ぶら下がり健康法?鉄棒にぶら下がると身長が伸びる?

「鉄棒にぶら下がると身長が伸びる」という話を聞いた事があるでしょうか。この記事ではそれについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

ぶら下がる.png

★当記事の目次

ここでは当記事内の章をリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各章の一番下にある「当記事の目次まで戻る」をクリックする事で再びこの場所に戻ってくる事ができます。



「ぶら下がり健康法」の効果について考えてみる

日本では古くから「○○健康法」という様々な健康法が生まれてきましたが、その中に「ぶら下がり健康法」というものがあります。この健康法が最初に登場したのは1975年頃とされており、1978年にはテレビ通販などを通じて爆発的にヒットしました。その方法は至ってシンプルで、棒状の固定されたバーに、両手を使ってぶら下がるだけです。しかしそのブームはたった1年程度で下火となり、今では似非健康法の一つとされています。今で言う「水素水」と似たようなものですね・・・いつの時代もお金が絡むと「健康増進効果を謳う根拠」なんてどうでも良いみたいです。

その効果を私なりに考えてみると、長時間ぶら下がる事では、重力により引っ張られ、背骨の「骨と骨の間にある隙間」が空きます。それと共に周囲にある背中の筋肉が一緒にストレッチされるので、猫背など姿勢を改善する効果があると思われます。しかしそれは「長時間ぶら下がる事ができる場合」の話です。スポーツを行っていないような一般の人では、数十秒程度掴まっているだけで精一杯なはずです。長時間ぶら下がる事のできる握力が必要な時点で、この健康法を実践できる人はかなり限られる事になります。そもそもそれだけの握力がある人は、日常的な運動習慣があるはずで、そのような方法に拘る必要はないでしょう。

また身長に関して言うと、ぶら下がって骨と骨の間の隙間が空く事では、直後の身長が2〜3cm程度変わる事があります。しかしどれだけ握力の強い人でも、何時間もぶっ続けてぶら下がる事はできませんよね。トイレに行ったりなど、いずれは地に足をつけて生活をしなければならない訳で、そうした普段通りの生活をしている内に、ぶら下がっている間に伸ばされたものは全て元通りに戻ってしまいます。すなわち骨と骨の隙間や筋肉などを伸ばす効果も、極めて一時的なものと言えるでしょう。

更に、当時「ぶら下がり健康法」を実践していた人たちの間では、「胴体が伸びる=胃腸の調子が良くなる=健康増進になる」という事も信じられていたそうです。日本人を含むアジア人は元々欧米人と比べて胴長ですが、たかだか数十秒程度ぶら下がった所で、胴を物理的に長くする事など不可能ですし、どれだけ胴が長くなったとしても腸自体の長さは変わらないはずなので、胃腸の状態に影響する事は殆どありません。姿勢が良くなれば臓器の状態は多少良くなるかもしれませんが、繰り返しになりますが、何時間も続けてぶら下がっている事はできませんから、やはり効果は一時的なものでしょう。これは普段ストレッチを毎日している人でも、しばらく病気をしてストレッチができなくなっただけで体が硬くなってしまうのと同じ事です。伸ばされた筋肉や関節は時間が経てば元に戻ってしまうのです。

ちなみにですが、ぶら下がり健康器(懸垂用含む)は今でも普通に販売されています。前述のようにぶら下がる事による健康効果はあまり期待できませんが、人間がぶら下がる事を想定して作られているのでかなりの耐久力があります。重たい物をかけておく事に有用なのはもちろん、筋トレでは家の中では中々できない「懸垂」ができるため、必ずしも役に立たない訳ではありません。



背骨の湾曲を支える筋肉を伸ばそう

gahag-0097269338-1.jpg

背中の骨は横(右側面)から見ると「S字」のように湾曲しており、上下から伝わる衝撃を全身へ分散させる事ができます。一方、普段から猫背などの癖があったり、長時間同じ姿勢でいるような生活習慣がある場合、このS字の湾曲が崩れ、衝撃を上手く吸収できなくなってしまう事があります。その結果、正常なら分散できていた衝撃が、骨や筋肉など体のどこか一部分に偏って加わるようになり、様々な怪我のリスクが高まると言われています。

またS字が崩れた状態のまま、成長期において骨が急激に成長すると、脊柱側弯症(背骨が曲がったまま伸びる。尚、遺伝的要素、すなわち生まれつきの場合もある)という物理的に骨が曲がってしまう病気になる事もあります。そうなれば身長を伸ばすどころか、まともな運動をする事も難しくなってしまうでしょう。

ちなみに「猫背」とは、背中やお腹の筋肉を上手く使えず日常的に緩んでいたり、あるいは常に伸ばされた状態になるなどして筋力が低下し、S字の湾曲を制御できず、正しい姿勢を維持できなくなった状態の事を言います。そうして背中やお腹の筋肉が機能しなくなると、他の筋肉で無理やり補おうとしますが、背中やお腹にある大きな筋肉を他の小さな筋肉だけで補う事はできません。それにより小さな筋肉もダメージを受ける事があり、それが肩凝りや腰痛など様々な症状に繋がる事もあります。前述した「ぶら下がり健康法」も「背中を伸ばして凝り固まっている筋肉を解す」という点では、一時的な効果とは言え、全く役に立たないとは言えないと思います。



猫背を改善しよう

猫背の女性.png「姿勢」は人の内面にも影響すると言われている非常に重要な習慣の一つです。

例えば猫背になると常にお腹が凹むような姿勢になるため、お腹にある「横隔膜」がスムーズに動かせず、呼吸が浅くなりやすくなります。それによっては全身の血流も悪くなるので、体温調節が上手くいかなくなったり、冷え性や熱中症(体に熱がこもる)などにもなりやすくなる可能性があります。

特に脳への血流が悪くなる事で、気持ち的にもネガティブになりやすくなると言われています。実際にそういう研究結果があり、例えば落ち込んだりした時には、下を向いて行動するようになる事があるのですが、その逆説で、下を向いて行動する事で気持ちも下向きになるという事のようです。また顔が常に下へ向く事では、顔の皮膚が重力に引っ張られ、成長過程で顔の皮膚が弛んでいき、積み重ねていくと人相が変わってしまったり、人によっては歯並びも悪化していく事があります。そのように猫背は身長を伸ばす伸ばさない以前に、心身の健康のためにも早期に改善すべきでしょう。

ちなみにですが、猫背や姿勢の歪みを正してそれが定着すると、人によっては身長が数cm伸びる人もいるそうです。これは筋肉には骨を支える役割があるので、筋肉の機能が改善される事で、骨の位置が正常に戻った事が理由のようです。実はそれほど「骨の歪み」というのは重要なものなのです。何より身長は「思春期を終えるまで」しか伸ばす事はできませんから、猫背にならないよう予防する事が大切です。現時点で猫背でない人も、猫背にならないよう日常的に姿勢を注意しましょう。参考記事→猫背と肩周りのストレッチについて



<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

★オススメの商品一覧★

※ランダムに表示されています。