身長を伸ばすために必要不可欠なマグネシウム

カルシウムは骨を形作るために必要不可欠なミネラルです。しかし骨はカルシウムだけでは作る事はできないため、身長を伸ばしたいからといってカルシウムだけに固執する事は逆効果になります。実は骨にはカルシウムの他にマグネシウムというミネラルも多く使われています。ここではそのマグネシウムの方について私なりに考えた事を書きたいと思います。下記「続きを読む」からどうぞ。尚、カルシウムについてはこちらをご覧下さい→骨=カルシウムという考えは捨てよう

食事.png

骨の主成分は確かにカルシウムだが・・・

少し前述しましたが改めて。身長を伸ばすために必要な栄養素の代表例として挙げられるのがやはりカルシウムですね。カルシウムは骨の主成分として使われているミネラルであり、骨を形作るためには必要不可欠な栄養素の一つです。しかし「身長を伸ばしたい」人のほとんどはどうしてもカルシウムばかりに注目しがちであり、カルシウムだけに固執してしまうと逆に身長の伸びが悪くなってしまいます。何故なら骨はカルシウムだけでは作る事ができないからです。

骨はその芯の部分がコラーゲンというタンパク質の一種でできており、そのコラーゲンの上にカルシウムを中心とした様々な種類のミネラルが沈着しています。使われているミネラルとしてはカルシウムはもちろん、リンやマグネシウム、マンガン、銅など様々な種類のミネラルが含まれており、これらがバランス良く使われる事で骨の丈夫さを維持しています。この中で最も多いのはもちろんカルシウムですが、実はマグネシウムも多く使われているのです。よってマグネシウムがなければ身長を伸ばす事はできません。参考記事→骨=カルシウムではない

その他ではこのマグネシウムは様々な種類の酵素の働きをサポートし、糖・タンパク質・脂肪の代謝を助けます。また筋肉の収縮や汗の代謝にも関わっており、気温の高い日に大量の発汗をして一時的に体内のマグネシウムが不足すると、発汗異常や筋肉の痙攣などが起こる場合があります。身長を伸ばす事に限らず健康を維持するためには必要不可欠なミネラルの一つと言えるでしょう。


マグネシウムはカルシウムと比べて見落とされがち

例えば身長を伸ばしたいからと牛乳だけをやたらたくさん飲む人がいると思います。もちろん牛乳ではカルシウムを摂る事はできるのですが、上記のマグネシウムはほとんど含まれていません。「牛乳だけで胃が満たされる」というような事があれば、そのように牛乳に含まれる栄養素しか摂れませんから、結果として身長を伸ばすために必要な栄養が不足する事になります。骨に使われる量も多いマグネシウムはその意味でも、カルシウムより優先的に摂るべきミネラルと私は個人的に考えています。

そんなマグネシウムを多く含む食品しては大豆製品と小魚類が圧倒的です。その他では貝類、甲殻類、キノコ類、海藻類、ナッツ類などにも含まれています。何故マグネシウムを意識的に摂らなければならないかというと、ミネラルの豊富なキノコ類や貝類などを習慣的に毎日食べるという事が難しいからです。大豆製品では納豆を毎朝食べる習慣のある家庭は多く、その点は良いのですが、マグネシウムを多く含む大豆製品を「三食食べる」となると、むしろそういう事を習慣としている家庭は少ないと思います。

それに加えて前述した通り「身長を伸ばす」というと、どうしてもカルシウムにばかり固執してしまいます。「カルシウムを摂れば摂るほどマグネシウムの必要量も増える(カルシウム対マグネシウムは2:1の割合で摂る事が重要)」事は意外と見落とされる事が多く、それが成長期において起こると身長の伸びに悪影響を及ぼす事があるのです。やはりマグネシウムは意識的に摂るべきでしょう。


マグネシウムを含むオススメの商品について

もし不足が心配される方は以下のような食品をオススメします。

LIFE STYLE マグネシウム
LIFE STYLE マグネシウム
マグネシウム単体を補う事のできるサプリメントです。マグネシウムは意識的に摂る事はできても主食として食べる事は難しいため、カルシウムよりも意識的に摂るべきミネラルです。
マグネシウムカップス(海外製)
マグネシウムカップス
マグネシウム単体を補う事のできるサプリメント(海外製)です。
海の精 豆味噌 1kg
海の精 豆味噌 1kg
塩分は多めですが大豆製品の一つであり、マグネシウムを豊富に含んでいます。
焼きめざし 240g
焼きめざし
イワシ(メザシ)干しはマグネシウムやビタミンB12を豊富に含んでいます。ちなみに魚の干物は一般的に冷蔵で1〜2週間程度、冷凍では3〜4週間程度持つそうです。
はごろもフーズ あさり 100g×3
はごろも あさり
ミネラル豊富な貝類の中でもアサリはマグネシウムやビタミンB12を豊富に含んでいます。尚、アサリなどの貝類は開封した場合、冷蔵でも2〜3日程度しか持ちません。早目の消費をオススメします。
おはよう納豆
おはよう納豆
大豆製品の中でも納豆はマグネシウムを豊富に含んでいます。タンパク質はもちろんカルシウムの吸収を促すビタミンKも補う事ができ栄養補給に最適です。ちなみに納豆の賞味期限は1週間程度と言われていますが、冷蔵であれば1ヶ月以上経っても食べる事ができる(自己責任ですがw)そうです。発酵食品なので環境にもよりますが常温でも2週間程度持つ場合があります。

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村