セロトニンとメラトニンの作用について考える

セロトニンは昼間の活量力の源となるホルモンで、ドーパミンやノルアドレナリンなど精神状態に関わる様々なホルモンをコントロールする役割があります。一方、メラトニンは心身に睡眠を行うための準備を促すホルモンで、睡眠の質を高め、深い睡眠へと誘います。特にセロトニンは太陽の光を浴びる事で分泌されますが、メラトニンはそのセロトニンから作られ、太陽が沈んでくると分泌が促されます。つまり両者は入れ替わるようにして規則的に分泌されており、体内時計のような役割を果たしています。その分泌を整える事は心身の健康を維持する上で非常に重要な事です。ここではそんなセロトニンとメラトニンについて私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

眠り7


「セロトニンとメラトニンの作用について考える」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

★オススメの商品一覧★

※ランダムに表示されています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。