身長の伸びに影響を与える猫背について

ここでは身長の伸びに悪影響を与える「猫背」について私なりに考えた事を書いています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

猫背の女性.png

猫背になると身長の伸びに悪影響を及ぼす事がある

生活習慣によってお腹にある筋肉(腹直筋、腹斜筋)や背中にある筋肉(広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋)が衰えると、それらの筋肉が機能しなくなる事で正しい姿勢を長時間維持する事ができなくなります。「猫背」とはそれが原因で常に筋肉にとって楽な「背中が丸める」という姿勢が癖になってしまった状態の事を言います。

実は背骨を横から見ると元々「S字」のような形をしていて、体重を上手く分散できるようになっています。しかし骨だけでは自分の体重を支える事ができないため、背中やお腹の筋肉を使ってそのS字の動きを制御し、全身への衝撃を和らげているのです。猫背になるとその背中やお腹の筋肉が機能していないので、体重を分散する機能が失われ、体を動かした際の衝撃を正しく分散させる事ができなくなります。それによって体に伝わる衝撃が「体の一部分」に偏るようになり、腰はもちろん膝、足首、肩、股関節など様々な部位で怪我をしやすくなります。その中でも例えば「腰痛」や「肩痛」は多くの日本人が悩まされる持病としてよく知られていますね。そのような痛みが長引くとせっかくの運動習慣も続ける事ができなくなるため、成長期においては身長の伸びにも悪影響を及ぼすでしょう。


猫背を改善するには

その猫背を改善するためには最も大きな原因である「背中とお腹の筋肉を鍛える」事が重要です。しかしただ単に筋肉を鍛えるだけでは猫背は治りませんし、簡単に治ったら苦労しません。何故なら猫背は「腹筋や背筋の持久的な筋力が衰えている」事が原因になっているからです。そのため瞬発的な筋力を鍛えるような筋トレではなく、「持久的な筋肉」を鍛える筋トレを行なう必要があるのです。その方法は簡単に言うと「動作をゆっくり行なう筋トレ(スロートレーニング)」です。

例えば背筋を鍛える方法では「うつ伏せの状態から上半身を反らす」といういわゆる「背筋」という筋トレがあります。また腹筋を鍛える方法では「仰向けの状態から上半身を起こす」といういわゆる「腹筋」という筋トレがありますよね。これら腹筋や背筋を鍛える筋トレの動作を「ゆっくり」行うようにすれば、持久的な筋力が鍛えられて猫背改善への効果を期待する事ができます。猫背の状態でただ勢い良く腹筋動作をしたり背筋動作をしても腰を痛めるだけです。背筋や腹筋が機能していないのに無理やり力を入れるのですから当然ですね。なのでゆっくりとした動作で行う事ではそういった怪我の防止にも効果があります。

ただし猫背になって長期間経っている人の場合には背中やお腹の筋肉だけでなく、「背中やお腹以外の周辺にある筋肉」のトレーニングやストレッチも非常に重要になります。すなわち人によっては、「背中やお腹の筋肉を鍛えただけでは猫背は改善できない場合がある」という事です。背中やお腹の筋肉だけでなく、肩甲骨付近の筋肉、胸の筋肉、股関節の筋肉、お尻の筋肉など、色んな筋肉を日常的に動かしたりマッサージしたりしてほぐしておきましょう。猫背はそれらが複雑に合わさった状態だという事を認識しておくべきであり、一度なってしまったら簡単には治りません。日常的に全身の筋肉を動かして予防する事が最も重要です。


猫背と肩コリの関係について

肩コリ.png猫背は「肩コリ」と深い関係があります。肩コリは首周りや肩甲骨周りの筋肉が凝り固まり、首や肩の可動域が著しく制限されている状態の事を言います。これによっては首や肩に炎症が起こる事があり、動かす際に痛みを伴う事もあります。

では、猫背から肩コリがどのような流れで起こるのかを説明します。猫背によって背中にある筋肉が衰えると、まずは肩甲骨が上へとズレやすくなり、首の付け根から肩甲骨を覆っている「僧帽筋」や肩にある「三角筋」などが緊張しやすくなります。背中にある広背筋やその上にある僧帽筋、肩にある三角筋は大きな筋肉であり、例えば腕を力強く振ったり、何か重い物を持ち上げたりするなど、大きな力を必要とする動作の時にはなくてはならない筋肉です。猫背になるとそれらの大きな筋肉が機能しなくなるため、他の小さな筋肉で無理やりカバーするようになります。

小さな筋肉というのはいわゆる「インナーマッスル(ここでは小さな筋肉という意味で使用)」と呼ばれており、そのような大きな筋肉と比べるとかなり小さな筋肉です。肩に関しては「腱板(ローテーターカフ)」があり、具体的には棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋という4つの筋肉が知られています。これら4つの筋肉は腕を捻るなど細かい動作の時に使われる筋肉であり、大きな力を発揮するような筋肉ではありません。ですのでこれらの筋肉で無理やり大きな筋肉の機能をカバーをする形になる訳です。それによって細い筋肉はすぐに疲れてその機能を失ってしまうでしょう。それが続くと周囲の炎症や筋肉の凝り固まりが更に進行し、大きな筋肉の血流が滞る事で慢性化していきます。それが長続きする肩凝りや肩関節の痛みへと繋がります。

これを防ぐためにはやはり肩や首、背中の筋肉を日常的に使って動かす事が重要です。同じ姿勢で何時間もいるような場合には意識的に体を動かすようにしましょう。尚、この記事の続きはこちらからどうぞ→肩・肩甲骨周りのストレッチについて


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村