アルギニンで身長は伸びるのか?その効果について考える

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長期の子どもでは必要不可欠な栄養素と言われています。この記事ではそんなアルギニンについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

食事.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



アルギニンは準必須アミノ酸?

タンパク質は様々な種類のアミノ酸から作られています。その中でも「必須アミノ酸(全9種類)」は体内だけでは必要量を補う事ができない上、タンパク質を作る上で必ず使われる、なくてはならいアミノ酸です。そのため常に補給し続けなければなりません。ただ単にタンパク質をたくさん摂取するだけではなく、必須アミノ酸をバランス良く摂取する事が重要です。それが体を大きくする鍵になります。


一方、そんな必須アミノ酸以外のアミノ酸の中にも、重要な役割を持っているアミノ酸がたくさんあります。特に身長を伸ばす上では「アルギニン」というアミノ酸が重要です。このアルギニンというアミノ酸、実はコラーゲンの合成や成長ホルモンの分泌に関わっていると言われています。既に過去の記事で説明したように、コラーゲンは皮膚以外にも様々な組織に存在します。身長を伸ばすためには骨はもちろん、骨以外の様々な組織も一緒に成長する必要があり、コラーゲンの合成がスムーズである事は非常に重要です。アルギニンはそれをサポートします。

またアルギニンはその重要な役割から成長期では必要量が増えます。大人では必須アミノ酸から体内で合成する事ができるのですが、幼少期ではその合成能力が未発達なため、食事から補う必要があると言われています。この事から、アルギニンは「準必須アミノ酸」とも呼ばれており、不足すると成長に悪影響、すなわち身長の伸びが悪くなる可能性が高いです。

成長期には「カルシウムを摂取すべき」とか、「ご飯をたくさん食べるべき」という事はよく言われるのですが、アルギニンは何故かあまり認知されていません。意識的に摂取すべきでしょう。



アルギニンの摂取による血流の改善

アルギニンは「尿素回路」を回すためにも使われると言われています。この尿素回路というのは、簡単に言えば「尿」を作ってそれを排出するためのサイクルの事です。特にタンパク質を代謝する過程ではアミノ酸から窒素ができ、その窒素からアンモニアが作られます。しかしアンモニアは人体にとって有害であり、それが蓄積するのは健康上良くないので、できるだけ速やかに排出しなければなりません。そんなアンモニアを分解して尿素を作るのが尿素回路の役割です。

またアルギニンを補給する事のできるサプリメントの中には「オルニチン」や「シトルリン」といった別のアミノ酸が含まれている事があります。このオルニチンやシトルリンもアルギニンと一緒に尿素回路の中で働くアミノ酸です。コラーゲンの合成に関わるアルギニンとは違い、オルニチンやシトルリンは直接タンパク質の代謝に関係する訳ではありませんが、タンパク質の代謝を行った後にできる老廃物の排出をスムーズにする役割があります。


ちなみに尿素回路ではオルニチンからシトルリンに変換、シトルリンからアルギニンに変換、アルギニンからオルニチンに変換され、そうして変換する過程で、アンモニアを尿素へと変換し、それを排出します。アンモニアは前述のようにアミノ酸からできます。

ただしアンモニアはそのままの形で尿素回路まで運搬されてくる訳ではなく、一旦アンモニアとグルタミン酸(アミノ酸の一種)を結合させる事でグルタミン(これもアミノ酸)に変換し、その状態にしてから運搬されます。そうしてグルタミンとしてアンモニアを運搬した後、肝臓でアンモニアを遊離させ、それを尿素回路へ運びます。一方、アンモニアを遊離したグルタミン酸は神経伝達物質(グルタミン酸は脳の血液関門は通過できないが、グルタミンは通過できる)などとして使われ、再びアンモニアと結合させる事でグルタミンとし、アンモニアの運搬に再利用されます。このためグルタミンやグルタミン酸の役割も重要です。

では、その尿素回路及びアルギニンがどうして「血流の改善」に繋がるのか?についてですが、実はアルギニンが変換される際に「一酸化窒素(NOと呼ばれている)」という物質が作られると言われています。これは血管を拡張させる作用のある物質で、これによって周囲にある筋肉及び血管を緩め、血流を促す事ができると言われています。この作用を目的として、ボディビルダーなどでは意識的に摂取している人もいるようです。



アルギニンを多く含む食品はあるのか

納豆.jpg

前述のようにアルギニンはアミノ酸の一種ですが、必須アミノ酸から体内で合成する事ができます。そのためアルギニンは単純に「タンパク質を多く含む食品」を食べる事で補給する事ができます。すなわち肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品などを定期的に食べると良いでしょう。

一方、アルギニン単体を含む食品もあります。例えば豆類(大豆他)、ナッツ類(ゴマ他)、白子、豚軟骨、牛スジ、牛テール、鳥軟骨、手羽先、スッポン、白身魚(スケトウダラ他)、フカヒレなどです。その中でも特に白子(魚の精巣の事)に多く含まれていると言われています。またそのようにコラーゲンを豊富に含む食品からも摂取できます。

ちなみにコラーゲンはそれを抽出した粉末が売られており、これも摂取源になります。また単純にアルギニンのサプリメントでも摂取できます。尚、コラーゲンやアルギニンを口から摂取する事で効果があるのか?と思われますが、少なくとも材料を補給する事はできます。またコラーゲンはタンパク質、そしてアルギニンはアミノ酸なので、そもそも大きな害が出るようなものではありません。摂取して損は少ないはずです。



アルギニンに関するオススメの商品まとめ

ここではアルギニンを補給する事ができる商品を紹介しています。参考までに。

バルクスポーツ シトリックアルギニン

アルギニンを補う事ができるサプリメントです。1〜2gを小分けにし、間食時及び空腹時に摂取すると良いと思われます。
ネオセル コラーゲンパウダー
collagen-powder.jpg
これはコラーゲンの粉末です。摂取量の目安はありませんが、1回数gを小分けにして摂取すると良いでしょう。尚、摂取の際にはパイナップルジュースに入れて溶かし、少し時間を置いてから飲む事をオススメします。パイナップルには蛋白質分解酵素が含まれており、これによってコラーゲンの分子がバラけ、コラーゲンに多く含まれるアミノ酸の吸収率を高める事ができます。
おかめ納豆 ひきわり納豆

大豆のような豆類にもアルギニンは含まれています。特に大豆は蛋白質やマグネシウムを豊富に含んでいます。また中でもひきわり納豆はカルシウムの吸収を促すビタミンKが豊富です。
食塩無添加ミックスナッツ 360g
食塩無添加ミックスナッツ 360g
アーモンド、カシューナッツ、クルミ、マカデミアナッツ、ピカン、ピスタチオが食べられるナッツです。ナッツ類もアルギニンを多く含む食品ですが、カロリーが高く脂肪分も多いので食べ過ぎには十分注意が必要です。間食で少しつまむ程度にしましょう。


参考記事一覧


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村