身長は遺伝だけで全てが決まる訳ではない

身長は遺伝による影響を強く受けると言われています。しかし「全て」が遺伝で決まってしまう訳ではないはずです。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

オリンピック.png

親の身長から子どもの身長を予想してみよう

身長に強く影響を及ぼす要素があります。それが「遺伝」です。もちろん単に「遺伝」と言っても親からの遺伝や祖父母からの遺伝など様々ですが、ここでは影響を受けやすい「親からの遺伝」をテーマにします。

これはあくまで目安ですが、下記は自分の身長の算出式です。

「男性の身長=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2」
「女性の身長=(父親の身長+母親の身長−13)÷2+2」

この計算式は「親の身長を元にして子どもの身長を想定する」というものです。例えば身長170cmの父親と160cmの母親から生まれた子どもの身長を想定してみると、男の子の身長は(170+160+13)÷2+2となり173.5cmと想定できます。女の子の身長も同じようにして(170+160−13)÷2+2となり160.5cmと想定できます。このように両親の身長によって、計算式から得られる子どもの身長は大きく変わってきます。言うまでもない事ですが、これは「両親からの直接の遺伝による影響が大きい」という事を意味しています。ご興味のある方は計算結果と現在の自分の身長を比べてみて下さい。


現在の身長になった要因を分析してみよう

計算式の答えと実際の身長との差(身長の伸びが止まった時の身長)は、両親からの遺伝が強く出るほど差が生まれないようになっています。しかし例外もあって、中には答えと実際の身長との差が数10cm以上違ってしまう場合もあるようです。もし自分が若い頃に身長の低さで悩んでいて、いざ子どもを持つ親になった時、その「何故親の身長と大きな差が生まれたのか」を分析する事が、子どもが同じ悩みに取り憑かれないためには重要になります。子どものためにも生まれる前から対策を考えておきましょう。

例えば計算結果と比べて実際の身長が高い場合に考えられる原因としては・・・、
・親の身長が実際にはもっと高かった可能性がある
→両親は食習慣や睡眠習慣等の遺伝以外の何らかの要素によって身長が低くなっていた可能性がある
・両親ではなく祖父母や曾祖父母からの遺伝が強く影響した
→身長の高い祖父母や曽祖父等からの遺伝の方が親からの遺伝よりも色濃く出た可能性がある
・両親や祖父母など家系的に身長が低いため、考えられる原因が見つからない
→本人の生まれ持った遺伝子が良い影響を与えた、あるいは身長の伸びに良い生活習慣をしていた
等が挙げられます。

逆に計算結果と比べて実際の身長が低い場合に考えられる原因としては・・・、
・親の身長が遺伝的にはもっと低かった可能性がある
→両親は食習慣や睡眠習慣等の徹底した生活習慣によって身長が高くなっていた可能性がある
・両親ではなく祖父母や曾祖父母からの遺伝の方が強く影響した
→身長の低い祖父母や曽祖父等からの遺伝の方が親からの遺伝よりも色濃く出た可能性がある
・両親や祖父母など家系的に身長が高いため、考えられる原因が見つからない
→遺伝子の組み合わせによって身長に悪く影響してしまった、あるいは不摂生な生活習慣をしていた
等が挙げられます。


遺伝子は見た目だけでは判断する事はできない

何度も言うように、確かに身長は両親からの遺伝による影響を強く受けます。しかし全てが遺伝で決まってしまうとすれば、上記のように「遺伝以外の要素による大きな差」は生まれないはずです。また貴方の両親も、実際には「遺伝子的に身長が高くなる可能性」があったのに、生活習慣の乱れによって身長が低くなってしまった可能性だってある訳です。誰も見た目だけで「両親が身長の低い遺伝子を持っている」と決めつける事はできませんから、決して「その両親の子どもである自分が両親と同じように低い身長になる」とは限らないはずです。

子どもを育てる際、親は「遺伝だから」とすぐに諦めてしまう事があります。実際に私の親がそうでした。しかし身長は早々に「生活習慣」を改善する事ができれば、少なくとも改善しないよりはマシな結果が付いてきます。最終的な身長が167cmになるのと170cmになるのとでは大きく違いますよね?それが177cmと180cmでは尚更です。生活習慣の徹底によって数cmでも変える事ができれば人生は大きく変わるのです。何もせずに諦めてしまう事の方がよっぽど身長の伸びに悪影響を与えるでしょう。


身長が数cm違うだけで人生は大きく変わる

私は男ですので、まずは男性目線で話したいと思います。日本人男性の場合、自分と同じぐらいの身長か自分よりも身長の低い女性を好きになる傾向が強くあります。前述のように身長は遺伝による影響を受けるはずで、本能的に優秀な遺伝子を求めるのであれば矛盾していますが、これはおそらく男として見栄を張りたいからでしょう。一方、女性の場合、せめて自分と同じぐらいの身長か、自分よりも身長の高い男性を好む傾向があります。これは日本人女性は元々身長が低いため、見た目ですぐに分かる優秀な遺伝子を求め、かつ自分の遺伝子を後世に残したいからです。また身長の高い男性は一般的にスタイルが良く見え、それも多くの女性の好みと合致しているからでしょう。筋骨隆々や肥満体型を好みとしている人は残念ながら男性も女性も少ないのです。

これを踏まえると、日本人男性は少なくとも「女性よりも身長が高い」の方が「モテる」事ができ、「女性を選ぶ幅が広がる=優秀な遺伝子を探す事ができる」という意味では非常に有利に働くと言えると思います。ただし自分よりも身長の高い女性を好む男性はかなり珍しいので、実際にはあまり当てはまりません。一方、女性は身長が高ければ「身長の高い女性を好む男性」と出会う事ができ、身長が低ければ身長の低い女性を好む男性と出会う事ができます。前述のように男性は自分よりも身長の低い女性を好む人の方が多いので、身長の低い女性の方がモテる事になります。逆に身長の高い女性を好む男性は身長が高い、イケメン、お金を持っているなどの傾向が強く、そのような男性と出会う事ができる確率が高まります。人生勝ち組です。

身長の伸びが止まっていないような年齢ではイメージできない事かもしれませんが、将来彼氏・彼女になる相手、あるいは夫婦の関係になる相手が、自分の身長がたった数cm違うだけで変わるんですよ?これは非常に大きな差だと思います。だからこそ子どもの健全な成長には家庭環境そして親の教育が重要になるのです。

最後に。上記の計算式で算出した結果と自分の現在の身長を比べ、もしもその値が大きく違う場合には「遺伝よりも生活習慣に原因がある可能性がある=改善する余地がある」とプラスに考えるべきです。「両親の身長が低いから自分も低い」とわざわざマイナスに考え、まだ身長が伸びているにも関わらず早々に諦めてしまったり、全てが遺伝子だけで決まってしまう訳ではないにも関わらず、敢えて不規則な生活習慣をするのは非常にもったいない事です。改善できる部分は改善し、自分ができる事からしましょう。そして若い頃悩んでいた親自身も、子どもの将来を考え、今子どものためにできる事をしましょう。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村