全ての遺伝子が見た目に現れる訳ではない

身長に強く影響を与える要素があります。それが「遺伝」です。しかし遺伝子の中には見た目には現れない遺伝子もあり、「全て」が遺伝だけで決まってしまう訳ではありません。この記事では「遺伝」という言葉に対する考え方について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、単に「遺伝」と言っても、親からの遺伝や祖父母からの遺伝など様々です。この記事では影響を受けやすい「親からの遺伝」をテーマにします。

オリンピック.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



親の身長から子どもの身長を予想してみよう

publicdomainq-0008236.jpg

これはあくまで目安なのですが、両親の身長から自分の身長を予測するための計算式があります


「男性の身長=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2」
「女性の身長=(父親の身長+母親の身長−13)÷2+2」


この計算式は前述したように「親の身長を元にして子どもの身長を予測する」ためのものです。例えば身長170cmの父親と、身長160cmの母親から生まれた子どもの身長を計算してみると、男の子の身長は(170+160+13)÷2+2となり173.5cmと出ます。また女の子の身長も同じようにして(170+160−13)÷2+2となり160.5cmとなります。

つまり両親の身長が高ければ高いほど、その子どもの身長も高くなり、逆に両親の身長が低いほど、その子どもの身長も低くなります。言うまでもない事ですが、これは「両親からの遺伝による影響が大きい」という事を意味しています。ご興味のある方は計算結果と現在の自分の身長を比べてみると良いでしょう。



現在の身長になった要因を分析してみよう

前述した計算式の結果と、実際の身長との差(身長の伸びが止まった時の身長)は、両親からの遺伝が強く出るほど、差が出ないようになっています。しかし例外もあって、中には計算結果と実際の身長との差が10cm以上違ってしまう場合があるようです。これは親目線の話ですが、もし自分が若い頃に身長の低さで悩んでいて、いざ子どもを持つ親になった時、その「何故親の身長と大きな差が生まれたのか」を分析する事が重要です。自分の子どもが同じ悩みに取り憑かれないためにも、できるだけ早くから対策を考えておきましょう。


そして実際にそれを簡単に分析してみますが、例えば計算結果と比べ、実際の身長が高い場合に考えられる理由としては、
・親の身長が実際にはもっと高かった可能性がある
→両親は食習慣や睡眠習慣等、遺伝以外の何らかの要素によって身長が低くなっていた可能性がある
・両親ではなく、祖父母や曾祖父母からの遺伝が強く影響した
→身長の高い祖父母や曽祖父等からの遺伝の方が、親からの遺伝よりも色濃く出た可能性がある
・両親や祖父母など家系的に身長が低いため、考えられる原因が見つからない
→本人の生まれ持った遺伝子が良い影響を与えた、あるいは偶然にも身長の伸びに良い生活習慣になっていた
などが挙げられます。


逆に計算結果と比べ、実際の身長が低い場合に考えられる原因としては・・・、
・親の身長が遺伝的にはもっと低かった可能性がある
→両親は食習慣や睡眠習慣など、徹底した生活習慣によって偶然身長が高くなっていた可能性がある
・両親ではなく、祖父母や曾祖父母からの遺伝の方が強く影響した
→身長の低い祖父母や曽祖父等からの遺伝の方が、親からの遺伝よりも色濃く出た可能性がある
・両親や祖父母など家系的に身長が高いため、考えられる原因が見つからない
→遺伝子の組み合わせによって身長に悪く影響してしまった、あるいは不摂生な生活習慣をしていた
などが挙げられます。

これらはあくまで一例であり、そもそも前述した計算式自体、完全に正確なものではありません。しかしそれでもこれだけ考えられる事があります。遺伝と早々に決めつけてしまうよりも、まずは分析し、自分ができる事から始めるべきではないでしょうか。



遺伝子は見た目だけでは判断する事はできない

publicdomainq-0002719eiq.jpg

確かに身長は両親からの遺伝による影響を強く受けます。しかし全てが遺伝で決まってしまうとすれば、前述のように「遺伝以外の要素による大きな差」は生まれないはずです。どこかに不確定要素は必ずあり、その理由を分析する事が重要です。

特に貴方の両親の身長が低い場合、実際には「遺伝子的に身長が高くなる可能性があった」のに、生活習慣の乱れによって身長が低くなってしまった可能性はゼロではありません。「私が小さいから貴方も小さい」と言い聞かせられて育てられた人もいるかもしれません。しかし遺伝子はその全てが見た目に現れる訳ではありません。親の身長が低いからと言って、子どもの身長が同じになるとは限らないのです。

また例え優秀な遺伝子を持っていたとしても、食事や睡眠が疎かになっていたら、その遺伝子は力を発揮できません。自分の持つ遺伝子を最大限に利用するためには、それを利用するための行いが必要です。そこそが生活習慣なのです。もし毎日の行いによって身長が数cm違ったら、人生は大きく変わります。例えば最終的な身長が167cmになるのと170cmになるのとでは大きく違いますよね?それが177cmと180cmでは尚更です。諦めたらそこで終わりです。



身長が数cm違うだけで人生は大きく変わる

TAKEBEIMGL3496_TP_V.jpg

日本人男性の場合、自分と同じぐらいの身長か、自分よりも身長の低い女性を好む傾向にあります。身長は親からの遺伝による影響を強く受けるはずで、もし本能的に優秀な遺伝子を求めるのであれば、自分より身長の高い女性を選ばないと矛盾してしまいますが、これはおそらく「男」として見栄を張りたいからだと思われます。男性は女性よりも社会に出た時の出世欲を強く持っています。しかし能力によっては上の立場になれない事もあり、社会では下の立場になる事が多い場合、プライベートではその欲が出てしまうのです。つまり男性は遺伝子よりも自分の「好み」で選ぶ事が多い訳です。単純と言えば単純です。

一方、日本人女性の場合、せめて自分と同じぐらいの身長か、自分よりも身長の高い男性を好む傾向があります。また一般的にも後者の方が多いと思われます。これは何故かというと、特に女性は男性と比べ、平均身長が10cm以上も低いです。そのため単に「自分よりも身長の高い男性の方が多い」という事が理由になっているのです。女性の周囲には自分よりも大きな男性の方が多く、その人を好きになる=それがたまたま「好みの基準になる」という事は十分にあり得る事ですからね。ただし身長の高い男性はスタイルが良く見えると思います。特に自分のスタイルを気にしている女性は多く、そのスラッとしたスタイルは多くの女性にとって憧れなので、それは「好み」にも繋がっています。もちろん本能的な部分もありますが、周囲の人から見れば「本能や見た目で選んでいる」というようにマイナスに捉えられる事も多いです。

ちなみに「顔」に関して言えば、イケメンや美女は身長に関係なくモテます。ただしいくら顔が良くても、極端なスタイルの場合にはモテない事があります。例えば男性の場合、世界的には痩せ型でも肥満体型でもなく、実はグラマー体型の女性を好む人の方が圧倒的に多いです。そのため例え顔の良い女性でも、スタイルが極端な痩せ型だったり、自分よりも身長が高い場合、モテない事が多いです。ただし日本人女性ではそもそもグラマー体型の方が珍しく、憧れは持っていても実際に出会う可能性は低いので、実際の日本人男性の女性に対する好みは個人差が大きく出ます。

一方、女性は世界的には筋骨隆々な男性を好む人の方が圧倒的に多いです。海外で支持されている俳優の体型を見ればよく分かるかと思います。すなわち女性もどちらかと言えばグラマーな体型の男性を好む訳です。ただし例外もあって、ボディビルダー並みに極端な筋肉だと逆にモテません。またボディビルダー並み以前に、そもそも日本人男性は筋骨隆々の男性が少ないので、憧れは持っていても実際に出会う可能性は低いです。そのため実際の日本人女性の男性に対する好みも、やはり個人差が大きく出ます。


少し話が脱線してしまいましたが、これらを踏まえて更に考えてみると、日本人男性は少なくとも「女性よりも身長が高い」人の方が「モテる」という事になります。また周囲にいる自分のライバル(男性)よりも身長が高いほど、女性と出会う機会は増え、自分の遺伝子を後世に残す可能性が高くなります。これは別の言い方をすると、「身長によって自分の出会う事のできる女性が変わる=人生を左右する」という事です。一方、身長の低い男性は、自分よりも身長の低い女性からは好かれますが、自分よりも身長の高い女性からは、男性として見てもらえない事が多いです。つまり女性と出会う機会が減る訳ですから、その分だけ、自分の遺伝子を後世に残す可能性が低くなります。このように男性のい身長はより高い方が得をする事が多いです。

しかし日本人女性の場合は逆で、身長が高ければ高いほどモテず、男性と出会う機会が減り、自分の遺伝子を後世に残す可能性も低くなります。もちろん「自身の身長よりも更に身長の高い男性と出会う機会がある」という事ではありますが、自身の身長が180cmやそれ以上になると話は変わってきます。何故なら、そもそも日本人男性は平均身長が170cm前後しかなく、180cmを超える人の方が少ないからです。そのため女性の場合、男性の平均身長と同じぐらいの170cm前後が最もモテると思います(前述したように日本人女性の平均身長は160cmに満たないので、そのような女性はかなり珍しい)。ただし男性の中には「身長の高い女性を好む」人もいるため、身長の高い女性はそのような男性からは一方的な好意を向けられる事になります。

また男性と女性に共通する事として、極端に身長が高い場合は別ですが、高身長は見た目で大きくプラスの評価になる事が多いです。ここで言う「見た目」とは、例えば高校入試の面接、大学入試の面接、バイトの面接、正社員の面接などが挙げられます。プラスに働けば、入学する事のできる学校や、入社する事のできる会社の選択肢が増え、それによっては、やはり出会う事のできる人間も変わる訳です。当然お金や時間の使い方も大きく変わるはずです。

つまり自分の身長が数cm違うだけでも、これだけ人生に大きな影響を与えるのです。だからこそ、できるだけ早い時期から対策をすべきなのです。それができるのは親だけであり、その責任は重大です。まだ子どもがいない場合には子どもを生む前に、子どもがいるならできるだけ早く、今何ができるか、今何をすべきかを考えましょう。



参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

タグ:才能 遺伝
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村