身長を伸ばすための対策は可能な限り早くから行うべし

身長は何も思春期中にだけ伸びる訳ではありません。思春期以前、極端に言えば生まれた瞬間から身長は伸び続けており、その積み重ねが最終的な身長の結果になります。すなわち身長は思春期中からいきなり伸ばすように努力するのではなく、思春期以前の生まれて間もない頃から努力し続ける事が重要なのです。ここではそれについて私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

家族.png

思春期を遅らせ、身長を伸ばす事ができる期間を延長する

女性の場合、女性ホルモンの影響で骨にある骨端線がすぐに閉鎖してしまいます。それによって身長の伸びる時期は短くなり、一旦思春期を迎えると急激に身長の伸びが悪くなります。それが男性よりも女性の方が身長が低い大きな理由になっています。一方、男性の場合、何らかの異常がない限り女性ホルモンが大量に分泌される事はないので、思春期は遅くて高校生になってから迎える人もいます。そのように思春期を迎えるのが遅ければ遅いほど「身長の伸びが止まる時期」は遅くなるので、例えば中学生になってから思春期を迎えるよりも高校生になってから思春期を迎えた方が最終的な身長の結果は良くなります。

この「どのようにすれば思春期を迎える時期を遅らせ、かつ思春期を緩やかに終える事ができるのか」については「思春期を遅らせる事で身長を伸ばす事ができる」で説明していますが、最も効果的なのは「メラトニン(参考記事→メラトニンについて)」というホルモンの分泌を促す事です。何故ならメラトニンには「性成熟を抑制する」という役割があり、これが分泌されていればそれだけで思春期を遅らせ、性ホルモンの分泌バランスを整える事ができるからです。メラトニンは睡眠に関わるホルモンなので、メラトニンを分泌させるためには規則性のある睡眠習慣が非常に重要になります。特に前述のように女性ホルモンが大量に分泌される女性ではいかにしてメラトニンを分泌させるかが、最終的な身長に大きな影響を与えます。もちろんそれは男性においても同じ事です。

しかしながら、そのようにメラトニンを分泌させるためには思春期以前から毎日積み重ねなければなりません。ですので思春期中からいきなり身長を伸ばすために努力するのではなく、「思春期を迎える以前から身長を伸ばすための努力を続ける」事が重要です。身長は思春期を迎えるまでの積み重ねであり、そのためには親も子もその意識を強く持つべきです。


生まれた瞬間から勝負は始まっている

他の記事でも説明していますが、思春期中における身長の伸びには個人差がないと言われています。何故なら前述したように、思春期中における身長の伸びは「思春期を迎える前までの積み重ね」が大きく影響するからです。そのため思春期に入ってからいくら身長を伸ばそうとしても「やらないよりマシ」程度の結果にしかなりません。

思春期中にいきなり20cm以上伸びる人はその変化が際立っているからこそ目立つだけであり、周囲の変化を見てみると極めて稀だという事が分かるはずです。すなわち思春期を終えた結果身長が高い人は「思春期を迎える以前から身長が高い」のです。更に言えば、最終的な身長が190cm以上になるような人では「小学校入学の時点で既に身長が高い」人がほとんどです。

これを踏まえると「身長を伸ばすための行い」は早ければ早いほど結果に繋がると言えます。最初から何もせずに諦めたり、思春期中からいきなり始めて神頼みしたりするよりも、あとになって後悔しないようできる限り早くから実践する事が重要です。

思春期中から努力をするのは物心のついた子どもなら誰でもできますが、「生まれた瞬間から」「生まれる前から子どもを育てる準備をする事」というのはほぼ親の努力です。すなわち子どもの身長は「親次第」あり、親に大きな責任があります。自分が身長の事で苦労したのなら子どもが生まれる前から勉強をし、子どもが生まれる前から身長を伸ばすためのあらゆる事をしてあげましょう。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村