身長の伸びに悪影響を与える猫背について

ここでは身長の伸びに悪影響を与える「猫背」について簡単にまとめています。


猫背になると身長の伸びに悪影響を及ぼす事がある

お腹にある筋肉(腹直筋、腹斜筋など)や背中にある筋肉(広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋など)が衰えると、正しい姿勢を長時間維持する事ができなくなります。「猫背」とはそれが原因で、常に筋肉にとって楽な「背中が丸める」という姿勢が癖になってしまった状態の事を言います。

実は背骨を横から見ると元々「S字」のような形をしており、体重を分散する事ができるような構造になっています。背中やお腹の筋肉はその動きを制御する役割があるのです。つまり猫背になると体重を分散する機能が損なわれ、体重を上手く分散させる事ができなくなるのです。そうして体に伝わる衝撃が「体の一部分」に偏るようになり、腰、膝、足首、肩、股関節など様々な部位にストレスが集中します。その中でも腰痛や肩コリは多くの日本人が悩まされる持病としてよく知られています。これらが長引くとせっかく続けてきた運動習慣も休まざるを得なくなり、食習慣や睡眠習慣、更にはストレス状態にも悪影響を及ぼす事があります。それが成長期に起これば身長の伸びが悪くなるのは当然です。


猫背を改善するには長期間の計画が必要

その猫背を改善するためには背骨を支えている「背中とお腹の筋肉を鍛える」事が重要です。しかしただ単に筋肉を鍛えるだけでは猫背は治りませんし、そもそも簡単に治ったら苦労しません。何故このような事を言うのかというと、長期間猫背になっている人では、背中の筋肉が常に伸ばされた状態になっており、既に「筋肉の収縮がスムーズにできない状態」だからです。その状態で無理に筋肉を動かして鍛えようとしても、効率良く鍛えられないどころか、余計な怪我を招くだけです。

簡単に流れを説明すると、アイシング→冷却と温熱の反復→患部マッサージ+患部から遠い筋肉のトレーニング→患部のストレッチ+効率の良い体の使い方を覚える(それぞれの筋肉を連動させる)→チューブや軽いダンベルなどを用いた低負荷のトレーニング+患部に直接体重をかけない全身の有酸素運動→自分の体重を使った中程度の負荷のトレーニング→自分の体重を直接かけるようなトレーニング→高負荷のトレーニング・・・というようにケアをしながら段階的に負荷を増やしていく事が重要です。尚、この記事の続きはこちらからどうぞ→肩・肩甲骨周りのストレッチについて


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村