ビタミンDを摂って身長を伸ばそう

骨を効率良く作るためにはカルシウムが必要ですが、そのカルシウムの吸収を促してくれるのが「ビタミンD」というビタミンです。ここではそのビタミンDについて私なりに説明しています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

太陽.png

カルシウムだけを摂っても意味がない

カルシウムはそのままでは吸収率が悪いとされています。何故ならカルシウムだけでは骨を作る事ができないからです。例えば「リン」というミネラル。リンも骨にとって必要不可欠なミネラルの一つですが、摂り過ぎると逆に骨からカルシウムを溶け出させると言われています。特にこの「リン」は食品添加物に使われており、加工食品に多く含まれています。そのため普段特に意識しなくても摂る事ができ、気付かずに摂りすぎてしまう事があるのです。更にダイエットや健康に良いとされている「食物繊維」にも、実はカルシウムの吸収を阻害する効果があると言われています。もちろん糖や脂肪、塩分の多い食事を摂る事で体に不要な物が溜まれば、カルシウムの吸収はますます悪くなってしまうでしょう。参考記事→骨=カルシウムではない

このようにカルシウムは他の栄養素によって吸収を邪魔される事が多く、そのためにビタミンDのようなカルシウムの吸収を促す栄養素が必要なのです。ちなみにカルシウムは「ビタミンK」というビタミンによっても吸収を促進する事ができます。またカルシウムはマグネシウムと2:1ぐらいの割合になるように摂る事で、効率良く骨の材料として使う事ができると言われています。カルシウムは身長を伸ばすために必要と言われますが、このように単に「カルシウムを摂るだけ」では意味がないのです。


ビタミンDを摂るためにはどうしたら良いか

ビタミンの中には体内で作る事ができるものがありますが、実はビタミンDも体内で合成できると言われています。特にビタミンDは太陽光に当たる事によって合成できると言われており、ビタミンDを作りカルシウムの吸収を促すためには、日常的に外へ出て運動をしたり、散歩や日光浴をするなどが重要になります。学生の方々は通学以外にどれだけの時間、外で太陽の光を浴びているかを考えてみて下さい。学校に通っていると言っても勉強を行うのは室内ですし、家から帰れば最近の子どもはあまり外では遊ばないと言われているので、意外と光を浴びている時間が少ない人が多いはずです。日常的に外へ出て太陽の光を浴びるようにしましょう。

このビタミンDですがもちろん食事からも摂る事ができます。ビタミンDを多く含む食べ物というとイメージが付きにくいかもしれませんが、食品ではシラス干し(ちりめんじゃこ)、イワシ、身欠きニシン、スジコなどに含まれており、特にアンコウの肝やキクラゲに多く含まれています。ただしこういった「食品だけで必要量を摂る」のはかなり厳しいので、ビタミンDを摂るためにはやはり日光を浴びるのが一番です。


ビタミンDを含むオススメの商品について

もし不足が心配される方は以下のような商品をオススメします。ただしビタミンDは脂溶性ビタミンのため体に蓄積しやすく過剰摂取のリスクがあります。摂り過ぎには十分注意しましょう。尚、脂溶性ビタミンは脂肪と一緒に摂る事で吸収率が高まります。

ネイチャーメイド ビタミンD
大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミンD
ビタミンDを補う事のできるサプリメントです。脂溶性ビタミンのため脂肪と一緒に摂ると吸収率が良くなりますが、体に蓄積しやすくサプリメントにおける摂り過ぎには十分な注意が必要です。ビタミンDは太陽光を浴びた方が効率良く摂る事ができます。
たたみいわし4枚
たたみいわし4枚
たたみイワシのようなイワシ干しはビタミンDを豊富に含んでいます。ただし塩分も多いので食べ過ぎには注意が必要です。
白きくらげ180g
白きくらげ180g
キノコ類の一種であるキクラゲはミネラル豊富なキノコ類の中では全体的な栄養価は低いのですが、ビタミンDだけは非常に多く含まれています。ちなみに乾燥させたキクラゲは1年近く、生で1週間程度は持つそうです。
しらす干し1kg
しらす干し1kg
シラス干し(ちりめんじゃこ)は塩分は多いですが、タンパク質やビタミンDを豊富に含んでいます。ちなみに魚の干物は一般的に冷蔵で1〜2週間程度、冷凍で3〜4週間程度持つそうです。

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村