過剰なダイエットを行うと身長は伸びなくなる?

ここでは「ダイエット」と「身長を伸ばす事」の関係について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、ダイエットに関しては別ブログである『体質を改善したい人のための知識集』にまとめているのでそちらをご覧ください。


ダイエットは結果として無理を強いられる

日本人は「痩せる事」に対する意識が強く、特に女性はおそらくダイエットの経験がない人の方が珍しいほど高い関心を持っています。そんな女性がダイエットを始める最初のきっかけになる事が多いのが、思春期前後における性ホルモンの大量分泌です。思春期とは性ホルモンの分泌が活発になり、心身に大きな変化を伴う期間の事で、女性では早い人で小学校中学年(小学校四年頃)から思春期を迎える人もいます。そうして思春期を迎え、女性ホルモンが分泌されると、その影響で全身に脂肪がつきやすくなります。これは誰もが経験する事で、将来自分の子を妊娠するために必要不可欠な事なのですが、そのように思春期中は心身に大きな変化を伴うため、外部からのストレスに非常に敏感になっています。何気ない一言でもその人にとってはストレスになっている事も多く、その積み重ねが性ホルモンの分泌バランスを崩れさせる事があります。それが積み重なると心身に伴う大きな変化を受け入れる事ができず、「太りたくない」という恐怖から逃れたい一心でダイエットをしてしまうのです。

また女性が思春期を迎える頃になると、周囲の女性もみんなダイエットを始めるようになると思います。そうして周囲の女性がダイエットをするようになると、自分もダイエットをしないと酷く不安になります。これは日本人には集団主義があり、少数の意見よりも多数の意見の方が正しいと強く信じる国民性があるからです。しかも日本人はみんな黒髪で痩せ型で身長も似通っているため、周囲と違う姿・違う行動をすると自分が少数側になり、周囲から攻撃的な視線に晒されるのではないかという恐怖を常に感じています。この恐怖は日本人にとっては非常に大きなもので、その恐怖から逃れたいという気持ちが強いほどダイエットの使命感も強くなります。その結果、無理な食事制限を伴うダイエットを繰り返すようになり、意図せず、将来のために必要な変化を無理やり抑えるような形になってしまうのです。


無理な食事制限はホルモンバランスを崩れさせる

性ホルモン(男性ホルモンのアンドロゲンやテストステロン、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロン)はコレステロールから作られます。コレステロールは脂肪の一種です。つまり食事制限を伴うダイエットではそんな脂肪を制限する事が多く、それによって性ホルモンの材料が減れば、全体として性ホルモンの分泌バランスも崩れる事があります。また脂肪は必須脂肪酸から作られます。必須脂肪酸にはω-3脂肪酸(α-リノレン酸、DHA、EPA)とω-6脂肪酸(リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸)があり、上手くバランスを取り合っています。食事制限を行うとこのバランスが崩れる事があり、脂肪の代謝自体も大きく悪化してしまいます。

更に、脂肪は生命活動のエネルギーとして長期に安定して蓄える事ができます。そんな脂肪を制限(糖も蛋白質も余った分は脂肪になる)し、生命活動に必要なエネルギーが足りなくなると、いわゆる「省エネ体質」となり、エネルギー消費の激しい筋肉の成長よりも、脂肪を節約しながら少しずつ使う事を優先させてしまいます。これにより筋肉は落ち、糖・脂肪・蛋白質といったエネルギー代謝、すなわち基礎代謝が大きく低下、その状態で食事だけを戻せば当然リバウンドします。

また摂取するエネルギー及び栄養素が不足すると心身は大きなストレスを受け、それによってアドレナリン、グルカゴン、コルチゾール、成長ホルモンなど「血糖値を上昇させる働きを持つホルモン」が分泌されます。これにより血糖値が上がりやすくなるため、逆に血糖値を下げるインスリンの分泌も活発になります。つまり血糖値の上下動が激しくなり、体へ不要な負担をかけてしまう事があります。更に、コルチゾールのような副腎皮質ホルモンは、性ホルモン(アンドロゲンやエストロゲン)と同じくコレステロールから作られます。つまり副腎皮質ホルモンの材料は性ホルモンと同じであり、ストレスを受けて副腎皮質ホルモンの分泌量が増えると、性ホルモンの分泌にも何らかの影響を与え、その分泌が不安定になる事があります。

そうして性ホルモンの分泌が不安定になる事で現れる症状が、例えばニキビです。一般的に男性では男性ホルモンが、女性では女性ホルモンが分泌される印象がありますが、実は男性でも女性ホルモンが、女性でも男性ホルモンは分泌されます。思春期においてはどちらの分泌量も増え、お互いに上手くバランスを取っています。しかし男性ホルモンが優位に働くと皮脂の分泌を促す事があり、それが毛穴をつまらせ、ニキビが増えてしまうのです。


無理なダイエットは思春期を早める

女性は思春期を迎える以前からダイエットを行っている人も多いと聞きます。最近では子どももインターネットに触れる機会があり、手軽に自分の求める情報を手に入れる事ができます。それにより「〇〇を食べれば痩せる」「〇〇を制限すれば痩せる」などと安易に考え、小さい頃からダイエットを続ける人が増えているそうです。前述のように思春期中に無理なダイエットを行うと、性ホルモンの分泌が崩れ、それと共に心身も不安定になる事があるのですが、そうして思春期以前から継続してダイエットを行うと、それに加えて「思春期を早くに迎えてしまう」事があります。何故そのような事が起こるのかというと、これには別のホルモンである「メラトニン(参考記事→メラトニンについて)」が深く関係しています。

メラトニンは太陽が沈んだ頃から分泌が促され、太陽が昇ると分泌が減るという特徴があります。つまり睡眠習慣に合わせて分泌されるホルモンで、睡眠へ誘導し、その睡眠の質を高め、脳や体を休息させる準備を行う役割があると言われています。一方、このメラトニンには「性成熟を抑制し、性ホルモンの分泌をコントロールする」という役割もあります。実は性ホルモンは思春期以前からも分泌されており、その蓄積が一定に達する事で思春期を迎えるスイッチが入ります。メラトニンはそれを抑える事で思春期を迎えるのを遅らせ、いわゆる「早熟」を防いでいると考えられています。すなわちメラトニンの分泌が不安定になると性ホルモンの分泌も不安定になり、思春期が早くに到来する事になります。それが身長の伸びを悪くする大きな原因になる訳です。

では、何故ダイエットによって思春期が早まるのかについてですが、まずメラトニンは昼間に分泌されるセロトニンから作られます。セロトニンはメラトニンとは逆に太陽が昇っている時間帯に分泌が促され、心身を活性化させ、昼間の活動力の源になるホルモンです。またセロトニンにはドーパミンやノルアドレナリンなどのホルモンをコントロールし、精神を安定化させる役割もあります。つまりセロトニンはストレスによる影響を受けやすいと言え、過剰なストレス→セロトニンの分泌が不安定に→メラトニンの分泌も不安定に→性ホルモンの分泌も不安定に・・・という流れになり、これが思春期を早める原因になるのです。

またセロトニンはトリプトファンというアミノ酸から作られています。アミノ酸は一般的に蛋白質の多く含まれる食品に含まれており、特に肉、魚、乳、卵といった動物性の食品に多く含まれています。食事制限ではそれらのような動物性の食品も制限する事が多いですよね。つまり無理なダイエットを行う事でトリプトファンが減り、セロトニンやメラトニンの分泌が不安定になってしまう事があるのです。それも思春期を早める原因になります。特に女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、骨にある骨端線を閉鎖させる役割があります。つまり女性ではこれが身長の伸び始めを早め、また伸び終わりも早める理由になっているので、ダイエットにより思春期が早まると確実に身長の伸びが悪くなります。女性ではそれが顕著に現れるという事は強く認識しておくべきでしょう。

尚、思春期中においては、睡眠習慣が崩れる→メラトニンの分泌が不安定に→セロトニンの分泌も不安定に→精神も不安定に→ストレス耐性が低下→過剰なストレス→セロトニンの分泌が不安定→メラトニンの分泌が不安定→性ホルモンの分泌も不安定・・・という悪循環が起こりやすいです。食習慣が睡眠習慣の乱れに、睡眠習慣が食習慣の乱れに繋がり、またストレスが睡眠習慣及び食習慣の乱れに、そのストレスが身長の伸びにまで繋がるなんて、思春期中や思春期以前の子どもたちからしたら全く想像できない事ですが、そのように食習慣、睡眠習慣、ストレスは密接に関係しているのです。これには親のサポートが不可欠です。


意図しないカロリー不足・栄養不足に注意する

前述のように食事制限をするようなダイエットを行ってカロリーが制限されると、エネルギー消費の激しい筋肉の成長よりも、生命活動のエネルギーとして長期に安定している脂肪を、節約しながら少しずつ使う事を優先させるようになります。これは「生きる事」を優先させているからで、その状態ではおそらく身長を伸ばす事も後回しにされてしまうはずです。つまり身長を伸ばすには「カロリー不足にならないような食事を、小さい頃から続ける事」が重要であり、そのためには蛋白質だけでなく糖や脂肪を摂取する事が重要になります。当ブログでは蛋白質を摂取する事を最重要視していますが、蛋白質だけでは食事全体のカロリーは全く足りませんので、糖や脂肪も意識的に摂取してカロリーを確保すべきです。

尚、注意すべきなのは、食事制限をしていないにも関わらず、意図せずカロリー不足が起こってしまう事があるという事です。食事から摂取すべきカロリーは基礎代謝と運動量によって大きく変わります。基礎代謝は高いと見積もれば良いにしても、運動量が増えてくると食欲の低下などが起こる事もあり、また人によっては好き嫌い、アレルギー、あるいは元々少食など、食品が偏ってしまったり、物理的に食事量を増やすのが難しい場合もあります。そういった時にどのようにカロリーを確保し、またビタミンやミネラルなど身長を伸ばすために必要な栄養バランスをどのようにして確保するかは考えておく必要があるでしょう。

そんな時に利用すべきなのが間食です。一度にする食事量を増やすのが難しい場合、間食を利用してカロリーを確保する事をオススメします。つまり食事の回数を増やす訳です。前述のように脂肪はカロリー源として優秀なので、脂肪の含まれる食べ物を意識的に食べましょう。例えば肉、魚、大豆、ナッツ類、アボカド、乳製品(特にチーズ。牛乳はそれだけでお腹がいっぱいになってしまう事があるので注意)、卵などが挙げられます。その他では蛋白質の補給としてプロテインもオススメです。ちなみにお菓子類は蛋白質と一緒に食べる事ができればOKです。


ダイエットに対する考え方を改めよう

いわゆる「クビレ」は胸の大きさ・お腹周りの細さ・お尻の大きさという「凹凸の差」がもたらすものです。筋肉を鍛えるとその凹凸の差を強調する事ができ、それだけでいわゆる「グラマーな体型」に見せる事ができます。また筋肉を鍛えると皮膚を下から押し上げてくれるので、皮膚に「ハリ」が生まれます。それにより体脂肪率が多少高くても、皮膚が弛んでいない事で「太っているように見せない」ようにする事もできます。海外の人を見ると、日本人にはあり得ないようなグラマーな体型をしているように見えます。もちろんそれには生まれつきの骨格も関係しますが、その骨格を更に強調しているのが筋肉なのです。

しかし多くの日本人女性はそれとは逆の事を行っています。食事制限を行えば確かに一時的には脂肪が減るかもしれませんが、全身の筋肉も一緒に落ちる事で凹凸の差は目立たなくなり、むしろクビレは失われてしまいます。また前述のように基礎代謝が低下するので、何度もダイエットを繰り返す羽目になってしまうでしょう。そのループから抜け出すためには根本的に考え方を転換しなければなりません。

何より、思春期中は将来赤ちゃんを生むための準備を行う期間です。その期間中に性ホルモンの分泌が乱れると、女性としての機能が十分に成熟されず、子宮内に体の大きな赤ちゃんを留めておく事ができなくなります。体の大きな赤ちゃんを生むためにはその赤ちゃんを育てる事のできる「母親の体」が必要です。将来元気で体の大きな赤ちゃんを生むためにも、身長に対する苦労を自分の子どもに味合わせないためにも、性ホルモンのバランス及び心身の状態を整えながら、自分のスタイルを良くするにはどうしたら良いかを考えるべきでしょう。無理なダイエットは、将来自分が出会うであろう子どもにとっても良くないという事を強く認識すべきです。

尚、問題点はもう一つあって、それは、ダイエットをしている人の多くが、自分の子どもへの影響について何ら考える事なく親になってしまうという事です。若い頃から続けてきた「健康に対する偏った考え方」は必ず蓄積されており、いざ親になった時、それを当たり前の事のように子どもに押し付けがちです。「〇〇を食べると健康に良い」「〇〇を制限すると痩せる」の他、「遺伝だから」「向いていないから」「体が小さいから」などと何も対策をせず、自分がそうだから自分の子どももそうなんだと勝手に考えてしまいます。「当たり前」をただ続けるだけでは未来を切り開く事はできません。


今できる事を積み重ねるべき

ダイエットはいつからでもできますが、身長は思春期が終われば伸ばす事はできません。今しかできない事をすべきではないでしょうか。特に女性は女性ホルモンの影響を受けやすく、危機感を持つべきです。メラトニンを分泌させ、思春期を遅らせ、また緩やかに思春期を迎え、緩やかに終える事、これが身長を伸ばすための大きな鍵になります。これによって「身長を伸ばす事のできる期間」を伸ばす事が重要です。

これは男性も同じ事です。メラトニンの分泌が不安定になる事で思春期が早まれば、男性ホルモンが早々に分泌され、女性と同じようにいわゆる「早熟」となります。それによって「身長を伸ばす事のできる期間」が短くなれば、女性ほどではないにしても最終的な身長の結果は悪くなります。低身長の男性が社会でどのような扱いを受けるかを考えれば、今すべき事は分かるはずです。思春期中にだけ身長を伸ばそうと努力するのではなく、できるだけ早い時期から「今できる事」「今しかできない事」を積み重ねましょう。これには親のサポートが不可欠です。親にとって当たり前の事でも、それが子どもにも当てはまるとは限りません。子どもにとって何が最適か、それを一緒になって考えるべきです。

尚、女性は閉経後に女性ホルモンが減少するいわゆる「更年期」があります。特に女性ホルモンはカルシウム代謝に関係しているため、更年期以降の女性は骨が脆くなりやすく、男性よりも骨粗鬆症になるリスクが高いと言われています。また骨というのは必ず蓄積があって、若い頃からの慢性的な栄養不足が骨に蓄積している場合、それが更年期以降になって急に現れる事があります。つまり食事制限による無理なダイエットは、骨粗鬆症のリスクを更に高める事になるのです。美のために行っている事が将来逆効果になるとしたら、それは何のために行っているのでしょうか。今一度考えるべきでしょう。人生は一度しかないのです。


<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村