低身長症の基準と成長曲線について

何らかの原因によって平均よりも身長が低くなってしまう事を「低身長症」と言います。「症」と付いている通り、その原因によっては病気の一つです。この低身長症には基準があり、その基準よりも明らかに身長が低い場合には実は病院で治療を受ける事ができます。ここではその基準について私なりに考えた事を書いてみます。長文となっていますがご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

成長期.png

低身長症の基準と標準偏差について

前述した通り低身長症はその基準を満たす事ができれば治療を受ける事ができますし、仮に基準を満たしていなくても病院によっては治療を受ける事ができる場合があります。しかしその事を知らない親が多く、例え低身長症でもそのまま放置されるケースも多いです。特にアジア人は全体的に小柄な人種なので、親や本人が気にしない場合もあるために見逃されがち(先天的な遺伝子の異常などによって他の病気と併発している場合には治療が受けられない事もある)なので注意しましょう。

低身長症の基準は具体的には『同性かつ同年齢の平均身長と比べて「-2SDより低い」場合、またはそれに近い身長で治療が必要な場合』に治療を受ける事ができます。この「SD」というのは少々難しい用語ですが、統計で使われる「標準偏差」と呼ばれるもので、「平均身長と比べてどれだけバラつきがあるか」を示しています。この「SD」が大きいほど「平均身長と比べてバラつきが大きい」という事なので、「-2SD以下」は平均身長と比べるとかなり身長が低い部類に入ります。日本人全体で考えると、約95.4%の人が「-2SDから+2SD」で標準の範囲内に入り、残りの約2.3%の人が「+2SD以上」で標準よりも高い身長、更に残る約2.3%の人が「-2SD以下」で標準よりも低い身長になるとされています。すなわちこの「-2SD以下の身長」であれば低身長症の治療を受けられる可能性がある訳です。

その低身長症の人は全体では約2.3%しかいませんが、特にその内の約10%は「成長ホルモンの分泌異常」と言われています。それを踏まえて考えると例えば2013年の出生数は約103万人ですので、103万人の内の「約23700人が-2SD以下」で低身長症の治療が必要となる可能性がある人となり、更にその内の「約2370人」は「低身長の治療が確実に必要な人」という事になります。もちろんこれは成長過程において自然に改善される事もあるため、年齢が進むにつれて低身長の治療が必要な人の割合というのは小さくなっていきます。しかしながら毎年2千人以上の子どもに対して治療が必要になる可能性があるという事ですから、数字だけを見れば現状としてかなりの人が見落とされてそうです。自分の子どもが毎年生まれる2千人の中に入る可能性は十分ありますし、むしろ入っている事を想定する必要があると私は思います。

低身長症の治療というのは「早期に行なうほど効果があり、身長の伸びが止まってしまった大人では治療する事が困難」なため、できるだけ早期に両親が気付き、治療を受けさせてあげる必要があります。子どもは「これから大きくなるよ」と言っている内にあっという間に年齢が進んでおり、気付いた時にはもう遅いなんて事も多いです。そういう意味でも親には子どもの人生を左右する大きな責任があり、その点を十分に理解した上で子育てをしていくべきではないでしょうか・・・まぁ私が他の家庭に対してとやかく言う権利はないですけど、この事を考えれば例えば「勢いでのデキ婚」など絶対にあり得ないと私は思います。


男性・女性の平均身長と−2SD以下の身長を記した表について

空白 男性 女性
年齢平均身長−2SD以下平均身長−2SD以下
0歳0ヶ月49.0(cm)44.7(cm)48.4(cm)44.2(cm)
0歳1ヶ月53.549.152.648.4
0歳2ヶ月57.953.456.752.4
0歳3ヶ月61.456.960.055.6
0歳4ヶ月64.259.662.658.2
0歳5ヶ月66.261.664.660.1
0歳6ヶ月67.863.166.261.6
0歳7ヶ月69.264.467.562.9
0歳8ヶ月70.565.668.964.1
0歳9ヶ月71.766.770.065.2
0歳10ヶ月72.867.871.266.3
0歳11ヶ月73.968.872.367.4
1歳75.069.873.468.4
2歳85.479.484.378.4
3歳93.386.492.285.5
4歳100.292.599.591.9
5歳106.798.1106.297.7
6歳113.3103.8112.7103.4
7歳119.6109.4118.8108.8
8歳125.3114.7124.6113.8
9歳130.9119.7130.5118.7
10歳136.4124.6136.9123.9
11歳142.2129.0143.7130.3
12歳149.1133.9149.6137.0
13歳156.5140.7153.6142.2
14歳162.8148.6156.0145.2
15歳167.1154.7157.1146.5
16歳169.4157.8157.5147.1
17歳170.8159.2158.1147.5

この表は平均身長と−2SD以下の身長を分かりやすく記したものです。まずはこの表を少しだけ分析してみましょう。

ご覧いただくと分かるかと思いますが、特に生後3年ほどは物凄く勢い良く身長が伸びています。よってまずこの時期に「どれだけ身長を伸ばす事ができるか」というのが、後々の身長にも大きく影響してきます。この時期は主に母乳を飲んで成長していくため、「母親の体調が万全であり、母乳に十分な栄養が含まれている」事が極めて重要になるでしょう。また「乳離れをしても十分な栄養を摂る事ができる」事も重要になり、子どもの身長を高くしたいのなら、生まれてすぐから対策をしなければならないという事がよく分かるかと思います。更に言えば「生まれた時点での身長」も極めて重要になります。生まれる前(子どもがお腹の中にいる間、妊娠する前)から、胎児が大きく育つような対策もしておくべきという事です。

そこからしばらく経つと男性は13歳頃、女性は12歳頃で身長の伸びがピークを迎えており、その前後では男性も女性も思春期を迎えています。この思春期を迎える時期というのは人によって差はありますが、実は思春期中に伸びる身長というのはそれほど個人差がないと言われています。もちろん急に20cm以上伸びる等例外はありますが、神頼みをした結果身長が伸びなかったら後悔するだけです。それに加えて思春期を過ぎるとその後は急激に身長の伸びが悪くなっており、大人になれば身長はほとんど伸びなくなります。ですので身長を伸ばすためには「思春期を迎える前までにどれだけ身長を伸ばす事ができるか」が非常に重要になってきます。別の言い方をすれば「思春期を遅らせる事で身長が伸びる期間を長くする事ができる」という事であり、それを可能にする規則正しい生活習慣の積み重ねこそが最終的な身長に大きな影響を与えます。当ブログでは何度も言っていますがこの表を見るとその事がよく分かりますね。


実際に成長曲線を作ってみましょう

「成長曲線」とは前述した「平均身長」と「-2SD以下の身長」をグラフ化し、実際に自分の身長が「平均身長や低身長症の基準」と比べてどの位置にあるのかを見やすくしたものです。これは誰でも簡単に作る事ができますので試しに作ってみましょう。

まず適当な紙を用意し、大文字の「L(エル)」のような直線を紙の左側に書き、横に引っ張った線を右へ、縦に書いた線を上に真っ直ぐ伸ばしておきます。この時、横と縦の線が交わる点より左や下には線を伸ばさないで下さい。続いて一番下にある横線の「下」に0歳(縦と横の線が交わる場所の下) 1歳 2歳 3歳・・・(データがあるのであれば20歳まで)というように、隣同士の間隔が均等(1cm程度)に離れるよう順番に「年齡」を書いていきます。それを書いたら、それぞれ書いた年齢のちょうど上に垂直になるよう縦線を伸ばします。ただし一番下にある横線よりも下には伸ばさないで下さい。

そして今度は一番左にある縦線の左側に30cm 40cm 50cm・・・というように、上下の間隔が均等になるよう順番に身長を書いていきます。それぞれの間隔が均等に離れるよう書き込むと分かりやすいです。刻む身長は伸ばす目標(190cmなど)まで刻んでおきましょう。それが書けたら、それぞれ書いた身長のちょうど横に真っ直ぐ線を伸ばします。ただしこれも一番左にある縦線よりも左には線を伸ばさないで下さい。

これでとりあえず表ができましたね。できた表には最初に「平均身長(前述した表を参考に)」を書き込みます。例えば「男性が6歳0ヶ月」の時の平均身長は「113.3cm」となっているのでこれを今作った表に書き込み、グラフ化していきましょう。書き込み方としては、まず一番下に書いた横線の「下」に書いておいた「6歳」の場所を確認します。6歳の時の身長はこの「6歳」の上に垂直に書いた縦線の上に印をつける事になります。続いて一番左にある縦線の「左」に書いておいた「110cm」の場所を確認し、6歳の縦線とちょうど交わる点まで視線を横にずらします。そして110cmの線の少し上(身長によって調節する)に黒い丸で印をつけ、その丸い印の下(分かりやすい位置)に「113.3cm」と書きます。そのようにして年齢とその時の平均身長を表に全てチェックしていきましょう。

全ての丸い印を書き込んだら隣り合う丸い印を直線で結んでいき、全て結べば平均身長のグラフは完成します。続いて同じようにして、「-2SDの身長」の値も書き込めば完成です。この状態で何枚か紙をコピーしておくと、二人目三人目と子どもを育てる際にも使う事ができます。自分で作るのが難しい場合には次の例を参考にして下さい。


<上記表の男性の値を入力したエクセルのグラフ(画像です)>

seicho.JPG

※尚、前にある平均身長の値と-2SDの値を記した表では0〜1歳の間を1ヶ月刻みにしていますが、このグラフはあくまで一例なので省略しています。ご了承下さい。実際にグラフを作る際には0〜1歳の間だけは1ヶ月刻みにしましょう。

このような感じで表ができたら最後に実際の身長の値を書き込んでみましょう。これまでと同じように丸い印をつけて隣同士を線で結び、その印の下に身長の値を書き込みます。書き込んでみると「平均身長と比べて身長がどの位置にあるか」「-2SDを下回っているかどうか」という事をすぐに確認する事ができます。何度も言うように低身長の治療は早いほど効果が良く、遅いと治療が難しくなってしまいます。早期に治療を受けるための参考にして下さい。


低身長の基準が分かると健康や美に対する考え方も変わる

成長曲線の表を作る事によって「低身長の基準」を把握する事ができると、例えばメディアでよく顔を見る芸能人の中に、明らかに「-2SD以下」と思われる低身長の人がたくさんいるという事が分かるようになります。特に最近の女性「アイドル」とされている人たちにはその徴候が多く見られます。その人たちは「ホルモンバランスの崩れ」が原因による低身長の可能性があり、それは生活習慣に対する考え方や健康・美に対する考え方が偏っている証拠と言えるのです。例えばそのような人たちがメディアでよく「美」について語るという事があると思いますが、途端に説得力が欠けて見えてくると思います。こちらが知識をつけた事によって「美や健康に対する考え方が偏っている」という事に気付き、「何が健康で何が美しいのか」という考え方が大きく変わるからです。

成長曲線の表を作る事によって「年齢別の平均身長」や「低身長症の基準」を把握する事ができると、例えばメディアでよく顔を見る芸能人の中に、明らかに「-2SD以下か?」と思われる人がたくさんいるという事が分かるようになります。特に最近の「女性アイドル」とされている人たちにその徴候が多く見られます。

もちろん身長には遺伝も関係していますが全てが遺伝によって決まるのではなく、身長は生活習慣による影響も強く受けています。よってその人たちの中には「ホルモンバランスの崩れ」が原因による低身長の人もいるはずで、その身長は「生活習慣に対する考え方や健康・美に対する考え方が偏っている」証拠とも言えるのです。例えばそのような人たちがメディアでよく「美」について語るという事があると思いますが、そのように考えれば途端に説得力が欠けて見えてくると思います。何故ならこちらが知識をつけた事で「その人の美や健康に対する考え方が偏っている」という事に気付き、「何が健康で何が美しいのか」という考え方が変わるからです。

低身長症の基準を把握すると、まずそういった「健康や美に対する考え方が間違っている人たちが世の中には大勢いる」という現状に気付かされ、その事に危機感を抱くようになるはずです。それが今まで自分が当たり前だと思っていた知識、認識、考え方などを改めるための良いきっかけになるのではないでしょうか。当たり前とされる事をそのまま受け入れるのではなく、あらゆる事に対して疑問を持つ事が身長を伸ばすためには重要なのです。日本人にはその意識が欠けていると私は思います。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村