脳を正常に活動させるために必要な事

身長を伸ばしたいからと言ってどれだけ体に良い行いをしたとしても、脳が正常に働いていなければ身長を伸ばす事はできません。身長を伸ばすためにはたくさん食べてたくさん寝る事はもちろんですが、脳が活発に動いている事も重要になります。ここでは脳を正常に働かせるためには何が必要なのかについて、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

脳筋.jpg

脳のエネルギー源である「ブドウ糖」について

栄養素の一つに「炭水化物」というものがあります。炭水化物はいわゆる「糖分」の事であり、脳や筋肉などを動かすためのエネルギー源として主に使われています。そのため糖が不足すると脳や筋肉の活動は著しく低下してしまうでしょう。エネルギー不足といえば「運動でのスタミナ切れ」をイメージすると思いますが、実は激しい運動や繊細な動きを要求されるスポーツでは脳も疲労しているのです。

糖には様々な種類がありますが、その中でも「ブドウ糖」は最も単純な構造をしており、非常に吸収が速いという特徴があります。よって脳がつかれた時にエネルギー補給としてその場で速やかに吸収する事ができます。吸収が速いので血糖値が急激に上がりやすいというリスクはありますが、ブドウ糖は一時的に筋肉内に蓄える事ができます。使い切れなかった糖は時間が経つと脂肪へ変換されてしまいますが、運動習慣があって筋肉量が多い人では例え急激に血糖値が上がっても、その糖を無駄なく利用する事ができます。すなわち糖の蓄積=脂肪の蓄積を抑える事ができるのです。

ブドウ糖を得られる食品としては「砂糖(加工していない粉のまま)」が代表的です。その他ではお米、パン、麺、芋、お菓子などでもブドウ糖は得られるのですが、ブドウ糖の形に分解するまでに時間がかかるため、砂糖と比べると吸収は緩やかな傾向にあります。緩やかという事は血糖値が急激に上がらないというメリットももちろんあるのですが、疲労回復という意味ではブドウ糖の方が圧倒的に効果的ですし、消費しきれなかった糖が蓄積する事ではいずれにしろ肥満に繋がる事に変わりはありません。

ちなみにブドウ糖を摂るべき量としては、勉強や運動などで脳の疲労を感じた時に「スプーン一杯」で十分と言われています。脳は睡眠以外では常に活動しておりエネルギー消費も大きいのですが、必要だからと言って糖を摂り過ぎるのも逆に健康を害するだけ(ブドウ糖による急激な血糖値の変化が頻繁に起こると糖尿病のリスクが増す事になる)です。よって「摂るべき糖の種類をブドウ糖にする」あるいは「糖の種類に関係なく糖の量を制限する」事よりも、まずは「運動習慣」が必要になります。それによって「糖を摂る理由を作る」事が重要です。


脳を休めるのはブドウ糖ではなく睡眠

昼寝.png脳は睡眠に入っていない限り常に起きている状態であり、例えボーっとしている時でも体温を調節したり、内蔵を働かせたりするためにも活動しています。しかしその脳を休めるために必要な睡眠でさえも、実は浅い眠りの「レム睡眠」では脳が活動(記憶の整理など)しているので、実質脳は深い眠りの「ノンレム睡眠」の時以外はほとんど休まずに働いています。睡眠が身長の伸びに大きく関係するのは、脳を休める効果的な方法が「ノンレム睡眠だけしかない」からです。参考記事→睡眠の質について身長を伸ばすためには十分な睡眠時間が必要

脳は自分の意志で体を動かす運動はもちろんですが、様々なホルモン分泌や体温調節などの「自分ではコントロールする事ができない機能」も司っています。身長を伸ばすという点で言えば「成長ホルモンの分泌」もそうですね。睡眠習慣が崩れて脳が休めなくなれば、そういったホルモンの分泌が狂う事があります。そのような状態でブドウ糖が不足すると、脳がコントロールしている内臓も上手く働かなくなるので、せっかく摂った栄養素も効率良く吸収する事ができなくなります。それが成長期、特に思春期前後において起これば当然身長の伸びも悪くなってしまうでしょう。参考記事→自律神経を働かせる事


炭水化物(糖)にある「太る」というイメージについて

ダイエット4.jpg「炭水化物を摂る=太る」というイメージがある人も多いかもしれません。しかし炭水化物は「五大栄養素」の一つに数えられており、身長を伸ばす伸ばさない以前に健康を維持するためにも体に必要不可欠な栄養素なのです。何故健康を維持するために糖が必要なのかというと、これは前述した通り糖が脳や筋肉を動かすために必要なエネルギー源となるからです。特に近年では食事において炭水化物だけを制限する「炭水化物抜きダイエット」というのが流行していますが、炭水化物を抜くと脳や筋肉の活動は鈍くなります。すなわちこのダイエットは「運動をしたくないから」という理由を作るために行うダイエットになってしまっているのです。

ちなみに「炭水化物抜きダイエット」では「炭水化物を一定期間断って脂肪の分解を促すダイエット法」です。炭水化物を断つと脳や筋肉などを動かすエネルギーが不足するため、脂肪を分解してケトン体という物質を作り、それを代わりにエネルギーとして利用します。それが起これば確かに脂肪は分解され体重は減るのですが、実はこのダイエットでは「一定期間炭水化物を減らした後、少しずつ健康に害がない程度にまで量を戻さなければならない」「炭水化物制限中ではその他の栄養素(特にタンパク質等)は制限してはならない」という掟があります。何故炭水化物を適切な量まで戻さなければならないかというと、脂肪の分解を行う事によって内蔵に大きな負担がかかるからです。また何故タンパク質を制限してはならないのかというと、糖が制限されて脂肪が燃焼するまでの間にタンパク質が分解されてしまい、筋肉が落ちてしまうからです。すなわちこのダイエット法は「運動を行いながら脂肪を燃やすダイエット法」であり、ただ炭水化物を制限して何もしないのではただ健康を害するだけです。見様見真似でこの方法を実践するのは非常にリスキーだという事を認識すべきです。ダイエットはいつからでもできますが、身長は成長期しか伸ばす事ができません。その点はよく認識しておきましょう。参考記事→ダイエットをし過ぎると身長が伸びなくなる


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村