世界の人たちは何故体が大きいのかについて考えてみる

我々日本人の身長はアジアという範囲では高い方にあるのですが、日本人を含むアジア人は世界という範囲で見れば身長が低い部類に入ります。特にアジア人の身体的な特徴として共通しているのが、例えば足が短い、手や足が小さい、指が短い、胴長、撫で肩などです。これらの特徴は欧米諸国ではあまり見られません。

この記事ではまず「アジア人がそういう容姿をしている理由はどこにあるのか?」という点と、逆にアジア外の人たちの「体が大きい理由はどこにあるのか?」という点について私なりに考えてみたいと思います。長文ですがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

尚、こちらの記事も合わせてご覧いただく事をオススメします。
→「平均身長が世界でもトップクラスに高いオランダについて
→「日本人の平均身長を日本の成り立ちから考えてみる

類人猿が二足歩行をするまで

さる.jpg前述の理由を考えるためには人間がまだ人間ではなかった頃、すなわち「類人猿」だった時代まで遡らなければなりません。類人猿が二足歩行を「し始めた」のは現在より700万年以上前と言われています。それより以前はというと、現在の猿と同じように木の上を中心に生活していたようです。木の上は比較的安全で天敵がほとんどいなかったため、安定的に個体数を増やす事ができ、その過程で様々な種族に枝分かれしていきます。

しかし当時は地殻変動によって森の減少が深刻で、個体数が多くなると次第に食べ物の確保が難しくなっていきます。食料がなければいくら安全な木の上でも生き延びる事はできません。ですので一部の種族は食べ物を求めるために陸上へ降りたり、別の森への長距離移動を試みるようになり、それが二足歩行の起源だと考えられています。もちろんその時点ではまだ「二足歩行をし始めた」だけであり、そこから更に300万年〜500万年という長い時間(現在より700万年前〜400万年前まで)をかけて、ゆっくりと二足歩行ができるような体へと進化していく事になります。

ちなみに実際に二足歩行ができるような体へ進化したのは、現在より400万年前〜200万年前、また我々の祖先である人類が存在したのは現在より25万年前と言われています。その過程でそれ以外のほとんどの種族は絶滅し、やがて我々祖先の種族のみ後世へ遺伝子が残っていく事になります。


類人猿の脳の進化について

当時の陸上は巨大な肉食獣や草食獣が支配する「弱肉強食」の世界であり、まさしく「強者」しか生きる事ができない非常に厳しい時代でした。陸上に降りたばかりの類人猿にとって、それはそれは恐ろしい世界だった事でしょう。しかし食料が乏しく、そのままでは絶滅してしまうため、陸上で生きる道を選ばざるを得なくなります。この「何かをしなければ生き残れない」という生存本能は、種を進化に導くための条件とされており、生命に危機が及ぶほど優秀な遺伝子を残そうとし、また優秀な遺伝子の方が残りやすいため、次第に精錬もされていくそうです。その結果、類人猿は主に「脳」を進化させて大きくする道を選びます。

脳.png巨大動物の支配する陸上において人類が生き残るためには、「いかにして巨大動物の脅威から逃れ、食料を確保しながら長く生き延び、子孫を残す事ができるか」が重要です。ではどうしたのかというと、まず「未然に危険を察知する」能力を向上させました。目や鼻、耳など五感を発達させ、巨大な動物が接近してくる前にその場から遠ざかる事にしたのです。それによっては五感から与えられる情報量が多くなり、その複雑な情報を処理するために脳が少し大きくなりました。しかしそれだけでは単に「危険を察知」しただけであり、もし見つかった場合、逃げても追いつかれてしまいます。ですので続いて「次にどのように行動したら危険を回避する事ができるか」を考えるようになっていきます。例えば木の影に隠れたり、音を立てないように歩いたり、単純に駆け足で逃げるなど今まで本能的に行っていた行動を、その時の状況に応じて頭で考えて行動するようになったのです。それによっても脳は少し大きくなりました。

また前述した通り「食料の不足」がありますので、逃げながら「普段食べる事のないものを食べて飢えをしのぐ」という事もしなければなりませんでした。活動範囲が広がれば広がるほど体力を温存する必要があり、無闇に食料を求めて探し回ってもリスクが増えるだけです。よって「この場所にあるこの食べ物は食べる事ができる・できない」「この場所は危険な動物がいるから通らない」などの判断、そしてその記憶が必要になり、それも脳の発達に繋がりました。更には、例えば普段食べた事のない硬い食べ物は、それを食すためにどうすれば良いのかを考えました。現存するオランウータンも石を木の実に叩きつけて割って中身を食べる事ができますが、そのような事を繰り返した結果、より確実に生き残るためには石や木などの道具を使う事が必要となり、指先を細やかに使う事が脳の発達に大きな影響を与えました。

ただ、そのような行動は全て「逃避行動」であり、いくら逃げる能力が高くても種の存続には限界があります。何故なら猿よりも五感が優れていて足が速くスタミナもある動物など山ほど存在するからです。よって更に確実に生き残るために「自ら巨大動物の脅威を減らす」という事も考えるようになります。つまり「巨大動物を倒す」という事です。もちろん今までの経験で一人で立ち向かっても到底勝てないという事は分かっていますから、大きな動物を確実に捕らえるためには「一人での狩猟よりも集団での狩猟の方が効率が良い」という事にも気づいていきます。それによって集団での狩猟のために仲間同士の意思疎通=コミュニケーション能力が必要になり、声、ジャスチャー、表情などコミュニケーションの手段が多様に増えていきます。それを行う事のできる自分の属する集団の人数が増える事で、脳の発達を加速させていきました。

そうして狩りによって動物の肉を安定的に確保する事ができるようになると、豊富な「動物性のタンパク質」を摂取できるようになります。それによって栄養状態が劇的に改善され、脳だけでなく体もどんどん大きくなっていきます。また体が大きくなった事で、その大きな体をコントロールするために更に脳が発達します。このように良い循環が起こり、脳はどんどん大きくなっていったのです。


優秀な遺伝子はサイクルで極まっていく

前述した進化の過程は、言い換えれば「脳が小さい者は生き残る事ができない」という事であり、人類の進化にはそれが必要でした。例えば脳を大きくする遺伝子を持った子猿が偶然生まれた場合、その子猿は当然今までの猿よりも「考える」という事に優れています。続いてその子猿が成長し普通の猿と交配して子猿が生まれた場合、確率で脳を大きくする遺伝子がその子猿へと受け継がれます。同じようにその子猿が成長して普通の猿との間に子猿ができれば、その子猿にも確率で脳を大きくする遺伝子が受け継がれます。それをひたすら繰り返していくと、いずれは「脳を大きくする遺伝子を持つ猿同士」が交配する事になり、脳を大きくする遺伝子を持つ猿の数がどんどん増えていきます。そうして優秀な遺伝子の濃度が高まる訳です。

初期の類人猿は寿命が短く交配のサイクルも速かったので、そのような事が一旦起こると「脳が大きい」という遺伝子は物凄いスピードで極まっていきます。その結果、思考力が高く大きな脳、鋭い五感、長時間の活動が可能な体、病気に強い体を持った猿のみが最終的には生き残り、それが現在の人類のような容姿を形成していきました。我々の祖先であるホモ・サピエンス(人類)が最初に登場したのは現在から25万年前の事ですが、そこまではそうして時間をかけて進化してきたのです。

これら進化の過程は全て「命の危険」により生存本能がきっかけです。現代の我々人類からすれば全く想像できませんが、例えば「ジャングルの中で暮らし、ヤリなど道具を使った狩猟によって野生動物を捕らえ、それを食料にする」というような原始的な民族は現在でも世界中に存在しています。「命の危険に晒される」という意味では、彼らは進化してきた類人猿と似ていると思います。海外の人の体が大きいのは、命の危険に晒される機会に恵まれ、そのような優秀な遺伝子を色濃く受け継ぎ、現在まで残す事ができているからだと考えられます。


アメリカ合衆国を例に海外人の体が大きい理由を考えてみる

アメリカ.jpg「海外の人の体が大きい=優秀な遺伝子が現在まで強く残っている」という事は国の歴史から考えると分かりやすいです。例えば「アメリカ合衆国」ですね。アメリカは国が大きいので日本人の多くは「歴史が長い」と思ってそうですが、実は現在の「アメリカ合衆国」となったのは1787年からで、国になってから200年ちょっとしか経っていません。それ以前はというと、数々の戦い(紛争や戦争)を繰り返す事によって国を大きくしてきたという悲しい過去があります。ちなみに日本は2600年以上日本で、名前を変えていない国の中では最も古い国なのです。

話を戻しますが、元々アメリカ大陸に住んでいたのは「アメリカ先住民族」であり、彼らは現在より約3万年前〜1万年前の氷河期にシベリア→アラスカ→アメリカ大陸と渡って来た民族(「インディアン」という名称は現在ではあまり使われていない)です。最初にアメリカ大陸に渡ってきた人数は少なかったようですが、広く散らばって色んな場所で小さな部族を形成し、それぞれの部族において少しずつ人を増やしながら大きくなっていきます。その枝分かれした部族・言語・文化は、現在では細かすぎて分類できないほど多かったと言われています。

しかし1493年頃からヨーロッパの人々がアメリカ大陸に渡り始めます。そのきっかけとなったのがアメリカ大陸へ最初に渡ったあの「コロンブス」です。それ以降、特に16世紀(1500年台前半)頃からは、広大なアメリカ大陸を植民地化しようと多くの国が競い合うようになります。植民地化を加速させるヨーロッパ人はアメリカ大陸を我が物とするため、先に住んでいたアメリカ先住民族に対して不当な扱いをしました。強制的に移住を強いたり、不当に奴隷にしたりなどやりたい放題で、抵抗する各地のアメリカ先住民族との間で度々衝突が起き、それによって多くの命が失われたと言われています。

それに加えてアメリカ先住民族は、ヨーロッパ人が持ち込んだ伝染病などの病気によっても急速に数を減らします。これはアメリカ先住民族に「ヨーロッパに存在する病気」に対する免疫がなかったため、例えばインフルエンザ、チフス、はしか、天然痘など、現代においても重症化すると命に危険が及ぶような病気によく罹りました。その事もあって、ヨーロッパ人が来る前には200万人いたアメリカ先住民族が、19世紀後半(1800年代後半)には25〜30万人ほどにまで減少する事になります。

20世紀後半(1900年代後半)のアメリカ先住民族の数は140万人以上にまで回復しますが、アメリカ大陸では1787年にアメリカ合衆国として建国された後も、そういった国同士、宗教同士、民族同士などという争いが絶えませんでした。例えば1800年代後半の南北戦争や西部開拓によるインディアン戦争、1900年代の世界大戦等が挙げられますね。この時代は世界中で領土を広げるために度々争いが繰り返され、その争いの度に多くの人が命の危険に晒されてきました。

これは悲しい過去ですが、少なくとも伝染病での命の危険は「病気に強い遺伝子」が極まるためのきっかけにはなったはずで、現代の欧米人の体が丈夫だという事の説明はつくと思います。体が丈夫であれば食事や運動の量も増えますから、間接的には体の大きさにも良い影響を与えるはずです。ただし争いにおいて「体が大きい」という事は、むしろ目立つだけで危険だったと思われます。また奴隷化された先住民族と、それを服従させるヨーロッパ人との間では経済力にも大きな差がありました。それらによっては先住民族と移民してきたヨーロッパ人との間では、大きな体格差が生まれていたと考えられます。もし体の大きなヨーロッパ人を祖先に持っていて、経済力など家庭環境が変わっていなければ、当然その子どもの体は大きくなるはずです。欧米人の体が大きいのはそれが理由の一つでしょう。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村