速筋と遅筋の割合について

ここでは「速筋と遅筋の割合」について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

陸上.png

筋肉の構造について

筋肉の最小単位は細胞(タンパク質)である「ミオシン」と「アクチン」です。そのミオシンとアクチンはそれぞれ「フィラメント」というものを構成しており、アクチンフィラメントがミオシンフィラメントの間に入り込む事で筋肉全体が収縮します。更にそのフィラメントは「Z膜」という膜で区切られており、その一つ一つの区切りを「筋節(サルコメア)」と言います。そのサルコメアがたくさん連なったものが「筋原繊維」という筒状の繊維で、筋原線維が束になったものが「筋線維(筋細胞)」、そしてその筋線維が束になる事で「筋肉」というものを形作っています。もちろんこれを厳密に覚える必要はありません(笑)

その「筋線維(筋細胞)」ですが、実は大きく分けると2つの種類があると言われています。それが「速筋線維(速筋)」と「遅筋線維(遅筋)」です。「速筋」は無酸素運動のように瞬間的に大きな力を発揮する運動で主に使われる筋肉で、鍛えれば鍛えるほど太くする事ができ、太くなればなるほどその筋力は大きくなります。しかし反面持久力がなく、その大きな筋力は長続きしません。逆に遅筋は有酸素運動のような長時間持久的に力を発揮し続ける筋肉です。遅筋は速筋のように鍛えても太くはならず、瞬間的に大きな力を発揮する事もできませんが、使い込む事によって運動を継続する時間を長くする事ができます。尚、実際には両方の要素が混ざり合った「中間筋」もあり、速筋と遅筋でそこまで厳密に役割分担をしている訳ではありません。


日本人は遅筋の割合が高い民族である

ラン.jpgこの速筋と遅筋の「元々の割合」は「生まれながらにして決まっている」という事が分かっています。生まれながらにして決まっているという事は、どんなに鍛えてもその割合を変える事はできないという事です。特に速筋と遅筋の割合は陸上競技や水泳競技などタイムを競うようなスポーツでは顕著に現れるので、実は生まれた瞬間に「スポーツにおける向き不向き」が決まる事になります。その90%以上は両親から受け継がれると言われており、両親の速筋の割合が高ければ子どもも速筋の割合が高くなり、逆に遅筋の割合が高ければ子どもも遅筋の割合が高くなります。

例えば日本人は平均的に遅筋の割合が高い人種です。具体的には速筋が30%程度なのに対し、遅筋は70%程度もあります。すなわちこの速筋と遅筋の割合から考えれば、日本人は生まれながらにして長距離走など長時間運動するような競技に向いているという事が分かります。特に70%という数字は非常に高い数字であり、日本人のほとんどがマラソンランナーになれる素質を持っている(走るための技術はまた別の素質)という事になります。ただしその素質に気づく事ができる人は極僅かです。何故なら素人では「遅筋の割合が影響するほどにまで自分を追い込む」人が¥はほぼいないからです。また持久力は毛細血管やミトコンドリア、心臓の強さ、酸素を取り込む能力なども影響しており、遅筋の割合だけで全てが決まる訳ではありません。まぁそれらにも遺伝的な要素が関わってきますがね(笑)

これを我々のような一般人で言えば遅筋の割合が高いほど長時間の運動をしても疲れにくく、また遅筋が多い事で放っておいても脂肪が燃えやすくなります。もちろん日本人の遅筋の割合はあくまで「平均」の話であって、中には例外的に速筋の割合が多い人もいます。よって「運動が苦手だ」とかを見た目の筋肉の量や実際に行っている種目からだけでは判断する事はできません。


欧米人は速筋の割合が高く、鍛えるほどその割合の差は大きく現れる

筋肉4.jpg陸上の100m走を9秒台で走るような海外の選手は速筋の割合が80%以上とも言われており、生まれながらにして短距離など瞬発的な力を要する競技に向いているという事が言えます。例えばジャマイカの選手が100m走で優秀な成績を収める事ができるのは、生まれながらにして速筋の割合が高いという事が一つの理由として挙げられます。逆に日本人選手が未だに9秒台で走る事ができないのは、いくら体を鍛えても元々の速筋の割合が低いからです。

特に速筋は鍛えれば鍛えるほどに太く大きくする事ができるため、生まれつきの速筋の割合による「差」は鍛えるほど大きな差として現れます。例えば速筋の割合が30%しかない人と80%の人が同じペースで同じだけの筋トレをした場合、当然80%の人の方が筋肉は大きく太くなります。陸上のスタートラインの時点で際立って日本人の体が細いのが分かると思いますが、それにはこの「生まれつきの割合」が理由としてあるからです。ちなみに速筋はトレーニングによって遅筋に近い持久的な性質を持たせる事も可能だそうです。

もちろん陸上短距離や水泳のようなタイムを争う競技は別ですが、例え瞬発的なスポーツであっても速筋の割合や筋肉の太さだけで全てが決まる訳ではありません。何故なら「速筋の割合が高い=筋力トレーニングの結果が出やすい」という事であり、そもそも割合が影響するほどにまで体を鍛えていなければ意味がないからです。また特に走る競技では「速く走るための技術」も必要であり、例えば4×100mリレー(リオオリンピックにて銀メダル)のように技術次第では、例え速筋の割合が低くても十分世界と戦う事が可能です。よって我々のような一般人が「速筋の割合が低いからスポーツに向いていない」などと考える必要は全くありません。


速筋と遅筋の割合を知る方法はないのか

速筋と遅筋の割合については例えば「遺伝子検査キット」などを使う事で調べる事ができます。その他では速筋の割合に関してはある程度県産にて求める事もできます。以下はその計算式(参考)です。

計算式:速筋の割合=69.8×A-59.8

この「A」は50m走の速度を12分間走の速度で割ったものです。そのAを69.8にかけて、そこから59.8を引くと速筋の割合を出す事ができます。ですのでこれを調べるためには「50m走のタイム」と「12分間走の距離」を計測し、更にその速度を求めなければなりません。尚、50m走の速度は「50÷50m走のタイム×3600÷1000」、12分間走の速度は「走った距離(メートル)÷12×60÷1000」です。

例えば50m走を8秒で走り、12分間走を3000m走った場合を考えてみます。この時の50m走の速度を計算してみると22.5km/hになり、12分間走の速度は15km/hになります。それによって「A」は22.5÷15の1.5という数値になります。あとはそれを上記の計算式に当てはめ、69.8×1.5-59.8を計算すると44.9という答えが出ます。すなわちこの例では「44.9%」という速筋の割合がある事になり、その割合だけを見れば瞬発系よりもやや持久系のスポーツに向いているという事が分かります。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村