筋トレをし過ぎると身長は伸びなくなる?

筋力トレーニング(以下筋トレ)を行うと、与えられたストレスの大きさに応じて筋肉の修復が促されます。これは防衛反応の一つで、そうして以前を上回るようにして修復する事で、そのストレスから体を守ろうとしていると言われています。筋トレはそれによって筋肉を大きくし、筋力を増やす事ができるのです。そして実はこの「筋肉の修復・再生」を行う際には成長ホルモンが分泌されています。

成長ホルモンと聞くと身長を伸ばすために必要だというのは周知の事実です。ですので本来、筋トレを行う事によってはむしろ成長ホルモンの分泌が促され、身長の伸びにも良い影響を与えるはずです。しかし世間的には「筋トレをすると身長の伸びが悪くなる」というイメージがあり、ここに矛盾が生じています。この記事では実際はどうなのか?について私なりに考えてみようと思います。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

筋肉


「筋トレをし過ぎると身長は伸びなくなる?」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

睡眠習慣に規則的なリズムを作り、自律神経を働かせよう

人間が生きる上で必要不可欠なのが「自律神経」です。「自律神経」は例えば呼吸、消化、発汗、体温調節、ホルモン分泌など「自分の意志ではコントロールする事ができない(不随意的な)機能」を司っています。身長を伸ばす上では成長ホルモンなどのホルモン分泌を促す必要がありますが、身長を伸ばす上ではそういった「自分では意識する事ができない部分」をいかにして自分でコントロールするかが重要となります。

この記事ではどのようにすれば自律神経をコントロールする事ができるかについて簡単に説明します。ご興味のある方は下記の「続きを読む」よりどうぞ。

眠り
「睡眠習慣に規則的なリズムを作り、自律神経を働かせよう」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

骨端線に適度な刺激を与え、骨芽細胞を活性化させよう

成長期の子どもの骨には「骨端線」と呼ばれる軟骨組織があります。この骨端線は思春期を終えると消えてしまいますが、骨端線へ刺激が与えられた際、骨端線付近に存在する骨を作るための細胞が活発に働くと言われています。よって骨端線がある内に運動を行い、刺激を与える事が、身長を伸ばすためには非常に重要です。

ただし骨及び骨端線へ与える刺激の強さは、常に「適度」である必要があります。この記事では与える刺激が何故「適度な大きさ」でなければならないのか?について私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。

骨3.jpg
「骨端線に適度な刺激を与え、骨芽細胞を活性化させよう」の続きを読む
↓当ブログを応援して下さる方は1日1回で構わないのでクリックをお願い致します↓
FC2ブログランキング人気ブログランキングブログ王にほんブログ村BSブログランキングPVランキング

★オススメの商品一覧★

※ランダムに表示されています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。