脳を正常に活動させるために必要なブドウ糖

身長を伸ばしたいからと言ってどれだけ体に良い行いをしたとしても、脳が正常に働いていなければ身長を伸ばす事はできません。身長を伸ばすためにはたくさん食べてたくさん寝る事はもちろんですが、脳が活発に動いている事も重要になります。ここでは脳を正常に働かせるためには何が必要なのかについて、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

脳筋.jpg

脳のエネルギー源である「ブドウ糖」について

栄養素の一つに「炭水化物」があります。炭水化物はいわゆる「糖分」の事であり、脳や筋肉などを動かすためのエネルギー源として使われています。そのため糖が不足すれば当然脳や筋肉の活動は著しく低下してしまうでしょう。エネルギー不足と言えば「運動でのスタミナ切れ」をイメージすると思いますが、実は激しい運動や繊細な動きを要求されるスポーツでは脳も疲労しているのです。勉強でも同様です。

糖には様々な種類がありますが、その中でも「ブドウ糖」は最も単純な構造をしており、非常に吸収が速いという特徴があります。よって脳が疲れた時にはエネルギー補給としてその場で速やかに吸収する事ができます。吸収が速いので血糖値が急激に上がりやすいというリスクはありますが、ブドウ糖は一時的に筋肉内に蓄える事ができます。使い切れなかった糖は時間が経つと脂肪へ変換されてしまいますが、運動習慣があって筋肉量が多い人では例え急激に血糖値が上がっても、その糖を無駄なく利用する事ができます。すなわち糖の蓄積=脂肪の蓄積を抑える事ができるのです。

ちなみに砂糖はブドウ糖と果糖が結合したショ糖が主成分、果物は基本的には果糖が主成分です。ショ糖は分解する事でブドウ糖と果糖になって吸収されます。ブドウ糖が吸収される際にはインスリンが分泌され、アミノ酸等他の栄養素も一緒に取り込む事ができます。よってブドウ糖は蛋白質と一緒に摂取すると良いでしょう。一方、果糖は血糖値を上昇させず、インスリンを介さずに吸収されますが、中性脂肪の合成を促進するなどの作用があると言われています。


真に脳を休めるのはブドウ糖ではなく睡眠

脳は睡眠に入っていない限りは常に起きている状態であり、例えボーっとしている時でも体温を調節したり、臓器を働かせたりするためにも活動しています。しかしその脳を休めるために必要な睡眠でさえも、実は浅い眠りの「レム睡眠」では脳が活動(記憶の整理など)しているので、実質脳は深い眠りの「ノンレム睡眠」の時以外はほとんど休まずに働いています。睡眠が身長の伸びに大きく関係するのは、自律神経を司る脳を休める最も効果的な方法が「ノンレム睡眠」だからです。参考記事→睡眠の質について身長を伸ばすためには十分な睡眠時間が必要

脳は自分の意志で体を動かす運動はもちろんですが、様々なホルモン分泌や体温調節などの「自分ではコントロールする事ができない機能」も司っています。身長を伸ばすという点で言えば「成長ホルモンの分泌」がそうですね。睡眠習慣が崩れて脳が休めなくなれば、そういったホルモンの分泌が狂う事があります。そのような状態でブドウ糖が不足すれば、更に脳がコントロールしている内臓も上手く働かなくなるので、せっかく摂った栄養素も効率良く吸収する事ができなくなります。それが成長期、特に思春期前後において起これば当然身長の伸びも悪くなってしまうでしょう。参考記事→自律神経を働かせる事


炭水化物(糖)にある「太る」というイメージについて

ダイエット4.jpg「炭水化物を摂る=太る」というイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし炭水化物は「五大栄養素」の一つに数えられており、身長を伸ばす伸ばさない以前に健康を維持するためにも体に必要不可欠な栄養素なのです。何故健康を維持するために糖が必要なのかというと、これは前述した通り糖が脳や筋肉を動かすために必要なエネルギー源となるからです。特に近年では食事において炭水化物だけを制限する「炭水化物抜きダイエット」というのが流行していますが、炭水化物を抜くと脳や筋肉の活動は鈍くなります。当然身長を伸ばす事とは真逆です。思春期中及び思春期以前は禁忌でしょう。

参考記事→ダイエットをし過ぎると身長が伸びなくなる


糖の補給に良い食べ物について

特にオススメなのが「もち米(餅)」です。米に含まれる主な糖はブドウ糖がたくさん連なった「デンプン」で、そのデンプンにはアミロースとアミロペクチンの2種類があります。もちろんどちらも吸収される際に多くのブドウ糖を摂取できるのですが、この内アミロペクチンはその割合が高いほど、水を含んだ際の粘り気が強くなるという特徴があります。特に「もち米」ではほぼ100%がアミロペクチンとされ、分子が細かく枝分かれしている事で消化酵素の影響を受けやすいと言われています。つまり非常に消化しやすく、胃腸へ不要な負担をかけず、すぐにエネルギーを補給する事ができます。

それ以外に糖の補給ができる食品としては、穀類(米、キビ、アワ、ヒエ、小麦、大麦、エンバク、ライ麦、トウモロコシ、アマランサス等)、芋類(里芋、山芋、サツマイモ、ジャガイモ等)、果物類全般、一部の野菜類(カボチャ、トマト、スイカ、ビーツ等)が代表的です。また単純に砂糖の含まれる加工食品(お菓子)を利用する事でも摂取できます。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村