運動神経の良し悪しを言い訳にしない

ここではよく言われる「運動神経」とは何なのか?について、私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、直接身長を伸ばす事とは関係ありませんが、身長と同じように運動神経の良し悪しも「才能」と言われる事が多いため、当記事は関連事項として扱っています。才能と決めつけ早々に努力をやめてしまうのではなく、そもそも才能とは何なのか?を今一度考えてみましょう。尚、速筋と遅筋については別ブログ「体質を改善したい人のための知識集」にある『「テーマ」体質を変えるための運動術』に詳しくまとめているのでそちらをご覧下さい。

オリンピック.png

そもそも「運動神経」とは?

脳から発せられた電気信号は神経を通って全身へと送られています。運動神経は実際に体にある神経で、特に筋肉を動かすために使われる神経の総称です。筋肉と聞くと意識的に収縮させる腕や足などの筋肉をイメージしますが、血管や臓器など意識的には収縮できない筋肉を動かすのも、実は運動神経の機能の一つです。

尚、運動をするための中枢である脳や脊髄(首〜腰まで)は一度損傷するとその機能が失われ、全身麻痺や半身麻痺、感覚麻痺などが残ってしまいます。一方、そこから離れた指先などの抹消の神経は、一度切れても時間をかけて再生させる事ができます(ただし完全な断裂は手術で一度繋ぐ必要がある)。また例えば足の動脈(血管)が詰まってしまった時でも、詰まった箇所の手前から枝分かれし別のルートで繋がるよう血管が伸びていく事もあるそうです。人間の体って凄いですね。

ちなみにこれは余談なのですが、運動神経の末端からは「アセチルコリン」という神経伝達物質が分泌されます。これが筋肉に伝えられる事で筋肉は収縮します。いわゆる「神経ガス」はアセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害します。またいわゆる「水俣病」の原因となった「メチル水銀(有機水銀)」は、アセチルコリンを合成する酵素の働きを阻害します。これにより筋肉の収縮がコントロールできなくなります。


運動神経の良し悪しは遺伝や才能だけでは決まらない

この記事で言いたい事はただ一つ、それは「自分には運動神経がない」などと勝手に思い込み、それを運動をしたくない事の理由にすべきでないという事です。それでは現状は何も変わらず、ただひたすら同じ事を繰り返すだけだと私は思います。

運動とは「筋肉を動かす事」を言います。素早く筋肉を動かすためには、まず「脳から発せられる電気信号が、できるだけ素早く発せられる」必要があります。これは運動神経と言うよりは「脳」の問題で、「その運動に対してどのように体を動かせば良いか」をあらかじめ経験しておく事が重要です。「運動神経が良い」と呼ばれるような人たちは、そうして多種多様な状況を何度も経験し、脳が体の動かし方を覚えており、だからこそ素早く体を動かす事ができるのです。尚、実際には過去に経験した事がないような新しい状況に対しても、瞬時に体を反応させなければなりません。そのためには精神力(ストレス耐性、集中力、判断力等)も必要になります。

次に、脳から発せられた電気信号は神経を通って体の隅々まで伝えられます。よって「脳から発せられた命令が、スムーズに伝わるような神経」も必要になるでしょう。これは「神経の質」なので、瞬発的な動作を要求されるほど「生まれながらの素質」が影響しますが、実は神経は年齢関係なく使い込む事によって鍛える事ができ、次第にスムーズな伝達ができるようになっていきます。そのため素早い運動には「運動習慣の継続」も重要になります。

更に「複雑で細かな動作」を行うためには「神経が細かく枝分かれしている」必要があります。これは特に「神経系が発達する幼少期(3〜12歳)」に、どれだけ複雑で細かな動作を繰り返し行ったか(脳を使ったか)で大きく変わると言われています。すなわち「小さい頃からの継続した運動習慣」が、将来の「運動神経が良い」に繋がるという事です。ただしどれだけ幼少期に努力しても、それ以降も継続しなければ脳は衰えます。


運動神経の良し悪しを「生まれつき」「遺伝」だけで終わらせない

よく「うちの子は運動が苦手だから」「うちの子は馬鹿だから」と言う親がいますが、そのようにゴールデンエイジの期間にどれだけ神経を発達させるかが重要なので、言い方は悪いかもしれませんが、それは単に「親の教育力がない」という事になります。もちろんこの教育力というのは「親の命令による詰め込み」ではなく「子どもが自発的に神経系を鍛えるための教育」です。例えばスポーツを上達させるためには「教わっている間」だけ練習・努力するのではなく、「例え誰も見ていない所でも自ら努力し続ける(体を動かしていない時でも脳でイメージはできる)」事が必要です。子育てをする上では親にも得意・不得意があると思いますが、どんな親であってもそのように「親が見ていない所で子どもが自ら進んで努力するような教育」は可能なはずです。

またそういう意味ではいくら両親が「運動神経が良い」場合でも、その子どもも「運動神経が良い」とは限りません。例えばスポーツ選手の子どもがスポーツ選手になるとは限りませんし、スポーツが苦手な両親の子どもが逆にスポーツ選手になる事だってありますよね。それと同じです。とにかく「幼少期もそれ以降も積み重ねる事」が重要なのです。生まれつき、遺伝、才能がない・・・などと勝手に決めつけ、何もしないまま早々に諦めてしまったら、それは人生の選択肢を狭めるだけではないでしょうか。


参考記事一覧

<お知らせ>
当ブログが電子書籍になりました!
ご興味のある方は「電子書籍について」からどうぞ!!

↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村

身長を伸ばすための「睡眠の質」について

身長を伸ばすためには十分な睡眠時間が必要です。しかし単にたくさん寝れば良いという訳ではありません。いくらたくさん寝ても「睡眠の質」が悪ければ意味がないのです。ここではその点について私なりに考えた事を書いてみます。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

夜更かし.png
「身長を伸ばすための「睡眠の質」について」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村

身長を伸ばすために必要不可欠なマグネシウム

骨にはカルシウムが必要ですが、実はカルシウムの他にマグネシウムというミネラルも多く使われています。マグネシウムも不足しやすいため、意識的に摂取する必要があります。ここではそのマグネシウムの方について私なりに考えた事を書きたいと思います。下記「続きを読む」からどうぞ。尚、カルシウムについてはこちらをご覧下さい→骨=カルシウムという考えは捨てよう

食事.png
「身長を伸ばすために必要不可欠なマグネシウム」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
インフォブログFC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王ブログランキングならblogramにほんブログ村