように脂肪からは大きなエネルギーが得られるため、必要以上の摂取は体に溜まっていく一方です。体に蓄積すると、皮下脂肪や内臓脂肪となり、特に内臓脂肪では肝臓など生命活動に必要な臓器の機能を低下させる事があります。また脂肪の代謝が崩れる事によって血中のコレステロールの量が増え、血液がドロドロになって流れづらくなる事もあります。その結果、心臓に不要な負担をかけたり、血管の壁を傷つけ動脈硬化を進行させたり、血栓を作って血管を詰まらせたりするなど、様々な病気の引き金になると言われています。

このため摂取量には注意しなければなりません。ただしそのように人体では必須なので、過度な制限も良くありません。自分にとって必要な量を見極め、その量を摂取する事が重要になるでしょう。



糖や蛋白質の過剰摂取に注意

karaage

糖は脳や筋肉など、細胞を動かすために利用されるエネルギー源の一つです。つまり糖は本来、生命活動を維持する上で必要不可欠なものであり、最低限摂取しなければなりません。一方、脳や筋肉など糖の消費量が激しい組織を日常的に動かしていなければ、その消費量は当然少なくなります。消費されていない状態で大量の糖を摂取した場合、その糖が行き場を失って溢れてしまう事があります。そうなれば前述したように血液がドロドロの状態になり、様々なデメリットが生まれます。特に糖は短期的なエネルギーとしては優秀なのですが、長期的には不安定であり、大量に摂取すると長期的に安定した脂肪として蓄えられてしまいます。それは肥満にも繋がります(糖の中でも果糖は、過剰摂取した際、中性脂肪の合成に回されやすいと言われている)。

これは蛋白質に関しても同じです。例えば筋肉を大きくするためにはその材料となる蛋白質が必要です。しかし大量に摂取して余ってしまえば、同じように脂肪として蓄えられてしまいます。巷では「プロテインダイエット」という言葉もあり、最近では「蛋白質を摂取する事が健康に良い」という認識が生まれつつありますが、自分が必要とする量を上回るような過剰なアミノ酸はアンモニアの量を増やし、肝臓や腎臓などに不要な負担をかけます。それは当然健康上良くありません。

よって糖や蛋白質に関しても脂肪と同様、その摂取量については十分に考えなければなりません。これは激しい運動を行っている人であれば尚更重要な事です。筋肉を動かすためには糖が必要、筋肉の材料には蛋白質が必要です。しかし単に量を増やすだけではそのように余ってしまう事があります。自分にとって適切な量を見極める事が必要になるでしょう。



シュウ酸を摂り過ぎると身長が伸びなくなる

hourensou

聞き慣れないと思いますが「シュウ酸」はホウレンソウ、キャベツ、里芋などに含まれている栄養素の一つで、特にカルシウムと非常に結び付きが強いという特徴があります。ホウレンソウ自体は非常に栄養価が高い食品で、ビタミン・ミネラルの栄養補給には適していますが、食べ過ぎるとカルシウムの吸収を阻害し、身長の伸びに悪影響を及ぼす事があります。固執して食べ過ぎないように注意しましょう。もしくはシュウ酸が多く含まれる食品を食べるのであれば、カルシウムを多めに摂取したり、ビタミンDやビタミンKを多めに摂取すると良いかもしれません。



乳製品を食べ過ぎた際のデメリットを考える

牛乳.png

乳製品の中では牛乳、チーズ、ヨーグルトなどが有名です。これら乳製品は全体として蛋白質やカルシウムが豊富で、それらを補給するためには有用です。しかし他の動物性の食品と同じように、乳製品は全体として脂肪が豊富に含まれています。前述のように脂肪を必要以上に摂取する事では余計な脂肪を蓄積させ、肥満を悪化させるなどのデメリットがあります。もし乳製品を食べる場合には、できるだけ低脂肪のものを選ぶと良いでしょう。

一方、牛乳には「乳糖」と呼ばれる糖が豊富に含まれています。この糖は消化・分解・吸収するための酵素の活性が人によって異なり、上手く分解できない人では下痢や消化不良を起こすなど、腸内環境を悪化させる原因になると言われています。そのように乳糖を分解が上手くできない事で起こる症状を「乳糖不耐症(これは乳アレルギーとは別)」と言います。特に腸内細菌はビタミンB群やビタミンKを合成できるため、腸内環境が悪化するとその合成量が減る可能性があります。牛乳を飲む量は人によっては考えた方が良いかもしれません。

尚、栄養素の吸収は小腸で行われるため、乳糖不耐症により腸内環境が悪化すれば、他の栄養素の吸収が上手くできなくなる事も考えられます。それにより「たくさん食べているのに体が大きくならない」という事にも繋がりかねません。また大腸は老廃物の排出手段として重要です。新陳代謝が行われれば老廃物は必ずできます。その排出が上手くできなければ当然身長の伸びにも悪影響が出るでしょう。

ちなみに牛乳は飲み物なので、たくさん飲む事ではそれだけで満腹になりやすく、全体的な栄養バランスが崩れるという事も考えられます。特に成長期では牛乳をガブ飲みしたがる子どももいますが、それだけは避けた方が良いでしょう。もし乳製品を食べるならチーズがオススメです。チーズは乳糖が少ない上、水分が少ないため、手軽に栄養補給ができます。ヨーグルトも良いですが選ぶなら高蛋白に限ります。



身長の伸びに悪影響を及ぼすその他の食べ物

●アルコール:未成年であれば法律上では摂る心配はないですが、隠れて飲もうとする人もいるので一応。成長期においてアルコールを摂ると脳の成長や健全な性の発達を邪魔する事になります。また少なからず依存性があり、一度習慣づくと中々止められず、摂取量もどんどん増えていきます。
●カフェイン(コーヒーなど)やタンニン(茶、柿など):過剰摂取した場合の話ですが、カルシウムなどのミネラルの吸収を阻害すると言われています。飲む習慣のある人では飲まないと落ち着かない(特にカフェインは依存性がある)人が多いので、飲み過ぎには十分注意が必要です。尚、カフェインには一時的な心身活性化作用、タンニンには抗酸化作用などがあると言われています。
●激辛の食べ物:辛い食べ物が好きな子どももいるかもしれませんが、辛い食べ物は味調整のため、塩と砂糖が大量に使われています。それによって辛い食べ物を食べる事を習慣化させると、気付かずに塩分や糖分を摂りすぎてしまう事があります。また辛い食べ物には体温を上昇させる効果がありますが、同時に水分とミネラルが体から排出されるので、辛い食べ物を食べれば食べるほど水分やミネラルの必要量は多くなります。食べるのは構いませんが、水分補給及びミネラル補給は決して怠らないようにしましょう。ちなみに発汗による浮腫改善はできても老廃物は殆ど排出されないのでデトックス効果はないです。
●脂溶性ビタミン:ビタミンA(レチノール)やビタミンEは過剰摂取した際、副作用が出る事があります。特に脂肪と一緒に摂取する事で吸収率が高まるので、脂肪の摂取量を抑えると良いかもしれません。一方、ビタミンDやビタミンKに関しては、危険な副作用はないと思われます。
●マグネシウム:これはサプリメントを利用した場合の話ですが、過剰摂取により下痢しやすいと言われています。ただし一般的な食品からの摂取だけだと不足する事があるので、サプリメントは必要に応じて利用すべきです。またマグネシウムは皮膚からも吸収させる事ができるので、そうして摂取する手段を分散させると良いでしょう。



<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

【関連する記事】
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

★オススメの商品一覧★

※ランダムに表示されています。