集団主義とストレス、そして子どもの教育への関係について考える

現代では多くの人が様々なストレスと戦っています。ストレスは全てが悪という訳ではなく、適度なストレスは時には人間を成長させてくれる事もあります。しかし集団から与えられる「個人では処理しきれないストレス」はその人にとって害でしかありません。特に日本では「当たり前とされている事に対し、疑問を持ったり意見を言ったりする」という事を許さない風潮があり、集団に対して疑問を感じた時、個人は大きなストレスを受けます。ここではそんな日本の社会とストレス、そして子どもへの教育の関係について私なりに考えた事をまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、これは他の記事でも同じですが、当記事に書かれている事はあくまで個人の意見です。参考にするかしないかはご自身で判断して下さい。

ストレス.png
「集団主義とストレス、そして子どもの教育への関係について考える」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング